152件中 11 - 20件表示
  • 仙台・宮城デスティネーションキャンペーン

    仙台・宮城デスティネーションキャンペーンから見たサブプライムローンサブプライムローン

    しかし、2007年(平成19年)3月のキャッチフレーズ(メインテーマ)決定において三重県との間で「うまし国」論争が発生し、同年夏のサブプライムローン問題に起因する景気の減速や原油価格の高騰などのために、当初試算された経済波及効果をクリアできるかどうか不安視された。また、紅葉や温泉の主要観光地の1つである栗駒山周辺で2008年(平成20年)6月14日に岩手・宮城内陸地震が発生し、さらに東北の夏祭りシーズン直前の7月24日にも岩手県沿岸北部地震が発生したことで、風評被害による観光収入落ち込みが発生し、その分を仙台・宮城DCで相殺できるか問題になった。また、平泉・松島・最上川の世界遺産登録が首尾よく進まず、登録特需も見込めない状態になった。仙台・宮城デスティネーションキャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見たサブプライムローンサブプライムローン

    みずほコーポレート銀行、サブプライムローン問題で損失が拡大した米メリルリンチに対し、優先株式12億ドル(約1300億円)分の購入による金融支援を行うことを発表。バブル崩壊以降日本の金融機関が米金融機関に出資するのは初。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 武者陵司

    武者陵司から見たサブプライム問題サブプライムローン

    ホームページで過去20年の予測と結果の履歴を公表している。東谷暁は『エコノミストは信頼できるか』(2003年)においてエコノミスト25人を格付けしているが、武者をトップクラスのAaaと評価した。「IT革命騒動の際の的確な見通しには感嘆せざるを得ない」と解説。一方、『エコノミストを格付けする』(2009年)では、40人中最下位クラスのB3と評価。「ITバブル崩壊の際に、あれほど予想を的中させた武者氏が、今回のサブプライム問題では見る影もなく予想を外している。行う予想がほとんど裏目に出るというありさまだった」と解説した。武者陵司 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2000年代の初期に入ると、ITバブルの崩壊によって、好調だったアメリカ経済は減速する。2001年9月11日には同時多発テロが発生し、アメリカ経済の減速に拍車をかけた。1980年代から続いている資産膨張を背景にした消費増大はアメリカ経済の根幹となり2007年夏頃まで安定した成長を続けていたが、サブプライムローン問題を発端に、不動産価格の下落から深刻な世界金融危機が起きている。アメリカ国内の経済も深刻な打撃を受けており、2009年にはゼネラルモーターズが経営破綻し、失業率が10パーセントを記録するなど依然厳しい経済状況が続いている。アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2000年代に入り、公的資金を注入したことによって金融機関の不良債権処理が進み、民間企業の過剰な設備・雇用・負債が解消された。中国の経済発展により貿易相手国の第一位はアメリカから中国に代わった。中国をはじめとするBRICs諸国や、ASEAN諸国の経済発展に伴って伸びた外需に牽引されて、日本はデフレ脱却、景気の回復を果たし、大企業の業績は大幅に伸びた。しかし労働者にはこの好景気の分配はなく、労働者の給与は減少傾向をたどった。旧来の労使関係は見直され、終身雇用制度は崩壊し、契約社員や派遣社員が増えて労働市場の流動化が進んだ。労働環境の悪化と雇用不安のため出生率は落ち込み、少子化と高齢化により2005年から日本は人口減少を始めた。国内需要を見限った企業は海外市場に活路を求め、製造業は外需偏重となり、海外市場の動向に日本の景気が顕著に左右されるようになった。2007年夏頃よりアメリカ合衆国のサブプライムローンに端を発した世界金融危機により、戦後最長といわれた「いざなみ景気」(第14循環)は終焉を迎えた。日本経済は再び不景気の時代に突入し、またそれまでのいざなみ景気も好景気の実感が乏しいものだったため、いざなみ景気の期間も含めたバブル崩壊以降の20年間を「失われた20年」とする見方も出始めた。さらに、外需依存という日本経済の体質的な問題、産業の海外移転、少子 高齢化などから内需縮小の傾向は今後も変わらず、中進国レベルに賃金が下落するまで衰退を続けるといった悲観論も続出している。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドマン・サックス

    ゴールドマン・サックスから見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年に大きな問題となったサブプライムローン問題においては、他の金融機関と比較して相対的に、被害を受けていない金融機関の一つである。但し、財務内容は急速に悪化する情勢は否定できず。金融危機対策として、連邦準備制度理事会の支援と管理が受けやすい銀行持ち株会社に急遽移行することが決まった。ゴールドマン・サックス フレッシュアイペディアより)

  • 失われた20年

    失われた20年から見たサブプライムローンサブプライムローン

    バブル景気は1990年(平成2年)頃から後退し始め、バブル経済も崩壊。それによって消費や雇用に悪影響を及ぼし、デフレになった。かつては、そのような状況であった1990年代から2000年代初頭までの経済を「失われた10年」などと呼ばれていたが、サブプライムローン問題をきっかけに世界金融危機へ発展し、世界同時不況へと陥った。このようにバブル崩壊以後、経済の低迷が改善に向かわなかったため、いざなみ景気の期間を含め、失われた10年と2000年代以降の経済を併せて「失われた20年」と呼ばれるようになった。失われた20年 フレッシュアイペディアより)

  • サブプライム問題

    サブプライム問題から見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライム問題 フレッシュアイペディアより)

  • サブプライム・ローン

    サブプライム・ローンから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライム・ローン フレッシュアイペディアより)

  • サブプライムショック

    サブプライムショックから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライムショック フレッシュアイペディアより)

152件中 11 - 20件表示

「米サブプライム住宅ローン問題」のニューストピックワード