米コールバーグ・クラビス・ロバーツ ニュース&Wiki etc.

プライベート・エクイティ・ファンド (Private Equity Fund) は、複数の機関投資家や個人投資家から集めた資金を事業会社や金融機関に投資し、同時にその企業の経営に深く関与して「企業価値を高めた後に売却」することで高いIRR(内部収益率)を獲得することを目的とした投資ファンドである。 (出典:Wikipedia)

「米コールバーグ・クラビス・ロバーツ」最新ニュース

「米コールバーグ・クラビス・ロバーツ」Q&A

  • Q&A

    ルネサスエレクトロニクスを官民ファンドで買収するのは 正しいことですか? 日本の製…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2012年9月23日 03:35

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「プライベート・エクイティ・ファンド」のつながり調べ

  • 蓑田秀策

    蓑田秀策から見たプライベート・エクイティ・ファンド

    2007年、みずほコーポレート銀行を退社し、世界最大のプライベート・エクイティ・ファンド運営会社コールバーグ・クラビス・ロバーツに入社。KKRジャパンの共同最高経営責任者に就任、2008年にはKKRジャパン代表取締役社長に就任。買収ファンドの運営を行う。2009年からはKKRが買収した日本トイザらスの取締役を兼務。また一橋大学で非常勤講師を務め、藤巻健史、多胡秀人とともに金融について講ずる。(蓑田秀策 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たハゲタカファンド

    国道295号や成田インターチェンジ沿いを中心とした空港周辺の山林・丘陵部には、空港利用者需要を見込んだ日本や諸外国のホテルチェーンによる200 - 300室以上の大規模なシティホテルが複数運営されている。これらのホテルは開港当時の空港アクセスが不便で、出発前日・到着後の宿泊(前後泊)需要が旺盛であった(旧)成田空港駅の時代に開業しているが、鉄道駅のターミナル直結が実現し、東京駅・京成上野駅までが特急で1時間程度になると、自宅と空港間の直行直帰が時間的に容易となったことから前後泊需要が縮小し、1990年代末以降の失われた10年とされた時代に大半の施設が不採算に陥った。そしてホテルチェーン経営会社の判断から不動産投資ファンドや投資銀行系の特定目的会社へ売却され、外資系を中心とする他ホテルチェーンの看板へ鞍替えされて営業を継続しているものが多い。また、航空会社の乗務員の利用も多い。(成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

「プライベート・エクイティ・ファンド」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ