152件中 81 - 90件表示
  • ムーディーズ

    ムーディーズから見たサブプライムローンサブプライムローン

    ムーディーズでは、米国金融危機の原因の一端であるサブプライムローン関連債権やCDO(債務担保証券)などに、最上級であるトリプルAなど高い格付けを行っていた。それらをわずか数日で一挙にジャンク格にまで格下げを行った事で市場に大混乱をもたらした。また格付けの対象である債券発行側から手数料収入を得て格付けを行っているという構造なども問題になり、金融危機を引き起こした原因の一角として米国公聴会が開かれ格付け機関の責任が問われる事態となった。ムーディーズ フレッシュアイペディアより)

  • コスギ

    コスギから見たサブプライムショックサブプライムローン

    2008年(平成20年)に起きたサブプライムショックの余波を受け、翌2009年(平成21年)2月に会社は経営破綻。3月に新たに受け皿会社が設立されると共に、事業を継承、株式会社 コスギとして再出発。基幹ブランドを減らし、現在に至っている。コスギ フレッシュアイペディアより)

  • サーキット・シティー・ストアーズ

    サーキット・シティー・ストアーズから見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年のサブプライムローン破綻をきっかけにする個人消費の冷え込みは経営を直撃。同年11月10日、連邦破産法11条の適用を申請し、事実上破綻した。身売り先を探していたが、深刻さを増した経済危機の下では交渉がまとまらず、2009年1月16日、会社清算することが発表された。1月時点で残っていた567店舗の全ては2009年3月までに閉鎖し、従業員は解雇される予定。サーキット・シティー・ストアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 仕組債

    仕組債から見たサブプライムローンサブプライムローン

    リーマン・ショック(2008.9)やサブプライムローン(2007夏)より前の文献として、芝崎百合子・山田雅章(2004)があるが、ここでも商品の特性とリスクが指摘されている。仕組債 フレッシュアイペディアより)

  • ベアー・スターンズ

    ベアー・スターンズから見たサブプライムローンサブプライムローン

    ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、メリルリンチ、リーマン・ブラザーズに次ぐ、アメリカ第5位の投資銀行・証券会社大手の1つであり、アメリカ5大証券の一角を担ったが、売上高の規模は常に5大証券中最下位であり、業界4位だったリーマン・ブラザーズと同じく、大手3社に離されまいとする焦りが、リスクを無視した投資に繋がった。2007年にアメリカにおけるサブプライムローン問題が原因で経営が急速に悪化、ニューヨーク連邦準備銀行が緊急融資を行い、2008年5月30日付けで、同業のJPモルガン・チェースに救済買収された。ベアー・スターンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008-2009シーズンのNBA

    2008-2009シーズンのNBAから見たサブプライムローンサブプライムローン

    今後もアメリカ経済の衰退が進むようであれば、このNBA選手の海外流出はさらに多くなると見られ、NBA関係者は危機感を募らせた。しかしその後サブプライムローンに端を発した金融危機は世界中に波及し、ユーロリーグに渡った元NBA選手の間では給与の遅延が発生することもあり、中にはネナド・クリスティッチのようにNBAへ舞い戻ってくる選手も現れた。2008-2009シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 西田厚聰

    西田厚聰から見たサブプライムローンサブプライムローン

    1984年に東芝ヨーロッパ社上級副社長に就任。パソコン事業の創始に携わる。1992年に東芝アメリカ情報システム社社長に就任すると、業績不振に陥ったアメリカのパソコン事業を1年で立て直す。1995年にパソコン事業部長、1997年に取締役、1998年に常務、2003年に執行役専務。パソコン事業を興した功績者として、社長候補の本命となる。2003年度にパソコン事業が赤字に転落すると、西田が手腕を発揮。2003年度第3四半期に142億円の赤字であった決算を、2004年同期に84億円の黒字に転換し、驚異的な回復を果たす。これが決め手となり、2005年6月、岡村正に代わり東芝の社長に就任した(岡村は会長に就任)。2009年3月、サブプライムローンを発端とした世界金融危機により、2009年3月期決算で2800億円の赤字に転落した結果、2009年6月の株主総会後に社長職の退任と会長への就任が発表された(後任社長には佐々木則夫が就任)。西田厚聰 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・テッパー

    デビッド・テッパーから見たサブプライムローンサブプライムローン

    リーマン・ショックやサブプライムローンによる金融危機の真っ只中だった2009年2月、米財務省が金融機関への公的注入を発表し、銀行が国有化されるのではという懸念から大幅に値崩れしていたシティグループやバンクオブアメリカといった銀行の銀行株や債権を大量に取得した。1ヵ月後の3月初頭には、これらの株はさらにその価値を下げ、紙クズ同然と化し始めたため、アパルーサの社内でも幹部との衝突が絶えなかった。しかしテッパーは自分の考えを信じ、辛抱強く保有し続けた結果、3月末には3倍ほどにその価値を増やし始め、最終的には70億ドルの利益を上げ、テッパー自身はマネージャーとして40億ドルの報酬を受け取った。この年、デビッド・テッパーは世界で最も高額の報酬を受け取ったヘッジファンドマネージャーとなった。デビッド・テッパー フレッシュアイペディアより)

  • 豊和銀行

    豊和銀行から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年9月の中間期では、取引先の経営行き詰まりによる与信費用の増大に加え、サブプライムローン問題に端を発した金融不安から、有価証券の評価・売買損失の発生、投資信託等の販売減少による役務収益の減少により、12.7億円の経常損失、12億円の純損失を計上し、自己資本比率も5.46%と低下した(いずれも単体)。なお、中間決算の発表時点では、2009年3月の通期で3億円の純利益を予想し、復配を予定している。豊和銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国通貨危機

    韓国通貨危機から見たサブプライムローンサブプライムローン

    2008年9月、その前年より燻り続けていたアメリカのサブプライムローン問題が表面化し、9月3日に韓国政府筋の韓国産業銀行(KDB)が、リーマン株のうち25%に当たる5-6兆ウォン(約5200-6300億円)で取得すると公表していた。しかし9月10日になって一転、KDBは、出資協議を打ち切った。韓国通貨危機 フレッシュアイペディアより)

152件中 81 - 90件表示

「米サブプライム住宅ローン問題」のニューストピックワード