1387件中 11 - 20件表示
  • のりゆきのトークDE北海道

    のりゆきのトークDE北海道から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    札幌中心部にある商業施設サッポロファクトリーのアトリウムで行われるゲームコーナー。抽選で選ばれた素人女性3人が大きなアクリル製の球に入ったドル札をつかみ取り、制限時間いっぱいになったところで球から出し、かごに入れる(その際、つかんでいてもかごに入れる前に床に落ちたドル札は無効となる)。つかんだドル札は「数え隊」という男性3人組が数える。一番金額が多かった人がつかんだドルを円に換算した賞金を獲得し、残り2人もその日PRをしたサッポロファクトリーのお店から提供された賞品をもらえる。球に入っているドル札はほとんどが1ドル札であるが、少ないながら5ドル札・10ドル札も入っているため実際に数えてみないと勝負はわからない。なお、「数え隊」のメンバーは全員北海道大学の学生(主に浪人生)である。かつては札幌駅のショッピングモール「パセオ」の「水の広場」で行われていたが、2009年11月から移動した。のりゆきのトークDE北海道 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ橋

    アメリカ橋から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    もとはサッチャー・フェリー橋(Thatcher Ferry Bridge)という名称であった。1962年に2,000万ドルの巨費を投じて架けられたこの橋は、2004年にセンティニアル橋が架けられるまで、南北アメリカ大陸を結ぶ唯一の橋であった。アメリカ橋 フレッシュアイペディアより)

  • バルボア (通貨)

    バルボア (通貨)から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    導入時以来、常に1USドル=1バルボアに固定されている。バルボア紙幣は存在せず、流通しているのはUSドル紙幣のみであり、それをバルボアという名称で使用している。硬貨は1センテシモ、5センテシモおよび1/10バルボア、1/4バルボア、1/2バルボア、1バルボア、2バルボア硬貨が発行されている。1バルボア、2バルボア硬貨以外は、大きさ・材質でUSドルの1、5、10、25、50セント硬貨とまったく同じでありデザインのみ異なる。パナマ国内ではアメリカ合衆国のセント硬貨もパナマ発行の硬貨と併用されており全く区別無く使用することが可能であるが、アメリカ合衆国内ではパナマ発行の硬貨は通貨としての効力は持たない。バルボア (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • チャット (通貨)

    チャット (通貨)から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    公定レートはSDRにペッグしている。(1USドル = 5.2チャット、2008年2月末時点)チャット (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • ミケーレ・シンドーナ

    ミケーレ・シンドーナから見たアメリカドルアメリカ合衆国ドル

    その後1974年4月にミラノの株式市場が暴落し、「シンドーナ・ショック」と呼ばれた。その結果シンドーナが経営していたウニオーネ銀行とプリバータ・フィナンツァリア銀行の経営が悪化し、2行を合併させプリバータ・イタリアーナ銀行とさせたが、同年9月には3億アメリカドルを超える負債を抱えていたことが判明し整理に追い込まれた。同じくシンドーナが経営権を持っていたアメリカのフランクリン・ナショナル・バンクも同時に経営状況が悪化したことを受けて、イタリアの財政局がシンドーナに対し横領罪での調査を進めた。ミケーレ・シンドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ポンティアック・GTO

    ポンティアック・GTOから見た米ドルアメリカ合衆国ドル

    ユーザーはル・マンの価格に296米ドルを上乗せする事で、389立方インチの325馬力V型8気筒エンジンに、カーター製4バレル単装キャブレターとデュアルエグゾースト、クロームメッキ(:en:Chrome_plating)されたバルブカバーとエアクリーナーボックス、7枚羽のファンクラッチ(:en:Fan_clutch)付き冷却ファン、フロアシフトの3速マニュアルトランスミッション及びハースト・パフォーマンス(:en:Hurst_Performance)製シフトレバー、より固いスプリング、より大径のフロントスタビライザー、幅広ホイールと7.50×14インチのワイドタイヤ、二連エアスクープ付きボンネットとGTOエンブレム付きフロントグリルを装備した、ごく基本的なGTOを購入できた。ポンティアック・GTO フレッシュアイペディアより)

  • ターラー (通貨)

    ターラー (通貨)から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    ターラー(ターレル、Thaler、Talerとも)は16世紀以来数百年にわたりヨーロッパ中で使われていた大型銀貨。その名残は、現在もアメリカ合衆国ドルをはじめとするドル(dollar)や、2007年までスロベニアで使われていたトラール(tolar)などの通貨名に残る。ターラー (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • フランス・フラン

    フランス・フランから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    フランス本土のほか、ニューカレドニア・フランス領ポリネシア・ウォリス・フツナを除く海外領土、およびモナコとアンドラで通用していた。アメリカドル、ドイツマルク、日本円、イギリスポンドに次ぐ準備通貨のひとつであったが、ユーロの導入により、2002年までに通貨としての役割を終えた。フランス・フラン フレッシュアイペディアより)

  • イギリスにおける1946-1947年の冬

    イギリスにおける1946-1947年の冬から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    3月中旬になると、英国に暖気が訪れ、国中に積もった雪を融かした。この雪解け水は、凍土を流れて真っすぐ河川に向かい、大規模洪水を引き起こした。10万以上の土地が影響を受け、軍や対外援助諸機関は人道援助の提供を余儀なくされた。寒波が治まり地表の雪が融けるにつれて、天候の問題は終息していった。この冬、英国産業は深刻な影響を受けた。この年の工業生産は約10%減少した。穀物とジャガイモの生産は10?20%落ち込み、羊の4分の1が失われた。与党労働党は支持を失い始め、1950年の選挙では多数の議席を保守党に奪われた。英国はポンドを4.03ドルから2.80ドルにたり、超大国の地位から転落したり、大戦で荒廃した欧州への支援策であるマーシャル・プランを受け入れたりしたが、これらの一因もこの厳冬にあるとされている。他の欧州諸国への影響も深刻で、ベルリンでは寒さと飢えで150人が死亡した。オランダでは内政が混乱し、アイルランドでは企業の操業停止が生じた。イギリスにおける1946-1947年の冬 フレッシュアイペディアより)

  • インヴァソール

    インヴァソールから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    2歳のときにインヴァソールはアルゼンチンに訪れていたパブロ・エルナンデスの3兄弟に目をつけられ、クラウザン牧場の所有者と交渉を行った。最初の提示額は米ドルにして25000ドルという額であったが、最終的には20000ドルで交渉は成立、インヴァソールはエルナンデスの兄弟に購入された。ウルグアイへと渡ったインヴァソールはマロナス競馬場に送られ、アニバル・サンマルティン調教師に預けられた。インヴァソール フレッシュアイペディアより)

1387件中 11 - 20件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード