152件中 101 - 110件表示
  • ローンスター

    ローンスターから見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年に、サブプライムローン関連投資で大きな損失を被り、経営難に陥っているドイツ産業銀行(IKB)の譲り受けに合意。ローンスター フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たサブプライムローンサブプライムローン

    日本と同様に巨額の外貨準備を米ドル建てで保有してきた中国では、米ドルの長期低落傾向に対し、外貨準備の運用先を多様化するなどでリスク分散を図るとともに、米国住宅バブル問題(サブプライムローンを参照)などで疲弊した米国金融資本に資本参加するなど戦略的な運用がされているが、2008年の金融危機でこの出資は損失を出した。このことは外貨準備高運用の難しさを示している。しかし中国の場合は、日本と異なって、その豊富な米ドル準備高を米国に対する有効な政治・外交カードとしても使用できる。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見たサブプライム問題サブプライムローン

    しかし、2007年8月にサブプライム問題が発生。2008年9月の世界金融危機が追い打ちをかけ、金融機関や投資家がデベロッパー向け投融資を急激に縮小させたことから上場会社・地域の有力会社を問わず倒産する企業が相次ぎ、不動産会社に連鎖して中小ゼネコンの倒産も発生している。2010年に入っても不動産不況は終わりを見せず、上場企業や地域の有力デベロッパーの経営破綻が相次いだ。不動産会社 フレッシュアイペディアより)

  • コーチ (企業)

    コーチ (企業)から見たサブプライムローンサブプライムローン

    アウトレット店の増加により、正規店の売上減少やブランドイメージ低下の可能性はあるものの、2007年からサブプライムローン問題を機に米国景気が伸び悩む中でも、強気の出店姿勢を崩していない。コーチ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・W・ブッシュ

    ジョージ・W・ブッシュから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライムローンに端を発した金融危機への対応策である「金融安定化法案」の採決では9月29日下院における共和党右派の反対もあって法案は否決されたが、修正法案が上院で可決された後10月3日に下院で可決され成立した。ジョージ・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 就職氷河期

    就職氷河期から見たサブプライムローンサブプライムローン

    数年間続いた「売り手市場」であったが、原油等資源・原料価格の高騰や法律の改正による特定業種への締め付けに加え、2007年のサブプライムローン問題を引き金とする世界的金融危機やリーマンショックの影響による株価の暴落、急速な円高や世界各国の景気後退により、数年間に渡り過去最高益を出していた企業の業績が軒並み急激に悪化し、就職状況は一転した。就職氷河期 フレッシュアイペディアより)

  • 進歩的活用理論

    進歩的活用理論から見たサブプライム問題サブプライムローン

    この時、厳しく分離された銀行業務と証券業務の垣根が、市場原理主義の台頭によって1970年代以降、次第に自由化され、最終的には、今回のサブプライム問題とそれに連鎖するあらゆる金融商品の矛盾の爆発によって、一気に世界の金融が崩壊した、というのが今日の状況だ」とバトラは指摘する。進歩的活用理論 フレッシュアイペディアより)

  • NCT信託銀行

    NCT信託銀行から見たサブプライムローンサブプライムローン

    日興とシティの合併に伴い、株式移管を行い、日興シティHDの100%傘下になる予定であった。しかし、サブプライムローン問題に起因する米シティグループ本体の業績悪化により、2008年12月17日に、日興シティホールディングスは、全株式を250億円で三菱UFJ信託銀行に売却することを決定した。当初は、2009年4月1日に売却・子会社化の予定だったが、日興シティ信託銀行がSFCGから買い取った債権が二重譲渡されていたことから、影響を見定めるために延期された。その後、日興シティの証券事業が、三井住友フィナンシャルグループに買収されるなど、環境が大きく変更になったことから、2009年5月14日に、三菱UFJ信託銀行への株式譲渡は白紙撤回された。そのため、新たな買収先を探した結果、2009年7月1日に、野村信託銀行が190億円で買収することで基本合意。10月に、全株式の譲渡により同行の子会社となった。NCT信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2001年から2007年まで、アメリカ合衆国中で過熱した住宅市場によって、アメリカ経済の強さに関する安全性に偽りの神話が作られた。この住宅ブームとバブルについてその責の幾らかはクリントン政権によるものと主張する者が多い。ニューヨーク・タイムズはクリントン政権が1990年代後半にサブプライム融資を強く推進したことに関して、「住宅抵当権で国内最大の引受け機関であるファニー・メイ(アメリカ政府支援の住宅投資機関)がクリントン政権からの高まる圧力の下に収入が中下層の人々に抵当権付貸付を拡大してきた」という記事を載せた。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 新津由衣

    新津由衣から見たサブプライムローンサブプライムローン

    新聞を読んだりニュースを見たりするのが苦手と公言し、「今の日本の首相は?」と聞かれ、「ふく・ふく‥ふく…、ふくださん!」(当時)と言い、またサブプライムローン問題のことを「『アメリカの経済がヤバい』とアナウンサー『さん』が言っていた」と発言、また芸術系学科出身なのにもかかわらずサグラダ・ファミリアも知らなかった。その割にこ難しい言い回しを好み、「(ヨーグルトを食べると)害的要素をパーンとはね返す的な感じ」などと発言した(テレビ神奈川「saku saku」より)。新津由衣 フレッシュアイペディアより)

152件中 101 - 110件表示