167件中 111 - 120件表示
  • 日本近代史

    日本近代史から見たサブプライムローンサブプライムローン

    そうした中で、経済の閉塞とも見られる現象も見られ、マイナス成長すら記録されるようになった。そのため「構造不況」の克服、「構造改革」の必要が各方面から叫ばれるようになった。過疎化や産業空洞化が進展し、地方経済は不振を極めた。2006年(平成18年)から2007年(平成19年)にかけては、外需主導で企業業績が好転した。しかし企業の人件費抑制などにより、内需は冷え込んだままで、国民の生活が豊かになっているという実感はごく一部に限られている。更に、2008年(平成20年)以後はアメリカのサブプライムローンを引き金とする世界同時不況により、日本の景気は内需・外需ともに八方塞がりに悪化した。日本近代史 フレッシュアイペディアより)

  • クレジットカード

    クレジットカードから見たサブプライムローンサブプライムローン

    2007年のサブプライム住宅ローン危機は、クレジットカード業界にも影響を与えた。サブプライムローン問題以降、カードの未支払いは増加し、貸し倒れは増加している。クレジットカード フレッシュアイペディアより)

  • 投資信託

    投資信託から見たサブプライム・ローンサブプライムローン

    バブル景気には株式投信が著しく増加を示し、1989年には58兆円(公社債投信含む)に上った。株式投信は為替差損を避けがたかったので基準価額は低迷し、多くの投資家が損失をこうむった。バブルが崩壊した1991年頃から公社債投信がじわりと増加し始めた。一部のアナリストや学者がサブプライム・ローンを論じたこともあり、投資信託の選択の難しさは評価会社へのニーズにつながった。そこで1996年、藤沢久美によって日本初の投資信託評価会社アイフィス(1999年にスタンダード&プアーズ社に売却)が設立された。1997年に系列の証券会社や投信運用会社が銀行の一部スペースを借りて販売窓口となる形(店舗貸し方式)で投資信託の販売が解禁された(金融ビッグバン)。1998年12月から銀行窓口での投資信託販売が解禁された。これを皮切りに、銀行や生命保険・損害保険会社、信用金庫、信用組合、農業協同組合、郵便局などが参入し、販売競争が激化している。やがて、ゼロ金利政策で預貯金ではきわめてわずかの利息収入しか得られないこと、2002年の定期性預金についてのペイオフ解禁、2005年の全面解禁により、大口預金者が毎月分配型投資信託に注目するようになった。投資信託 フレッシュアイペディアより)

  • 投資信託

    投資信託から見たサブプライムローンサブプライムローン

    1907年恐慌以来、アメリカの投資信託は国際金融市場の重要なプレイヤーである。アレゲーニー・スキャンダルやセントラル投信ピラミッドが世界恐慌で白日に晒されたとき、そしてバーナード・コーンフェルド(Bernard Cornfeld)が最初につくったファンド・オブ・ファンズ(FOF)の破綻したとき、それは厳しく批判された。FOFが増えてゆくなか、日本では投信が証券不況の原因となった。連邦準備制度がインフレ政策をとった1970年代を除いて、2014年現在まで世界の投信残高は単調増加傾向にある。プラザ合意が成立してから、日本の投信残高も国民総生産の10%前後にまで増加した。1990年代からボストン発のミューチュアル・ファンドが一般投資家の膨大な資金を吸い上げ、多国籍企業などへ投じている。手堅いとされてきた公社債投資信託は、2000年前後のエンロン破綻等一連の事件により元本割れした。フランスの投信市場も注目される。2007年現在でクレディ・アグリコルが運用資産残高の首位を維持し、国内では主にFOFとマネー・マーケット・ファンドが取引され、個人は相続税などが優遇されている保険を通して保有することが多い。もっとも、個人金融資産に占める投信の割合はスウェーデンの方が高い(26.1%)。世界金融危機では、資産構成にサブプライムローン等の劣位証券を組み込んでいた年金基金・保険会社・投信会社が損害を加入者と顧客へ転嫁した。事件の進行中も世界の投信残高は単調増加を続けた。2013年から日本では信金中央金庫が唐突に投信保有残高を増やしてきている。2017年7月以降、ゆうちょ銀行が投資信託を取り扱う拠点を急ピッチで増設している。ところでアベノミクスはビットコインに対し寛容である。しかしビットコインから上場投資信託の認可を申請された米証券取引委員会は、2017年3月にそれを拒否した。投資信託 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライムローン問題に端を発する金融危機が本格化し、世界経済に深刻な損害を与えるようになると、サルコジはEU議長国の大統領として積極的に金融危機への対応のイニシアティヴを取った。2008年10月18日には、アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュ、欧州委員会委員長のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾと会談を行い、主要国に新興国(中華人民共和国やインドなど)を含めた国による首脳会談(金融サミット)の開催を漕ぎつけた。金融サミット直前の11月13日には「ドルはもはや基軸通貨ではない」と発言し、ブレトンウッズ体制を構築する必要性をも説いた。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • バブル経済

    バブル経済から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2003年 - 2006年 対象資産:不動産 アメリカや中国をはじめ世界中の住宅・不動産バブル。サブプライムローン問題の形で崩壊(中国は崩壊の影響が低かったため、その後も不動産バブルを継続)。バブル経済 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見たサブプライムローンサブプライムローン

    麻生内閣発足直後にはサブプライムローン問題に端を発した世界金融危機の影響を日本も受け始めており、麻生は、「当面は『景気対策』、中期的には『財政再建』、中長期的には『改革による経済成長』」という経済対策を表明したが、その財源の裏付けとなる第二次補正予算案が年内の臨時国会ではなく、年明けの通常国会に提出するという国会運営が朝日新聞から批判された(読売新聞や産経新聞は与野党合意ができなかった自民党と民主党を共に批判した)。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 政府支援機関

    政府支援機関から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2007年に表面化したサブプライムローン問題により、政府支援機関が発行した不動産担保証券の価値下落が懸念され、政府支援機関の資本不足が不安視された。このため、2008年9月、アメリカ合衆国政府は、政府支援機関の救済と住宅市場の安定化を図って、政府支援機関が発行した不動産担保証券の買い取りを開始した。政府支援機関 フレッシュアイペディアより)

  • 西田厚聰

    西田厚聰から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2009年3月、サブプライムローンを発端とした世界金融危機により、2009年3月期決算で2800億円の赤字に転落した結果、2009年6月の株主総会後に社長職の退任と会長への就任が発表された。なお、東芝が設置した第三者委員会の調査により、社長在任時に出身母体であるパソコン事業幹部に対し圧力をかけた結果、2008年に50億円の利益水増しが行われたことが明らかになっている。後任の社長には佐々木則夫が就任したが、西田と佐々木は度々対立した。2013年の役員報酬は1億2700万円。2014年6月25日に会長から相談役に退いた。2015年、社長在任当時の利益水増し問題が明るみとなり、同年7月21日に相談役を引責辞任した。なお、2010年6月より日本原燃にて監査役を兼任し、2014年6月からは商船三井の取締役も兼任していたが、2015年7月21日に双方とも辞任した。西田厚聰 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済史

    日本の経済史から見たサブプライム問題サブプライムローン

    また、このころは景気拡張期であり、2005年(平成17年)の郵政解散を好機として株式市場こそ活況を呈していたが、実体経済には明確な好転がみられず、新興国やアメリカの好景気の恩恵をそれなりに享受する中にいた。しかし、2007年(平成19年)8月頃よりサブプライム問題が顕在化しはじめ、住宅専門会社の中には破綻するものが出始め、世界金融危機に見舞われた。さらに、2008年(平成20年)9月のリーマン・クライシス(リーマン・ショック)で世界同時不況へと陥り、日本もその影響をうけた。日本の経済史 フレッシュアイペディアより)

167件中 111 - 120件表示

「サブプライムローン」のニューストピックワード