2220件中 21 - 30件表示
  • ユタ州立大学

    ユタ州立大学から見たUSドルアメリカ合衆国ドル

    2008年現在、教育・研究力の向上を目的として、寄付による200百万USドル(2008年現在の換算で約210億円)の資金調達を骨子とした三ヵ年計画でのキャンペーンを2007年(準備が開始されたのは2003年)より実施している1。開始から1年で目標額に達したため、2008年に目標額が400百万USドルに変更された。また、メインキャンパス全域で無線LANを利用できるようにする整備計画が予定されており2、さらに、現メインキャンパスの北側に面する土地約80ヘクタール(200エーカー)を新たなキャンパスとして開発する「Innovation Campus」計画も予定されている34。この新しいキャンパスには他大学や民間企業との共同研究施設も建設される予定である。また、自然資源学部を中心に、保水性の改善や多種多様な植生実現を目的としてキャンパス内の再緑化が行われつつある。教育福祉学部は新校舎の建設を完了し、農学部は新校舎を現在建設中である。ビジネススクールも、メインキャンパス現校舎の南に新校舎の建設(現校舎とは連絡通路を建設予定。南に隣接する数学&統計学科のLund Hallは取り壊され、Quad広場に接する地質学科のビルが代わりに譲渡される予定)とカリキュラムの再編を決定した。ユタ州立大学 フレッシュアイペディアより)

  • A-4 (航空機)

    A-4 (航空機)から見たUSドルアメリカ合衆国ドル

    1965年、オーストラリア海軍は空母「メルボルン」に搭載するデ・ハビランド シーベノムの後継艦載機として、14機のS-2E トラッカーと共に、新造機のA-4G 8機とTA-4G 2機を計4600万USドルで発注し、1967年に受領した。更に1971年には、A-4G 8機とTA-4G 2機を追加導入するが、これは旧米海軍のA-4EとTA-4Fを改修した機体であった。A-4 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • コソボ紛争

    コソボ紛争から見たアメリカ・ドルアメリカ合衆国ドル

    これらに加えて、コソボの経済状態の悪化が不安定化に拍車をかける要因となった。コソボの経済状態の悪化によってコソボのセルビア人は同地で職にありつく機会は失われていった。アルバニア人、セルビア人ともに、新しく労働者を採用する際には同じ民族の者を優遇したが、求職の数そのものが人口に対して極端に少ない状態となった。終局には、アルバニア人を自称している者の中に多くのイスラム教の信仰を持つようになったロマが含まれていると信じられるに至った。コソボはユーゴスラビアの中で最も貧しく、1979年の時点で一人当たりGDPは795ドルであった。これに対してユーゴスラビア全土での平均は2635ドル、最も豊かなスロベニアでは5315ドルであった。コソボ紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 円 (通貨)

    円 (通貨)から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    長らく日本においてのみ法定通貨とされていたが、2014年1月よりジンバブエの法定通貨の1つに加えられた。これにより同月より日本円を法定通貨とする国は2カ国となっている。なお、ジンバブエでは日本円の他に米ドル、ユーロ、英ポンド、南アフリカ・ランド、ボツワナ・プラ、中国人民元、インド・ルピー、豪ドルも法定通貨として導入されている。円 (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ橋

    アメリカ橋から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    元々はサッチャー・フェリー橋()という名称であった。1962年に2,000万ドルの巨費を投じて架けられたこの橋は、2004年にセンティニアル橋が架けられるまで、南北アメリカ大陸を結ぶ唯一の橋であった。アメリカ橋 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓通貨スワップ

    日韓通貨スワップから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    2011年10月、財務省(外国為替資金特別会計)と韓国銀行間で新たに締結された米ドル・自国通貨の通貨スワップ、限度額300億ドル、2012年10月末までの時限措置。ドル・自国通貨となっているが、実質米ドル・韓国ウォンの通貨スワップ。国際通貨基金(IMF)の関与はない。2012年10月31日をもって終了。日韓通貨スワップ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・シンプソンズ

    ザ・シンプソンズから見たUSドルアメリカ合衆国ドル

    本作は放送開始直後から様々な論議を引き起こしており、当時、バートが様々な迷惑行為を起こしても全く罰を受けないところは、一部の保守的な人々や子供を持つ親達に行儀の悪い子供の手本であると挙げられた。また、当時アメリカ大統領だったジョージ・H・W・ブッシュは、「我がアメリカ合衆国の家族とは、シンプソンのような家族ではなく、ウォルトン(:en:The Waltons)のような家族の強い絆で結ばれたものでなければならない」と述べている。いくつかの公立学校で本作が使用されている製品やTシャツが禁止された。だが、そのような禁止令などが出たにもかかわらず、本作のキャラクターグッズは最初の発売から14か月間で20億USドルを売り上げた。ザ・シンプソンズ フレッシュアイペディアより)

  • ベトナム戦争

    ベトナム戦争から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    また一般市民も、南ベトナム政権の崩壊が避けられないと察し、南ベトナムの通貨であるピアストルを、金・ダイヤモンド・アメリカ合衆国ドルに交換したため、ピアストルの通貨価値が暴落した。ベトナム戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    かつてはアメリカ合衆国とウズベキスタンの関係は良好であった。2004年にはアメリカ合衆国はウズベキスタンに軍事費の約4分の1に当たる5億USドルを援助、ウズベキスタン政府はアメリカ合衆国軍によるアフガニスタンへの空軍軍事作戦に際しカルシ・ハナバード空軍基地の使用を許可していた。ウズベキスタンはアメリカ合衆国の掲げる世界規模の反テロ戦争の積極的な支持者であり、アフガニスタンとイラクの両地域において支援作戦を展開していた。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • 二千円紙幣

    二千円紙幣から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    2013年(平成25年)の流通枚数は約1億枚で、五千円紙幣の1/6以下にとどまっている。日本銀行は二千円紙幣の利便性を主張している。なお、二千円紙幣にゆかりの深い沖縄県では、盛んに普及キャンペーンが行われたこと、本土復帰以前は20ドル札を含む米ドル紙幣が法定通貨であったこともあり、流通量は上昇傾向にあり、他都道府県に比べて高くなった。二千円紙幣 フレッシュアイペディアより)

2220件中 21 - 30件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード