152件中 41 - 50件表示
  • ダイナシティ (不動産会社)

    ダイナシティ (不動産会社)から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年に入ると、サブプライムローン危機の影響による不動産販売の低迷と、銀行融資が受けられず資金繰りがショートしたため、同年10月に東京地裁へ民事再生法を申請した。ダイナシティゴルフ倶楽部は後にパシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングス(ローンスター)が買収し、「成田の森カントリークラブ」へ改称した。このためインボイスはダイナシティに対する貸付金や保証が焦げ付き、特別損失が発生したが、ダイナシティを連結対象から外し、子会社売却などを実施したため2009年3月期決算では純利益を確保している。ダイナシティ (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の労働運動史

    日本の労働運動史から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年のサブプライムローン問題、リーマンショック後の企業によるリストラで、多くの派遣社員、非正規社員が解雇されており、彼らに対して加入を勧める企業外労組(地域ユニオン、合同労組、産業別個人加盟労組など)が数多く現れているが、労働組合組織率の全体としての低下傾向は止まっていない。また、派遣切り問題が注目されたのをきっかけに、貧困問題への関心が高まり、年越し派遣村をはじめとして、ホームレス支援団体など、さまざまな市民団体と労働組合の共同運動が盛んに展開された。日本の労働運動史 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨預金

    外貨預金から見たサブプライムローンサブプライムローン

    近年は為替コスト・手数料などが外貨預金より安いという理由でFX(外国為替証拠金取引)に押されつつある。ただしFXにおいては、2007年のサブプライムローンの影響による米ドル暴落に伴い、信託銀行などに信託分別管理をしていないFX業者が破綻して証拠金が戻ってこないケースなどが散見される。それと比較すれば、外貨預金の場合は元本割れしても預金が戻ってくる可能性が高い(預金保険法の対象外である為に銀行が破綻した場合には預金が戻ってこないという多少のリスクはある)。しかしながら2010年4月より相対取引業者を含め、本邦の業者が運営するFXの信託保全が義務化されたため、この問題はほぼ解決したと思われる。外貨預金 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ミューチュアル

    ワシントン・ミューチュアルから見たサブプライムローンサブプライムローン

    ワシントン・ミューチュアル・バンクは店頭での充実したサービスやオンラインサービスが高い評価を受けたが、他の大手金融機関と同様に、サブプライムローンを中心に住宅ローンの事業を拡大してきた。しかし、住宅市場が低迷しはじめるとサブプライムローン事業の評価損が増大、やがて一般住宅ローン事業にも飛び火しはじめ、2006年には経営問題が表面化し始めた。この年には住宅ローン部門で4,800万ドルの損失を計上したと発表した。2007年12月にはサブプライムローン事業を切り離し、従業員の削減と株式の配当削減によりコストカットをする計画を発表。2008年7月に発表した第2四半期決算では、30億ドルの純損失が明らかになった。ワシントン・ミューチュアル フレッシュアイペディアより)

  • 証券化

    証券化から見たサブプライムローンサブプライムローン

    証券化で発行する有価証券は資産を保有する者の信用力ではなく、資産自体の信用力で発行するため銀行からの借り入れ等による間接金融より低コストでの資金調達が可能となる。また、市場での流通が可能な小口の有価証券を発行するため、投資家から広く資金を集めることが可能であり、自ら資産の売却先を探すよりも資金調達しやすい。更に証券化によって資産が抱えるリスクを自ら保有することなく投資家に移転することが一部可能であり、例えば証券化する資産が債権であれば不良債権化するリスクを投資家に一部移転することができる。この投資家へのリスク移転は大きなメリットだが、サブプライムローン問題による金融不全の原因にもなった。証券化 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のフォーミュラ・ニッポン

    2009年のフォーミュラ・ニッポンから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライムローン問題に端を発する世界的な景気悪化から、ARTA、5ZIGEN、KONDO Racingの3チームが参戦を見送り、CERUMO/INGINGは前年の3台から1台に台数を減らした。一方でReal Racingを母体とした「HFDP Racing」の新規参戦はあったが、前年の20台を大きく下回る13台のエントリーに止まった。これはシリーズが開始されて以降、最小のエントリー数である。2009年のフォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 取り付け騒ぎ

    取り付け騒ぎから見たサブプライムローンサブプライムローン

    2007年9月、サブプライムローン問題により資金繰りが悪化。イングランド銀行に支援を要請したことから信用不安が広がり、預金払い戻しなどを求める客が店頭やインターネット口座に殺到した。数日で預金残高の8%にあたる20億ポンド(約4600億円)が引き出された。英金融当局は「預金の安全性に問題は無い」と緊急声明を出し沈静化を図ったが最終的にはイギリス政府により一時国有化された。取り付け騒ぎ フレッシュアイペディアより)

  • 京品ホテル

    京品ホテルから見たサブプライム問題サブプライムローン

    一方、債権者であるサンライズファイナンスは、サブプライム問題に端を発した米国発の世界金融危機と同年9月14日のリーマン・ショックの影響で、9月16日に、東京地方裁判所に対し、負債額約3639億円で民事再生法の適用を申請した。京品ホテル フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライムローン問題に端を発する金融危機が本格化し、世界経済に深刻な損害を与えるようになると、サルコジはEU議長国の大統領として積極的に金融危機への対応のイニシアティヴを取った。2008年10月18日には、アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュ、欧州委員会委員長のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾと会談を行い、主要国に新興国(中華人民共和国やインドなど)を含めた国による首脳会談(金融サミット)の開催を漕ぎつけた。金融サミット直前の11月13日には「ドルはもはや基軸通貨ではない」と発言し、ブレトンウッズ体制を構築する必要性をも説いた。そして第1回金融サミットがワシントンD.C.で開催された際、当時首相の麻生太郎の発言に対しに「ドルは基本通貨に成り得ない。20世紀確立された金融システムを21世紀にも踏襲することは不可能だ」と反論するも、麻生より「その場合、さらなるドル暴落が避けられなくなるが、新興諸国の損害を担保する覚悟があるのか?」と聞かれ、「我々にそんな計画はない。」と持論を論破された。11月14日から11月15日(現地時間)まで行われ、サルコジが求めた金融機関への規制強化も共同宣言に盛り込まれたものの、日本が提示した15項目のうち、実に12項目もが宣言文の中に明記され、麻生案をベースに世界が一致して行動することが決まった。一方、フランス国内への対応としては、高速鉄道の建設などの公共投資や自動車産業への支援策を盛り込んだ260億ユーロ規模の景気対策を行うと12月4日に発表した。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • プレミアムジーンズ

    プレミアムジーンズから見たサブプライムサブプライムローン

    当時のアメリカの背景は株価景気(住宅販売株)に沸いたサブプライムバブルによって、商品が高額であればある程売れていた時代であり、まさにセレブとバブルによって、このプレミアムジーンズの高騰はとどまる事を知らず、中には$480もするジーンズも販売されたがそれでも飛ぶように売れていた。プレミアムジーンズ フレッシュアイペディアより)

152件中 41 - 50件表示

「米サブプライム住宅ローン問題」のニューストピックワード