167件中 101 - 110件表示
  • ショーン・ドノバン

    ショーン・ドノバンから見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年12月13日、バラク・オバマがラジオ演説で次期政権のアメリカ合衆国住宅都市開発長官に指名した。低所得者向け住宅金融のサブプライムローン問題が世界金融危機の引き金となり、住宅問題が米国経済と国民生活が直面する当面の重要課題となっており、住宅都市開発長官指名は即戦力としての抜てきである。ドノバンは2009年1月22日に上院で承認を受け、正式に住宅都市開発長官に就任した。ショーン・ドノバン フレッシュアイペディアより)

  • 麻生おろし

    麻生おろしから見たサブプライムローンサブプライムローン

    安倍晋三、福田康夫が2代続けて1年余りで総辞職し、後継の総理総裁として麻生太郎が選出された。コメンテーターらは総選挙に勝てる人物として人気のある麻生を選出したと論評し、冒頭解散を予想したが、麻生はサブプライムローン問題に端を発した世界金融危機に対応するため、解散による政治的空白を望まずに、緊急の景気対策に取り組み始める。麻生おろし フレッシュアイペディアより)

  • ムーディーズ

    ムーディーズから見たサブプライムローンサブプライムローン

    ムーディーズでは、米国金融危機の原因の一端であるサブプライムローン関連債権やCDO(債務担保証券)などに、最上級であるトリプルAなど高い格付けを行っていた。それらをわずか数日で一挙にジャンク格にまで格下げを行った事で市場に大混乱をもたらした。また格付けの対象である債券発行側から手数料収入を得て格付けを行っているという構造なども問題になり、金融危機を引き起こした原因の一角として米国公聴会が開かれ格付け機関の責任が問われる事態となった。ムーディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見たサブプライム問題サブプライムローン

    BRICsの成功は、世界の通貨の流れを劇的に変えた。上海、ムンバイといった市場に先進国の資金が流入した。また、原油価格の高騰を背景にサウジアラビアやアラブ首長国連邦などの、いわゆる「オイル・マネー」が自国のインフラストラクチャーの整備のみならず、サブプライム問題にあえぐアメリカ合衆国の金融機関に出資するという形で通貨の面からも世界の市場は一つにまとまりつつある。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 協調介入

    協調介入から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年3月のアメリカのサブプライムローンに端を発する金融危機時には、アメリカをはじめ、日本、ヨーロッパ各国が、ドル防衛のための協調介入について、秘密合意があったと日本経済新聞は報じている。この際はドルが持ち直したことから、協調介入は見送られた。協調介入 フレッシュアイペディアより)

  • 三重野康

    三重野康から見たサブプライムローンサブプライムローン

    特に、2000年にFRBのアラン・グリーンスパン議長がアメリカのバブル経済を無事に軟着陸させた為、同様の指摘が強まることとなった。この件については、当時、三重野の姿勢を持ち上げるだけ持ち上げた報道機関の見識を問う声も存在する。さらに、サブプライムローン問題に端を発する金融危機後のアメリカ、イギリスなどで、中央銀行による果敢な金融緩和がとられた結果、日本のように10年以上に渡る景気停滞を迎えることなく回復に向かっていることから、三重野ないし日本銀行への批判はさらに高まっている。三重野康 フレッシュアイペディアより)

  • 地上げ屋

    地上げ屋から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2000年代に入り、景気回復に伴って、オフィスなど不動産市場は活況を呈した。だが、サブプライム問題などもあり、不動産市況に水を差され、活動が沈静化した。地上げ屋 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見たサブプライムローンサブプライムローン

    しかし、合併を目前に控えた2008年(平成20年)9月に、親会社である米・AIGがサブプライムローン問題の影響を受け、経営危機に至る(AIGショック)。そのため、AIGの経営再建策の1つとして、業績が良く高値で売却の見込める日本の生命保険事業3社(同社、AIGスター生命保険、アリコジャパン(現・メットライフ生命保険))を売却することが、同年10月3日に発表された。エジソン生命はAIG株を取得していない事と財務の健全性は保たれている事から、売却されても保険契約者に影響はないとされている。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • 証券化

    証券化から見たサブプライムローンサブプライムローン

    証券化で発行する有価証券は資産を保有する者の信用力ではなく、資産自体の信用力で発行するため銀行からの借り入れ等による間接金融より低コストでの資金調達が可能となる。また、市場での流通が可能な小口の有価証券を発行するため、投資家から広く資金を集めることが可能であり、自ら資産の売却先を探すよりも資金調達しやすい。更に証券化によって資産が抱えるリスクを自ら保有することなく投資家に移転することが一部可能であり、例えば証券化する資産が債権であれば不良債権化するリスクを投資家に一部移転することができる。この投資家へのリスク移転は大きなメリットだが、証券化の過程で原資産のリスクが第三者から見えづらくなり、不相応に高格付けがつけられた結果、サブプライムローン問題にみられるような、金融危機の原因にもなった。証券化 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・W・ブッシュ

    ジョージ・W・ブッシュから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライムローンに端を発した世界同時不況への対応策である「金融安定化法案」の採決では9月29日下院における共和党右派の反対もあって法案は否決されたが、修正法案が上院で可決された後10月3日に下院で可決され成立した。ジョージ・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

167件中 101 - 110件表示

「サブプライムローン」のニューストピックワード