2220件中 101 - 110件表示
  • ネイト・シルバー

    ネイト・シルバーから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    2008年11月4日の選挙後まもなく、ESPNの記者が「コール・ハメルズとフィリーズ(フィラデルフィア・フィリーズ)のことは忘れようではないか。ネイト・シルバーほどの鮮明な印象を与える秋を過ごすことの出来た野球人は皆無だ。・・・」という出だしでシルバーを取り上げた。彼はその同じ月に2冊の書籍を執筆するためにペンギン・グループUSAと、伝えられるところでは70万ドルの契約を締結した。ネイト・シルバー フレッシュアイペディアより)

  • シッコ

    シッコから見たUSドルアメリカ合衆国ドル

    仕事中に誤って指を二本切断。指をくっつける手術費用が薬指は12,000USドル、中指なら60,000USドルと言われ、中指は諦めざるを得なかった人。シッコ フレッシュアイペディアより)

  • ロビンソン R22

    ロビンソン R22から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    1973年にによって設立されたロビンソン・ヘリコプター社が開発した、複座ヘリコプターである。量産開始は1979年。取得費用と維持費用が廉価であるため、ヘリコプターのなかでも世界中でベストセラーであり、4,000機以上が販売されている。価格は約27万ドル、中古機ならば4万ドル程度で入手できる。ロビンソン R22 フレッシュアイペディアより)

  • スイス・フラン

    スイス・フランから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    スイス・フランは従来より、国際金融市場において、イギリス・ポンド、ドイツ・マルク、フランス・フランと並ぶ重要な通貨であった。欧州連合統一通貨ユーロの誕生後は、ユーロ圏に浮かぶ孤島になってしまったが、現在もなお、国際社会における永世中立国スイスの地位により、「金(地金)よりも堅い」といわれるように、世界で最も安定した国際通貨として知られており、その重要性はいささかも変わっていない。外国為替市場における取引量は、米ドル・ユーロ・日本円・英ポンドに次ぐ取引規模を有し、また国際決済通貨のひとつであるため、自国の通貨が不安定な国家では、世界との貿易に、米ドルに代わってスイス・フランが使われることも多い。スイス・フラン フレッシュアイペディアより)

  • 香港ドル

    香港ドルから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    香港ドルは、香港金融管理局によって運営され、香港は外為管理上では外国と同様の扱いになっている。1983年以降、アメリカ合衆国ドル(米ドル)に対するペッグ制(1US$対7.8HK$)を施行している。2005年5月18日から目標相場圏制度が導入されたことにより、1US$=7.75〜7.85HK$間での変動を認めた。香港ドル フレッシュアイペディアより)

  • 日本とエジプトの関係

    日本とエジプトの関係から見たUSDアメリカ合衆国ドル

    1998年から2002年にかけて、日本は35億ドル以上をエジプトに資金提供した。2002年には、日本とエジプトの間の貿易額が1億ドルを超えた。日本は救急車や橋、王家の谷のビジターセンターなどを提供している。日本とエジプトの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 政府開発援助

    政府開発援助から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    日本は敗戦後の1946年から1951年の間に、アメリカの「占領地域救済政府資金」 (GARIOA) と「占領地域経済復興資金」 (EROA) から約50億ドルのODAを受けた。カナダ、メキシコ、チリ、ブラジル、アルゼンチン、ペルーなどからも生活物資や食料などが援助された。1953年には、世界銀行から多国間援助である有償資金を使用し、東海道新幹線、東名高速道路、黒部川第四発電所などを建設(1990年に完済)。こういった経験から現在の日本の政策が、ダム建設などのインフラ整備に重点を置いているとも言われる。政府開発援助 フレッシュアイペディアより)

  • CFMインターナショナル CFM56

    CFMインターナショナル CFM56から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    努力は、拒絶後数ヶ月にわたって続き、1973年のニクソン大統領とポンピドゥー大統領のレイキャヴィークでの首脳会談の議題になる原動力になった。この時の交渉の結果、CFM56の開発に向けた合意がなされた。機密技術であるにもかかわらず、アメリカで生産された、GEが軍用のF101を元に開発したエンジンのコアをフランスに運び、新開発のエンジンの原型にする事を保障する合意が形成された。同様に、アメリカ政府によるF101 エンジンのコアの開発費の償還として、アメリカ政府に$8,000万ドル(計算によると、エンジン1基につき$2万ドル)支払う事が、合弁事業において合意された。2007年に機密解除された文書によると、CFM56輸出協定の重要な要素として、フランス政府がヨーロッパに輸入されるアメリカの航空機に対する関税を求めないことに合意した事が明らかになった。CFMインターナショナル CFM56 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    世界貿易の約20%に達するそのシェアは、アジア通貨危機後の一時期を除けば、1987-1988年、1994-1995年、2000年という3度の世界経済高成長期に対応した急速な拡大をはじめとして全体的に増加傾向にあり、とりわけ中国については1980年から2003年の間に貿易が20倍以上も増加、2003年の輸出入総額が対前年比37.1%増の8521億1000万米ドルになるなど、その上昇が顕著になっている。また、中国ほどではないものの、いわゆるCLMV諸国に数えられるカンボジアやベトナムでも貿易の伸びが際立っている。東アジア共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 金本位制

    金本位制から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    1934年に、アメリカは金の買上げ価格を1オンス=35ドルと定め、この価格で外国通貨当局に対し金を引き渡す措置をとるようになった。第二次世界大戦後、米ドル金為替本位制を中心としたIMF体制(いわゆるブレトン・ウッズ体制)が創設された。他国経済が疲弊する中、アメリカは世界一の金保有量を誇っていたので、各国は1オンス=35ドルの平価で金と結びつけられたアメリカの通貨米ドルとの固定為替相場制を介し、間接的に金と結びつく形での金本位制となったのである。金本位制 フレッシュアイペディアより)

2220件中 101 - 110件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード