前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • ハゲタカ (小説)

    ハゲタカ (小説)から見たバイアウト・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    『ハゲタカ』は、2004年(平成16年)に刊行された、作家・真山仁による経済小説。当時「ハゲタカファンド」と呼ばれた、短期的な利益獲得のみを目的とした投資ファンドと、それを取り巻く人や金を描いている。ハゲタカ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ティモシー・コリンズ

    ティモシー・コリンズから見たバイアウト・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    1990年にリップルウッド・ホールディングスを設立する。リップルウッドはコリンズ家が150年前に故郷ではじめたタバコ農場の名前に由来する。コリンズは、オネックス時代の産業パートナー方式をリップルウッドでも導入した。リップルウッドは、買った企業をすぐ解体して売り払う(いわゆるハゲタカファンド)ではなく、事業基盤の強化とグローバル化を加速させる方針をとっている。またリップルウッドでは従業員を最大の資産と考え、労働組合の存在も否定的に考えず、安易な解雇は行わない。このような方針は工場労働者として苦労したコリンズの原体験に基づくものだと、コリンズは述べている。ティモシー・コリンズ フレッシュアイペディアより)

  • Answers.com

    Answers.comから見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    2011年にAnswers社は投資会社のSummit PartnersのAFCVホールディングス(ミズーリ州セントルイス)に買収されて、上場を廃止した。その後、創業者が経営から離れ、イスラエルの開発拠点や1-Click Answersなどの伝統的な製品群がリストラされた。現在はプライベート・エクイティ・ファンドと提携して、経営資源をanswers.comに集中し、買収による規模拡大を試みている。Answers.com フレッシュアイペディアより)

  • ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法

    ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法から見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    ボルカー・ルールは2009年6月のオバマの当初の提案には含まれていなかったが、2010年1月に、すでに下院が法律案を可決した後にオバマはこのルールを提案した。このルールは、預金を取り扱う銀行が自己勘定取引を行うことを禁止するものであるが(グラス・スティーガル法における投資銀行と商業銀行の兼業禁止と類似するもの。)、これは上院でのみ可決され、協議委員会によってこのルールが緩和されることになった。すなわち、法律案619条においては、銀行はTier1資本の3%までプライベート・エクイティ・ファンドおよびヘッジ・ファンドに投資することを許容され、かつ、ヘッジ目的での取引もまた許容された。ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法 フレッシュアイペディアより)

  • イェール大学経営大学院

    イェール大学経営大学院から見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    1980年代にCIOデビット・スウェンセンとディーン・タカハシを中心として確立されたイェール・モデルと呼ばれる運用方針は、非効率な市場に分散投資をするというもので、イェール大学はベンチャーキャピタルを通して、早い時期からGoogle、Amazon.com、Facebook、テンセント、京東商城、Linkedin、Airbnb、Yahoo!、デル、オラクル、シスコシステムズ、アムジェン等、後にメガベンチャーへと成長する新興企業に投資していた。過去30年間の運用成績(年率換算)は、大学基金の平均を4.3%上回る12.5%で、これによってもたらされた超過リターンの総額は280億米ドルにも及び、長きにわたり大学の予算に多大な貢献をしてきた。2016年6月末時点のポートフォリオの内訳は、絶対収益型(ヘッジファンド):22%、ベンチャーキャピタル:16%、プライベート・エクイティ・ファンド (バイアウト):15%、海外株:15%、不動産:13%、天然資源:8%、債券:5%、国内株:4%、現金:2%となっている。イェール大学経営大学院 フレッシュアイペディアより)

  • ヘッジファンド

    ヘッジファンドから見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    ヘッジファンドはほかの投資と多くのリスクを共有する。例としてはとマネージャー・リスクがある。流動性とは資産の取引や現金と容易に交換できるかの度合いを指す。プライベート・エクイティ・ファンドと同じく、ヘッジファンドは解約を禁止されるロックアップ期間を指定することが多い。マネージャー・リスクはファンド・マネジメントにより発生するリスク、およびスタイル・ドリフト(ファンド・マネージャーが専門とする投資戦略から離れて取引してしまうこと)のリスクを指す。マネージャー・リスクは、キャパシティ・リスク、、レバレッジ・リスクを含む。評価リスクはの計算が不正確である可能性を指し、キャパシティ・リスクは1つの戦略に資金を多く投資しすぎてファンド全体のパフォーマンスを悪化させてしまうリスクを指し、集中リスクはファンドのエクスポージャーが1つの投資、業界、戦略、または相関したファンドのグループに集中しているリスクを指す。これらのリスクは利益相反への規制、資金の配分の制限、戦略へのエクスポージャーの限度の指定によってある程度軽減できる。ヘッジファンド フレッシュアイペディアより)

  • アポロ・グローバル・マネジメント

    アポロ・グローバル・マネジメントから見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    アポロ・グローバル・マネジメント(英語: Apollo Global Management)は、米投資銀行ドレクセル・バーナム・ランバートのM&A部門を率いたレオン・ブラック氏が1990年に創業した、米国ニューヨークを本拠とする大手プライベート・エクイティ・ファンド(投資ファンド)。アポロ・グローバル・マネジメント フレッシュアイペディアより)

  • バイアウト・ファンド

    バイアウト・ファンドから見た買収ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    プライベート・エクイティ・ファンド(Private Equity Fund)、MBOファンド、買収ファンド、企業再生ファンド、ターンアラウンド・ファンド(Turnaround Fund)などと呼ばれているものが該当し、それらの総称としても使われる。主に、LBOと呼ばれる買収先の資産・キャッシュフローを担保とした借入を用いて資金調達する場合が多い。バイアウト・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • バイアウト・ファンド

    バイアウト・ファンドから見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    プライベート・エクイティ・ファンド(Private Equity Fund)、MBOファンド、買収ファンド、企業再生ファンド、ターンアラウンド・ファンド(Turnaround Fund)などと呼ばれているものが該当し、それらの総称としても使われる。主に、LBOと呼ばれる買収先の資産・キャッシュフローを担保とした借入を用いて資金調達する場合が多い。バイアウト・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • コール・ハーン

    コール・ハーンから見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    2012年11月17日、親会社であるナイキはプライベート・エクイティ投資グループのエイパックス・パートナーズに総額5億7000万ドルで売却すると発表した。コール・ハーン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示