2220件中 41 - 50件表示
  • ミケーレ・シンドーナ

    ミケーレ・シンドーナから見たアメリカドルアメリカ合衆国ドル

    その後1974年4月にミラノの株式市場が暴落し、「シンドーナ・ショック」と呼ばれた。その結果シンドーナが経営していたウニオーネ銀行とプリバータ・フィナンツァリア銀行の経営が悪化し、2行を合併させプリバータ・イタリアーナ銀行とさせたが、同年9月には3億アメリカドルを超える負債を抱えていたことが判明し整理に追い込まれた。同じくシンドーナが経営権を持っていたアメリカのフランクリン・ナショナル・バンクも同時に経営状況が悪化したことを受けて、イタリアの財政局がシンドーナに対し横領罪での調査を進めた。ミケーレ・シンドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツの経済

    ドイツの経済から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    ドイツの経済()はヨーロッパ一、世界でも非常に発達した市場の一つである。アメリカ合衆国ドルの為替レートでは世界で4番目、購買力平価 (PPP) ベースのGDPでは世界で5番目の規模となっている。ドイツの経済 フレッシュアイペディアより)

  • アンティル・ギルダー

    アンティル・ギルダーから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    かつてはオランダ領アンティルで使用されていたが、キュラソーとシント・マールテンの自治領離脱に伴いオランダ領アンティルが解体されたことを受けてオランダ本国の特別自治体となったBES諸島(ボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島)では2011年に使用が停止され、現在は米ドルが使用されている。アンティル・ギルダー フレッシュアイペディアより)

  • バトケン州

    バトケン州から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    輸出額: 1470万ドル (2008)バトケン州 フレッシュアイペディアより)

  • 東カリブ・ドル

    東カリブ・ドルから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルにペッグしており、為替レートは1米ドル=2.70東カリブ・ドル(1976年7月7日より固定)。東カリブ・ドル フレッシュアイペディアより)

  • ケツァル

    ケツァルから見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    1987年まで米ドルとペッグを維持し、ほぼ1米ドル=1ケツァルであった。現在は変動相場制に移行している。ケツァル フレッシュアイペディアより)

  • テルアビブ証券取引所

    テルアビブ証券取引所から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    2007年11月にTASEとが2つの市場間の関係を正式にする了解覚書にサインし、2市場間のコミュニケーション手段を発展させ、双方の市場で承認された企業の株式のより強固な取引を促進するよう取り掛かった。1 NASDAQはその時70社のイスラエル企業が600億米ドル以上の世界的時価総額とともに取引所に上場した。 23テルアビブ証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ヘレナ (モンタナ州)

    ヘレナ (モンタナ州)から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    1888年までには、およそ50人の億万長者がヘレナの町に住んでいた。この頃人口当たりの億万長者の数は世界一であった。ラスト・チャンス・ガルクからは現在の36億米ドル相当の砂金が20年以上にわたって採掘された。ラスト・チャンス砂金採掘場はアメリカ西部で最も有名な採掘場であった。ヘレナ (モンタナ州) フレッシュアイペディアより)

  • 南北交流

    南北交流から見たアメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国ドル

    陸路観光は束草市の北にある江原道高城郡の南北出入事務所前からバスに乗車し金剛山へ向かい、またバスで戻ってくる形で行われている。北朝鮮と韓国は互いに公式には国家として認めていないため、査証や旅券は必要ないが、代わりに観光証を代用として使用している(但し韓国人以外は旅券も必要)。また北へ向かうための「出入手続」がある(出入国手続ではない)。料金は2泊3日で30万ウォン(約3万円)くらいからあるが、季節や宿泊施設の等級によってはもっと高くなる。ちなみに観光客一人当たり一定額の観光料を北朝鮮側に支払うことになっており、2泊3日の場合の観光料は80ドルである。金剛山ではハイキングの他に温泉や海水浴、更には北朝鮮のサーカスや歌といった観光メニューがある。金剛山内での通用貨幣はアメリカドルであり、韓国ウォンは使えない。またセントは使われず、最低単位が1ドルのため、韓国より物価が高くなっている。南北交流 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・カルヴィ

    ロベルト・カルヴィから見たアメリカドルアメリカ合衆国ドル

    しかし、1974年にシンドーナが経営していたプライベートバンクが、3億アメリカドルを超える負債を抱え経営が悪化したことや、同じくシンドーナが経営権を持っていたアメリカのフランクリン・ナショナル・バンクも同時に経営状況が悪化したことを受けて、イタリアの財政局がシンドーナに対し横領罪での調査を進めた。シンドーナは逮捕を逃れるべくアメリカへ逃亡したものの、1976年にニューヨークで逮捕され23件に上る横領罪で起訴された。ロベルト・カルヴィ フレッシュアイペディアより)

2220件中 41 - 50件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード