152件中 51 - 60件表示
  • あいおい損害保険

    あいおい損害保険から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年2月17日、読売新聞で、サブプライムローン関連の損失800億円超計上と報じられた。その一方で、多大な損失額を乗り切った企業体力が評価され、株価は上昇している。あいおい損害保険 フレッシュアイペディアより)

  • シティグループ・キャピタル・パートナーズ

    シティグループ・キャピタル・パートナーズから見たサブプライムローンサブプライムローン

    銀行持ち株会社の日興シティHD傘下に入ることにより、投資子会社として日米銀行法に規制され、自由な投資ができなくなるため去就が注目されていたところ、サブプライムローン問題によりシティの巨額損失が報じられ、益々去就に注目が集まっている。シティグループ・キャピタル・パートナーズ フレッシュアイペディアより)

  • グラス・スティーガル法

    グラス・スティーガル法から見たサブプライムローンサブプライムローン

    法廃止の前年には、サブプライムローンはちょうど全ての抵当貸出の5%であった。それが、信用危機が2008年にピークに達する頃には30%近くになっていた。この相関関係が必ずしも原因の徴候であるというわけではないが、その期間の間にサブプライムローン市場に影響を与えたいくつかの他の重要な出来事があった。これらは、Mark-to-Market Accounting、バーゼル合意の実施、変動利付抵当の上昇などの採用を含む。グラス・スティーガル法 フレッシュアイペディアより)

  • AIGエジソン生命保険

    AIGエジソン生命保険から見たサブプライムローンサブプライムローン

    しかし、合併を目前に控えた2008年(平成20年)9月に、親会社であるアメリカのAIGがサブプライムローン問題の影響を受け、経営危機に至る(AIGショック)。そのため、AIGの経営再建策の1つとして、業績が良く高値で売却の見込める日本の生命保険事業3社(同社、AIGスター生命保険、アリコジャパン)を売却することが、同年10月3日に発表された。エジソン生命はAIG株を取得していない事と財務の健全性は保たれている事から、売却されても保険契約者に影響はないとされている。AIGエジソン生命保険 フレッシュアイペディアより)

  • フェデラル・ファンド金利

    フェデラル・ファンド金利から見たサブプライムサブプライムローン

    2007年9月にはサブプライム問題による世界的株安を阻止する措置として、緊急利下げが行われた。フェデラル・ファンド金利 フレッシュアイペディアより)

  • 円キャリー取引

    円キャリー取引から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2000年代に活発だった円キャリー取引では、内外の機関投資家のほか、多くの個人投資家も参加した。個人がこの取引に入る形として注目されているものに外国為替証拠金取引(FX)がある。証拠金取引では、証拠金に比べて大きな取引をすることが可能だが、それは資金を借入れているのと同じ状態である。このような円キャリー取引の拡大もあって、本来は経常収支の黒字によって円高が進行するはずの日本で、円売りが多いために逆に円安が進行した。背景には日本の金利が2006年7月の日本銀行によるゼロ金利政策の解除以降も、なお絶対的にも国際的にも相当に低い水準にあったことがある。しかし、日本の金利が上昇したり円高が進行したりすると、円キャリー取引を継続することで為替差損が拡大するリスクが高まり、取引を解消(手仕舞い)しようと早めに円を買い戻す動き(巻き戻し)が出て円高が加速され急激な円高となることが懸念された。そのため、円キャリー取引は日本銀行の金融政策の新たな制約要因となっていた。実際には、2007年のサブプライムローン問題をきっかけとした世界同時不況により円キャリー取引の解消が始まり、円は買い戻しによって他の通貨に比べて急速に高くなった。また、2008年のリーマン・ショックによって顕在化した世界的金融危機で金利差が縮小、円高に拍車をかけた。対ドルについては、2007年に1ドル110円台後半から120円台前半だったものが、2009年11月には一時84円台まで上昇した。円キャリー取引 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅金融組合

    住宅金融組合から見たサブプライムローンサブプライムローン

    今日、イギリスにおいて、住宅金融組合は、預金と住宅ローンの分野を始めとするほとんどの銀行業務で銀行と競合している。2007年現在、イギリスには60の住宅金融組合があり、3050億ポンドの資産を保有している。.なお、2007年のサブプライムローン問題の余波を受け、取り付け騒ぎを起こしたノーザン・ロックは住宅金融組合から転換された銀行である。住宅金融組合 フレッシュアイペディアより)

  • 政府支援機関

    政府支援機関から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2007年に表面化したサブプライムローン問題により、政府支援機関が発行した不動産担保証券の価値下落が懸念され、政府支援機関の資本不足が不安視された。このため、2008年9月、アメリカ合衆国政府は、政府支援機関の救済と住宅市場の安定化を図って、政府支援機関が発行した不動産担保証券の買い取りを開始した。政府支援機関 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トランプ

    ドナルド・トランプから見たサブプライム問題サブプライムローン

    2007年後半に起こったいわゆる「サブプライム問題」以降の不況を受け、社債の利子の支払い不能に陥るなど経営難に陥っていた「トランプ・プラザ」、「トランプ・マリーナ」、「トランプ・タージマハール」を経営するトランプ・エンターテイメント・リゾーツ社が、2009年2月17日に連邦破産法第11条の適用を申請した。ドナルド・トランプ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの経済

    ブラジルの経済から見たサブプライムローンサブプライムローン

    ブラジルにおいて、金融業は銀行が主役である。2007年に勃発したサブプライムローン問題以降、先進国の金融機関が破綻、あるいは事実上の国有化、自己資本の毀損を迫られる中で、もともと、国内の高金利政策を背景に、ブラジルの金融機関はサブプライムローンへの投資をほとんどしてこなかったことから、自己資本はまったく痛んでおらず、健全である。その中でも、2008年にバンコ・イタウとウニバンコが合併して誕生したイタウ・ウニバンコ、バンコ・ブラデスコ、ブラジル銀行、バンコ・サンタンデール・ブラジルが4大銀行として君臨する。2009年10月、バンコ・サンタンデール・ブラジルがニューヨーク証券取引所とBM&F Bovespaに株式を新規公開したが、調達した金額は、2009年度中の新規公開では最大規模の114億レアル(約6,000億円)であり、このことが2016年のリオデジャネイロオリンピック開催決定というタイミングとあいまって、レアルへの資金流入と金融取引税の導入を導いた。4大銀行のうち、ブラジル銀行を除く3行がニューヨーク証券取引所に米国預託証券という形で上場させている。ブラジルの経済 フレッシュアイペディアより)

152件中 51 - 60件表示

「米サブプライム住宅ローン問題」のニューストピックワード