167件中 41 - 50件表示
  • ダイナシティ (不動産会社)

    ダイナシティ (不動産会社)から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年に入ると、サブプライムローン危機の影響による不動産販売の低迷と、銀行融資が受けられず資金繰りがショートしたため、同年10月31日に東京地裁へ民事再生法を申請した。ダイナシティゴルフ倶楽部は後に、当時ローンスター傘下であったパシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングス(現・PGMホールディングス)が買収し、「成田の森カントリークラブ」へ改称した。このためインボイスはダイナシティに対する貸付金や保証が焦げ付き、特別損失が発生したが、ダイナシティを連結対象から外し、子会社売却などを実施したため2009年3月期決算では純利益を確保している。ダイナシティ (不動産会社) フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・テッパー

    デビッド・テッパーから見たサブプライムローンサブプライムローン

    リーマン・ショックやサブプライムローンによる金融危機の真っ只中だった2009年2月、米財務省が金融機関への公的注入を発表し、銀行が国有化されるのではという懸念から大幅に値崩れしていたシティグループやバンクオブアメリカといった銀行の銀行株や債権を大量に取得した。1ヵ月後の3月初頭には、これらの株はさらにその価値を下げ、紙クズ同然と化し始めたため、アパルーサの社内でも幹部との衝突が絶えなかった。しかしテッパーは自分の考えを信じ、辛抱強く保有し続けた結果、3月末には3倍ほどにその価値を増やし始め、最終的には70億ドルの利益を上げ、テッパー自身はマネージャーとして40億ドルの報酬を受け取った。この年、デビッド・テッパーは世界で最も高額の報酬を受け取ったヘッジファンドマネージャーとなった。デビッド・テッパー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ケネス・ガルブレイス

    ジョン・ケネス・ガルブレイスから見たサブプライムローンサブプライムローン

    1977年の"The Age of Uncertainty"は、英国で13回のBBCテレビドキュメンタリーになった。また、『不確実性の時代』は、日本で1978年のベストセラーになった。その他、『不確実性の時代』に対して、マネタリスト、特にミルトン・フリードマンの反論は激しかった。フリードマンは、『選択の自由』というテレビ番組を作成し、その著作もベストセラーとなった。フリードマンの『選択の自由』で示された政策は、新保守主義の経済政策の支柱であり、英国のサッチャー政権や米国のレーガン政権において実施され、日本でも中曽根政権から小泉政権による「聖域なき構造改革」にいたるまで、さまざまな政策で実施された。『選択の自由』は、影響力の点では一時的には『不確実性の時代』を凌ぐものとなったが、サブプライムローン問題に端を発する2008年の世界同時株安によって、その評価は急落した。2008年のノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマンは、ネオケインジアンの立場から、「変動為替相場では、投機家の思惑は自己成就的な相場の変動を作り出し、変動為替相場は本質的に不安定である」ことを示し、論争に終止符を打った。ジョン・ケネス・ガルブレイス フレッシュアイペディアより)

  • ポーランドの経済

    ポーランドの経済から見たサブプライムローンサブプライムローン

    近年はGDP成長率が高く、2006年は5.8%、2007年は6.6%であった。今後も高成長を維持すると予測されており、国内インフラの整備の急速な進展にあわせて国内経済は本格的な成長軌道にのったものと考えられている。ただし2008年に関しては、2007年のサブプライム・ショックに伴う世界同時株安および世界的な一次産品価格上昇の影響で、2007年に比べ経済成長率はやや低め、インフレ圧力は強めになるのではないか、と予想されていた。しかし2007年から始まった世界金融危機の影響は最小限にとどめ、比較的順調な成長をし、特にヨーロッパが深刻な不況に陥った2009年はヨーロッパで唯一プラスの経済成長率を達成し、以前から行っていたポーランド独特の非常にユニークな経済政策が、世界から注目を浴びるようになった。ポーランドの経済 フレッシュアイペディアより)

  • NCT信託銀行

    NCT信託銀行から見たサブプライムローンサブプライムローン

    日興とシティの合併に伴い、株式移管を行い、日興シティHDの100%傘下になる予定であった。しかし、サブプライムローン問題に起因する米シティグループ本体の業績悪化により、2008年12月17日に、日興シティホールディングスは、全株式を250億円で三菱UFJ信託銀行に売却することを決定した。当初は、2009年4月1日に売却・子会社化の予定だったが、日興シティ信託銀行がSFCGから買い取った債権が二重譲渡されていたことから、影響を見定めるために延期された。その後、日興シティの証券事業が、三井住友フィナンシャルグループに買収されるなど、環境が大きく変更になったことから、2009年5月14日に、三菱UFJ信託銀行への株式譲渡は白紙撤回された。そのため、新たな買収先を探した結果、2009年7月1日に、野村信託銀行が190億円で買収することで基本合意。10月に、全株式の譲渡により同行の子会社となった。NCT信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 山本伸一 (株式評論家)

    山本伸一 (株式評論家)から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年11月より現職。大学時代に考案した理論を元に、20年以上証券業界でディーリングを行う。「サブプライムローン問題に端を発した世界同時株安にこそ、投資妙味ある銘柄が再興する好機」ととらえてグロースアドバイザーズを設立。山本伸一 (株式評論家) フレッシュアイペディアより)

  • スタグフレーション

    スタグフレーションから見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年、サブプライムローン問題に端を発した米国不景気から資金が原油や穀物市場に流れて価格が高騰、その結果各種コスト高から物価が上昇した。日本銀行の白川方明総裁は、同年5月27日に開かれた参議院の財政金融委員会で日本がスタグフレーションに陥るおそれがあるとしたが、7月17日の会見ではスタグフレーションの発生を否定する認識を示した。その後、世界景気の急速な後退などを背景に原油・穀物価格は2008年後半から急速に下落、翌年にかけては内外の需要の落ち込みと輸出の急減で個人消費や消費者物価の下落が顕著となり、結局はデフレーションまでにとどまった。スタグフレーション フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のフォーミュラ・ニッポン

    2009年のフォーミュラ・ニッポンから見たサブプライムローンサブプライムローン

    サブプライムローン問題に端を発する世界的な景気悪化から、ARTA、5ZIGEN、KONDO Racingの3チームが参戦を見送り、CERUMO/INGINGは前年の3台から1台に台数を減らした。一方でReal Racingを母体とした「HFDP Racing」の新規参戦はあったが、前年の20台を大きく下回る13台のエントリーに止まった。これはシリーズが開始されて以降、最小のエントリー数である。2009年のフォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 経済教室

    経済教室から見たサブプライムローンサブプライムローン

    普段は単発のテーマであるが、例えばサブプライムローン問題等の大きな事件が起きた時や地球温暖化のように多様な意見がある場合は数回に分けて複数の著者が執筆し連載を行う。経済教室 フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ・キャピタル・パートナーズ

    シティグループ・キャピタル・パートナーズから見たサブプライムローンサブプライムローン

    銀行持ち株会社の日興シティHD傘下に入ることにより、投資子会社として日米銀行法に規制され、自由な投資ができなくなるため去就が注目されていたところ、サブプライムローン問題によりシティの巨額損失が報じられ、益々去就に注目が集まったが、2016年10月11日付で閉鎖登記がなされ、解散した。シティグループ・キャピタル・パートナーズ フレッシュアイペディアより)

167件中 41 - 50件表示

「サブプライムローン」のニューストピックワード