132件中 91 - 100件表示
  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たジンバブエ

    ジンバブエ:ハイパーインフレーションに伴い、2009年以降自国通貨ジンバブエ・ドルの発行を停止、USドルや南アフリカ・ランドなど複数の通貨を公的に使用している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たリエル

    カンボジア:独自の通貨(リエル)があるが都市部では米ドルが優位に流通している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た大韓民国ウォン

    北朝鮮の開城工業地区、金剛山では、その特殊性から、北朝鮮ウォン、韓国ウォンとも使えず、米ドルもしくはユーロ紙幣が流通している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た金剛山 (朝鮮)

    北朝鮮の開城工業地区、金剛山では、その特殊性から、北朝鮮ウォン、韓国ウォンとも使えず、米ドルもしくはユーロ紙幣が流通している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た鹿

    米口語ではドルの代りにバック () が使われることも多い。たとえば、""と言わずに、""と表現される。""とは、かつてインディアン(ネイティブ・アメリカン)が白人と取引する際に貨幣の代わりに鹿の皮 () を使ったことに由来する。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た鍍金

    1セント, 1793年‐1942年、1943年(亜鉛鍍金のスチール)、1944年‐1982年(銅)アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た日本

    しかし、戦火によって荒廃していたヨーロッパや日本の復興は、アメリカ合衆国の経済的優位を揺るがし、1960年代に入ると、これら各国へのドルの流出によるドルの地位低下が深刻なものとなった。こうした情勢を受け、アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンは、1971年8月15日にアメリカ合衆国ドルと金との兌換停止を電撃的に発表し、アメリカ合衆国ドルは金本位制を放棄し、管理通貨制度へと移行した。これは第二次ニクソン・ショック、またはドル・ショックと呼ばれ、ブレトン・ウッズ体制は、これにより崩壊した。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たイン・ゴッド・ウィー・トラスト

    2014年時点で、支払いがなされている紙幣は以上である。いわゆる「グリーンバック」と呼ばれる紙幣で、このうち、2ドル紙幣以外は多数流通している。1ドルおよび2ドル紙幣は、2世代前のデザインである。全ての紙幣には「イン・ゴッド・ウィー・トラスト」と書かれている。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たスミソニアン協定

    これを受けて、新たな国際通貨体制が模索され、1971年12月18日には、ドルと各国通貨との交換レート改定を柱とするスミソニアン協定が、国際通貨基金の10カ国グループ(G10)の間で結ばれ、固定相場制の維持が図られたが、ドルの価値減少は止まらず、各国は相次いで変動相場制に移行し、1973年にはスミソニアン体制は完全に崩壊した。ただし、こののちもアメリカ・ドルの基軸通貨としての地位は変わらず、世界で最も流通する通貨の地位を保っている。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た朝鮮民主主義人民共和国ウォン

    北朝鮮の開城工業地区、金剛山では、その特殊性から、北朝鮮ウォン、韓国ウォンとも使えず、米ドルもしくはユーロ紙幣が流通している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード