2220件中 31 - 40件表示
  • スティーブ・ジョブズ

    スティーブ・ジョブズから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    CEOに就任して以来、基本給与として、年1米ドルしか受け取っていなかったことで有名であり(実質的には無給与であるが、この1ドルという額は、居住地のカルフォルニア州法により、社会保障番号を受けるために給与証明が必要なことによる)、このため「世界で最も給与の安い最高経営責任者」とも呼ばれた。しかし、無報酬ではなくアップルから莫大なストックオプションやビジネスジェット機などを得ている。2006年に、ピクサーをディズニーが買収したことにより、ディズニーの個人筆頭株主となり、同社の役員に就任したが、ディズニーからの役員報酬は辞退していた。スティーブ・ジョブズ フレッシュアイペディアより)

  • F-35 (戦闘機)

    F-35 (戦闘機)から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    アメリカ空軍・海軍・海兵隊、イギリス空軍・海軍、トルコ空軍、航空自衛隊、ノルウェー空軍などが採用を決定している。アメリカ軍はF-35を2,443機配備することを予定しており、さらに現在F-16などの旧世代戦闘機を使用している国でも採用される可能性が高いため、最終的な製造数は5,000機以上にのぼることも予測されている。しかし開発の遅延や当初予定より大幅なコスト高などの課題も抱え、2014年3月時点で開発総額は3,912億ドル(40兆円)に達すると判明している。一方で今後半世紀程は世界中の空軍や海軍で各仕様が運用されることが決まっており、オーストラリア空軍などは既にF-35Aを受領している。2016年1月にはイギリス海軍に、アメリカ以外では初のF-35Bが引き渡され、今後もA型を中心に順次各国へ引き渡される。F-35 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン

    フォルクスワーゲンから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    フォルクスワーゲンは、今後、アメリカ国内だけでも、自動車1台に付き3万7,500米ドルの制裁金を課せられ、最大180億ドル(約2兆1600億円)となる巨額の制裁金や、刑事訴追を受ける可能性もある。また大規模なリコールが予想され、同社は65億ユーロ(73億$)を引き当てている。フォルクスワーゲン フレッシュアイペディアより)

  • アジア通貨危機

    アジア通貨危機から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    日本、台湾、フィリピンを除くアジアの殆どの国家は、米ドルと自国通貨の為替レートを固定する「ドルペッグ制」を採用していた。それまではドル安の状態で、比較的通貨の相場は安定していた。また欧米諸国は、固定相場制の中で金利を高めに誘導し、利ざやを求める外国資本の流入を促し資本を蓄積していた。一方でアジアは、輸出需要で経済成長するという成長システムを採用していた。中でもタイ王国は、このパターンの典型的な成長システムであり慢性的な経常赤字であった。アジア通貨危機 フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー ブランプトン工場

    クライスラー ブランプトン工場から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    2007年7月19日にクライスラー・グループは、ヨーロッパ市場へ投入するLXプラットフォーム車の準備のために生産設備へ5億USドルの投資を行うと同時にクライスラー・300、ダッジ・マグナム、ダッジ・チャージャーの改良のために120億USドルの投資をブランプトン工場に行うと発表した。クライスラー ブランプトン工場 フレッシュアイペディアより)

  • クロス円

    クロス円から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    クロス円(クロスえん)は、外国為替証拠金取引における通貨ペアの内、米ドル以外の通貨と、日本円のペア。米ドルと日本円のペア(ドル円)はドルストレートと呼ばれる。クロス円 フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・LHS

    クライスラー・LHSから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    最高級の豪華さと堅実な性能を併せ持つことでその生産期間中に高い評価を得ていたLHSは市場で数千USドル高価な他社の車と競合することとなった。第1世代のLHSはヨーロッパの高級車を強く想起させる高い完成度(豪華さと性能の両面で)を実現していた。多くの自動車ジャーナリストは、クライスラーのフラッグシップはドイツ車の何かと見紛うばかりであると述べた。これはクライスラー社がダイムラー・ベンツ社と提携する僅か数年前のことであった。クライスラー・LHS フレッシュアイペディアより)

  • Software Freedom Law Center

    Software Freedom Law Centerから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    Software Freedom Law Center (SFLC)は、フリーソフトウェア/オープンソースソフトウェアを非営利的に開発する開発者のために、プロボノで法的代理人や関連するサービス提供を行う組織である。2005年2月にエベン・モグレンを代表者(議長; Chairman)として発足した。発足当初Open Source Development Labs(OSDL; 現Linux Foundation)は400万米ドルもの資金援助を約束していた。Software Freedom Law Center フレッシュアイペディアより)

  • タスカー

    タスカーから見たUSドルアメリカ合衆国ドル

    1929年、ビール製造過程が輸入品の麦芽エキスの代わりにオオムギの麦芽を使用した製造へと変更されたことにより味と色に大きな進歩が生まれ、当時の金額で最低でも年間約1,240ドルの利益をもたらした。2012年の純利益は、2011年から年間2%のインフレ率を前提とすると、約56,220ドルとなっている。タスカー フレッシュアイペディアより)

  • アストラ・インターナショナル

    アストラ・インターナショナルから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    アストラ・インターナショナルは長年に渡り自動車生産と運輸事業を中核事業としており、この事業は2012年時点で188兆IDR(197億ドル)の総売上高の約52%を占めるなど未だに大きな割合を保っている。21世紀初のインドネシア輸入市場の開場、特にASEAN経済共同体の参加国の同業者による参加はアストラに体制の見直しを迫ることとなっている。アストラ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

2220件中 31 - 40件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード