116件中 11 - 20件表示
  • 羽月莉音の帝国

    羽月莉音の帝国から見た買収ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    100%スタインバーグ傘下の投資銀行。資本金3兆2000億円、社員数64000人。数年前、買収ファンドを組織し、経営破綻していた日本の長門長期債権銀行を25億円で買収し、1000億円を投資して経営再建させた。その後、上場した長門長期債権銀行を5300億円で売却し、4000億円を超える利益を上げた。長門長期債権銀行には5兆円もの公的資金が投入されていたにも関わらず、買収ファンドが設けられていたのが海外であったため、日本政府はこの売却益に課税できなかった。国会でも取り上げられる問題になったため、日本ではスタインバーグドレクスラーはハゲタカとして広く認知されている。羽月莉音の帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 羽月莉音の帝国

    羽月莉音の帝国から見たバイアウト・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    100%スタインバーグ傘下の投資銀行。資本金3兆2000億円、社員数64000人。数年前、買収ファンドを組織し、経営破綻していた日本の長門長期債権銀行を25億円で買収し、1000億円を投資して経営再建させた。その後、上場した長門長期債権銀行を5300億円で売却し、4000億円を超える利益を上げた。長門長期債権銀行には5兆円もの公的資金が投入されていたにも関わらず、買収ファンドが設けられていたのが海外であったため、日本政府はこの売却益に課税できなかった。国会でも取り上げられる問題になったため、日本ではスタインバーグドレクスラーはハゲタカとして広く認知されている。羽月莉音の帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 第一火災海上保険

    第一火災海上保険から見たハゲタカファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    第一火災は、破綻後、ただちに金融監督庁の管理下に置かれ、自主経営権を放棄することとなった。その中で自主再建、業界内の他社への事業譲渡などを主軸に解決方法を模索したが、支援要請に応じる組織は、当時の国内の厳しい金融業界をとりまく状況からも、まったく現れなかった。そのため活路を当時、長信銀や生命保険会社の事業買収に意欲的だった米国投資会社リップルウッド・ホールディングスや、世界最大規模の金融コングロマリットGEキャピタル、同じく米国の投資銀行モルガン・スタンレーなどいわゆるハゲタカファンドとのちに呼ばれることとなる米国金融資本に事業の承継(事実上の譲渡)について交渉を持ちかけてみたものの、毀損し目減りし流失し続ける資産、ガバナンスの効いていない経営体質、流出してしまった人材、経営と直結していた御用組合の専横、日本生命のバックアップを失うことで脆弱となったビジネスモデルおよび構造的なキャッシュフロー不足の問題などが障害となり、またしても受け入れられることはなく、門前払いに終わった。この結果を受け2001年4月1日をもって、同社の保険契約を全て損害保険契約者保護機構に移転し、保険業法第152条第3項第1号の規定(法定解散事由)に基づき、会社の解散という事態にまで追い込まれた。第一火災海上保険 フレッシュアイペディアより)

  • ティモシー・コリンズ

    ティモシー・コリンズから見た買収ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    アフリカの最貧国スーダンの難民キャンプでボランティア活動を行うが、旧知の投資家から「ビジネスの世界で社会貢献をしたほうが君の才能が生かせる」との助言を受け、買収ファンドオネックスに参画する。オネックスは産業界で活躍した経営者とパートナーシップを組み、買収先の経営建て直しを図るという産業パートナー方式をとっていた。ティモシー・コリンズ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・デル

    マイケル・デルから見た買収ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    2013年2月には、企業買収ファンドと一緒にデルを自ら買収(レバレッジド・バイアウト)することを発表している。マイケル・デル フレッシュアイペディアより)

  • リップルウッド・ホールディングス

    リップルウッド・ホールディングスから見たバイアウト・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    リップルウッド・ホールディングス(Ripplewood Holdings LLC)は1995年に設立されたアメリカのニューヨークに拠点をおく投資ファンド運営会社。不振企業を買収し、再生させて企業価値を高めた上で売却し、利益を得る再生ファンドと言われるバイアウト・ファンドの一種である。最高経営責任者 (CEO) はティモシー・コリンズ (Timothy C. Collins)。2005年3月に、日本向けファンドのみを、投資先企業を連結子会社とする形で持ち株会社化し、ユーロネクストのブリュッセルで上場、「RHJインターナショナル」と名前を変える。日本事務所は、「株式会社RHJインターナショナル・ジャパン」として2005年に設立されたが、2013年に撤退。なお、リップルウッド・ホールディングスは、日本以外の国の企業への投資を、別会社として現在も引き続き行っている。リップルウッド・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • リップルウッド・ホールディングス

    リップルウッド・ホールディングスから見たハゲタカファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    リップルウッドはマスコミや一部評論家から「ハゲタカファンド」と呼ばれることもある。ただ、長銀問題に限れば、買収先には日本人社長を据え、雇用も実態はともあれ形式的には守られていた。コリンズによれば、リップルウッドでは従業員を最大の資産と考え、労働組合の存在も否定的に考えず、安易な解雇は行わないとしている。また、この方針は工場労働者として苦労したコリンズの原体験に基づくものだという。リップルウッド・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • ネクスト・キャピタル・パートナーズ

    ネクスト・キャピタル・パートナーズから見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    ネクスト・キャピタル・パートナーズ株式会社(英:Next Capital Partners Co., Ltd.)は、東京都千代田区麹町に本社を置く日本のプライベート・エクイティ・ファンド。主として中堅・中小企業の事業再生のため、エクイティ投資での事業再生型投資を行っている。ネクスト・キャピタル・パートナーズ フレッシュアイペディアより)

  • スリーコム

    スリーコムから見たプライベート・エクイティ・ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    2007年9月、プライベート・エクイティ・ファンドであるベインキャピタルが華為技術からの出資を合せ、22億ドルでスリーコムを買収する計画が明らかになった。しかしアメリカ連邦政府は、華為技術に中国人民解放軍出身の役員が関わっており、セキュリティ製品を取り扱い米国内に多数の顧客を持つ米国企業スリーコムが買収されることに対し、安全保障上の懸念から規制を盾に待ったをかけ、2008年初めにこの計画は取り消された。スリーコム フレッシュアイペディアより)

  • 戸田運送船

    戸田運送船から見た企業再生ファンドプライベート・エクイティ・ファンド

    そこで静岡銀行のベンチャーキャピタル会社静銀キャピタルが、中小企業基盤整備機構と静岡県内の金融機関出資により組成された中小企業再生ファンド『パートナー』の支援で、静岡銀行の貸付債権の買い取り、取引金融機関の金利や債務の減免要請や不採算事業の撤退と資産売却、国民生活金融公庫による新規融資実行といった再生計画を行い、一度は経営危機を脱することに成功した。また、2005年頃より乗客の僅少が見込まれる場合には休航させ、系列会社である戸田交通のタクシーで土肥・戸田市街地から沼津港と沼津駅まで代行運送(航路運賃で利用可)を行うようになった。船舶検査による休航時も代行運送の扱いをしていた。戸田運送船 フレッシュアイペディアより)

116件中 11 - 20件表示

「米コールバーグ・クラビス・ロバーツ」のニューストピックワード