2220件中 11 - 20件表示
  • ジンバブエ・ドル

    ジンバブエ・ドルから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    2015年に自国通貨を破棄し、通貨発行が停止し、アメリカ合衆国ドルや南アフリカランドといった、他の国家が発行した法定通貨での商取引が行われている。ジンバブエ・ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・エキスプレス

    アメリカン・エキスプレスから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    2007年9月には、銀行部門の子会社であるアメリカン・エキスプレス・バンクを、イギリスの大手商業銀行であるスタンダード・チャータード銀行に8億6000万米ドルで売却した。アメリカン・エキスプレス フレッシュアイペディアより)

  • バルボア (通貨)

    バルボア (通貨)から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    導入時以来、常に1USドル=1バルボアに固定されている。バルボア紙幣は存在せず、流通しているのはUSドル紙幣のみであり、それをバルボアという名称で使用している。硬貨は1センテシモ、5センテシモおよび1/10バルボア、1/4バルボア、1/2バルボア、1バルボア、2バルボア硬貨が発行されている。1バルボア、2バルボア硬貨以外は、大きさ・材質でUSドルの1、5、10、25、50セント硬貨とまったく同じでありデザインのみ異なる。パナマ国内ではアメリカ合衆国のセント硬貨もパナマ発行の硬貨と併用されており全く区別無く使用することが可能であるが、アメリカ合衆国内ではパナマ発行の硬貨は通貨としての効力は持たない。バルボア (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの経済

    ウズベキスタンの経済から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    以下の図は国際通貨基金試算によるウズベキスタンの国内総生産 (GDP) の変化を表したものである。図表においては消費者物価指数(CPI) とウズベキスタン中央銀行のデータによる年度末の米ドルとの換金レートをインフレの指標として用いている。2006年の購買力平価によると、米ドルとの換金レートは340スムである。ウズベキスタンの経済 フレッシュアイペディアより)

  • のりゆきのトークDE北海道

    のりゆきのトークDE北海道から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    札幌中心部にある商業施設サッポロファクトリーのアトリウムで行われるゲームコーナー。抽選で選ばれた素人女性3人が大きなアクリル製の球に入ったドル札をつかみ取り、制限時間いっぱいになったところで球から出し、かごに入れる(その際、つかんでいてもかごに入れる前に床に落ちたドル札は無効となる)。つかんだドル札は「数え隊」という男性3人組が数える。一番金額が多かった人がつかんだドルを円に換算した賞金を獲得し、残り2人もその日PRをしたサッポロファクトリーのお店から提供された賞品をもらえる。球に入っているドル札はほとんどが1ドル札であるが、少ないながら5ドル札・10ドル札も入っているため実際に数えてみないと勝負はわからない。なお、「数え隊」のメンバーは全員北海道大学の学生(主に浪人生)である。かつては札幌駅のショッピングモール「パセオ」の「水の広場」で行われていたが、2009年11月から移動した。のりゆきのトークDE北海道 フレッシュアイペディアより)

  • ジャララバード州

    ジャララバード州から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    輸出額: 0.871億ドル (2008)ジャララバード州 フレッシュアイペディアより)

  • 円相場

    円相場から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    特に、米ドルやユーロとの比較によって示され、その中でも、米ドルに対する円の相対価値を示すことがある。円相場 フレッシュアイペディアより)

  • ブレトン・ウッズ協定

    ブレトン・ウッズ協定から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    ブレトン・ウッズ協定(ブレトン・ウッズきょうてい、)とは、第二次世界大戦後半の1944年7月、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州ブレトン・ウッズで開かれた連合国通貨金融会議(45ヵ国参加)で締結され、1945年に発効した国際金融機構についての協定である。「アメリカ合衆国ドルを基軸とした固定為替相場制」であり、1オンス35USドルと金兌換によってアメリカのドルと各国の通貨の交換比率(為替相場)を一定に保つことによって自由貿易を発展させ、世界経済を安定させる仕組みであった。この体制は1971年のニクソンショックまで続き、戦後の西側諸国の経済の復興を支えた。この協定に基づいて確立した体制のことをブレトン・ウッズ体制という。ブレトン・ウッズ協定 フレッシュアイペディアより)

  • 原油価格

    原油価格から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    各産油国に複数の価格指標がある。2000年代終盤時点において原油の国際価格動向に大きな影響を持っているのはアメリカのウェスト・テキサス・インターミディエイト(West Texas Intermediate, WTI) の先物価格であるが、2010年代初頭にはイギリスのブレント原油(Brent Crude)の先物価格が比重を増してきている。国際取引での単位は1バレル(158.9873リットルで、通常は約159リットル)当たりのアメリカ合衆国ドル ($/bbl) で表記される。日本国内向けでは1キロリットルあたりの日本円(円/kl)で表記される。原油価格 フレッシュアイペディアより)

  • レンピラ (通貨)

    レンピラ (通貨)から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    レンピラは、これまで使用されていたペソと同価で1931年に導入された。1980年代の末頃に2レンピラが1米ドルに相当していたため、20センタボ硬貨を10セント硬貨と同じようにダイム(daime、英語での綴りとは違う)と呼ぶようになった。レンピラ (通貨) フレッシュアイペディアより)

2220件中 11 - 20件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード