152件中 91 - 100件表示
  • リーマン・ショック

    リーマン・ショックから見たサブプライムローンサブプライムローン

    2007年のサブプライムローン(サブプライム住宅ローン危機)問題に端を発した米国バブル崩壊を動機に(サブプライムローンという債権をあたかも資本と思い込ませた借金の転売による多重債務)、多分野の資産価格の暴落が起こっていた。リーマン・ブラザーズも例外ではなく多大な損失を抱えており、2008年9月15日(月)に、リーマン・ブラザーズは連邦破産法第11章の適用を連邦裁判所に申請するに至る。この申請により、リーマン・ブラザーズが発行している社債や投信を保有している企業への影響、取引先への波及と連鎖などの恐れ、及びそれに対する議会政府の対策の遅れからアメリカ経済に対する不安が広がり、世界的な金融危機へと連鎖した。日経平均株価も大暴落を起こし、9月12日(金)の終値は12214円だったが、10月28日には一時は6000円台(6994.90円)まで下落し、1982年10月以来26年ぶりの安値を記録した。リーマン・ショック フレッシュアイペディアより)

  • 住宅ローン

    住宅ローンから見たサブプライムローンサブプライムローン

    アメリカでは、古くから住宅を持つことが貧困を抜け出した象徴として(一般人にも手の届く)アメリカン・ドリームの実現の一つであると考えられており、政府も持ち家を後押しすべく、貯蓄貸付組合を支援する連邦住宅貸付銀行や、証券化を支援する連邦住宅抵当公庫、連邦住宅金融抵当公庫といった政府支援機関を設立し、全てのFDIC加盟の銀行は法令により住宅ローンを人種、出身国、宗教、性別、身体障碍、家族状況にかかわらず貸すことを求められている。(このため、返済能力を支払履歴から評価するクレジットスコアが普及している。)低所得者層へそれを行き渡らせるものとして将来的な不動産の値上がりを前提として、比較的高金利で住宅購入資金を融資する「サブプライム住宅ローン」が存在する。しかし、2006年頃から不動産の値上がりが鈍化し、返済が滞るケースが続出した。住宅ローン会社の経営が悪化していると言われ、アメリカ経済への影響が報じられている。→サブプライム住宅ローン危機を参照。住宅ローン フレッシュアイペディアより)

  • 武藤敏郎

    武藤敏郎から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年2月、日本銀行総裁福井俊彦の任期満了が迫ると、武藤は後任総裁の最有力候補とされた。副総裁として日銀政策決定会合に参加し、福井の下で量的金融緩和政策やゼロ金利政策の解除、政策金利引き上げの実施などを決定しており、これらの経済政策に対する評価は高い。しかし、一方では、福井と共にサブプライム問題の一因ともなっている外資による国内での資金調達を容易にした低金利政策や量的緩和政策決定の渦中にあったことに対する批判もある。参議院第一党の民主党は、当初から財務官僚出身者の総裁就任に難色を示しており、衆議院での2008年度予算案の強行採決への反発も強いことから、国会の同意が得られるか不透明な状勢となった。武藤敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ケネス・ガルブレイス

    ジョン・ケネス・ガルブレイスから見たサブプライムローンサブプライムローン

    1977年の"The Age of Uncertainty"は英国では13回のBBCテレビドキュメンタリーになった。また邦訳の『不確実性の時代』は日本で1978年のベストセラーになった。『不確実性の時代』に対するマネタリストの反発は強く、特にミルトン・フリードマンの反論は激しかった。フリードマンはテレビ番組『選択の自由』を作成し、その著作もベストセラーとなった。フリードマンの『選択の自由』で示された政策は新保守主義の経済政策の支柱であり、英国のサッチャー政権や米国のレーガン政権において実施され、日本でも中曽根政権から小泉政権での「聖域なき構造改革」にいたる政策で実施された。『選択の自由』は影響力の点では一時的には『不確実性の時代』を凌ぐものとなったが、サブプライムローン問題に端を発する2008年の世界同時株安によってその評価は急落した。2008年のノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマンは、ネオケインジアンの立場から、「変動為替相場では、投機家の思惑が自己成就的な相場の変動を作り出し、変動為替相場が本質的に不安定である」ことを示し論争に終止符を打った。ジョン・ケネス・ガルブレイス フレッシュアイペディアより)

  • 格付け機関

    格付け機関から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2007年から表面化したサブプライムローン問題に端を発する世界的な金融危機では、証券化商品に対して付与された信用格付の内容が問題視されている。サブプライムローンのような信用力の低いローンであっても、証券化商品として組成される過程で他のローンと組み合わされると、大数の法則により、一度に破綻することはなくリスクが低下したと見なされて、証券化商品としては高い信用格付け(例えばAAAなど)が付され得たが、その正確性に疑問が呈され、世界各国において格付会社規制が導入される契機となった。また、破綻寸前だったエンロンやワールドコムに投資適格級の信用格付が付与されていたことについても批判があった。他方で、ソブリンに対する格下げについては、主として政府関係者からその正確性について批判がなされることがある。また、現在のところ米国証券取引委員会(SEC)に登録を受けた格付会社(NRSRO)10社のうち、S&P、ムーディーズおよびフィッチの3者で市場の9割以上が占められており、寡占による弊害を懸念する声もある。なお、信用格付けは信用力に対する意見に過ぎないものの、これが資金調達コストに反映される結果、信用格付が信用力に影響を与えるという点も指摘されている。格付け機関 フレッシュアイペディアより)

  • 第14循環

    第14循環から見たサブプライム問題サブプライムローン

    サブプライム問題に端を発した世界金融危機の影響を受け、2008年3月から景気は失速、とりわけ、同年9月15日のリーマン・ショック以降に急速に悪化し2009年3月まで景気後退期(リーマン不況と呼ばれる)は続いた。第14循環 フレッシュアイペディアより)

  • スタンダード&プアーズ

    スタンダード&プアーズから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライムローン関連債権などには、最上級であるAAA(トリプルA)など高い格付けが行われていた債権が多数存在していた。これらの債権は金融危機に際し、わずか数日にて最上級からジャンク格にまでの格下げが実施された。これにより市場は大混乱に陥り一連の金融危機に際し格付機関の責任も問われる事態となり、格付けの対象である債券発行側から手数料収入を得ているビジネスモデル、不透明性、説明責任、などが問題視され金融危機を引き起こした一角として、米国上院、下院の両院で審議会が開かれ格付け機関の責任が問われる事態となった。その後は、透明性、監督、説明責任の強化にかかる複数の条項が盛り込まれ格付け業界規制が実施されている。スタンダード&プアーズ フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・ロックフェラー

    デイヴィッド・ロックフェラーから見たサブプライム問題サブプライムローン

    2007年に11月に来日、回想録(日本語版)の出版記念会が都内のホテルで催され、出版記念サイン会がMoMA Design Storeにて催された。デイビッド・ロックフェラーの来日はシティグループがサブプライム問題で大きな損失を被ったことと関係があるとする報道が見られた。デイヴィッド・ロックフェラー フレッシュアイペディアより)

  • テマセク・ホールディングス

    テマセク・ホールディングスから見たサブプライムローンサブプライムローン

    また、UBSやメリルリンチなど、サブプライムローン問題で疲弊した欧米の金融機関にも、多額の資本注入を行って、世界の金融市場で存在感を示す政府系投資ファンドの一つである(07年現在)。テマセク・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 官製不況

    官製不況から見たサブプライムローンサブプライムローン

    投資家保護を重視した結果、商品販売の際に過重な説明義務を課され、投資信託の販売額が2007年下半期は前年同期比3割減少した。また、サブプライムローン危機とあいまって、投資ファンドの日本離れを招いた。官製不況 フレッシュアイペディアより)

152件中 91 - 100件表示

「米サブプライム住宅ローン問題」のニューストピックワード