71件中 11 - 20件表示
  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たスターリング・ポンド

    イギリス領インド洋地域(イギリス領):UKポンドとあわせてUSドルも合法的に流通している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たアメリカ同時多発テロ事件

    為替相場では「有事のドル買い」と呼ばれ、有事(戦争・紛争など)が起こった場合、基軸通貨である米国ドルを買っておけば安心であるという経験則がある。ただし、アメリカが攻撃を受けた2001年のアメリカ同時多発テロ事件では、米国ドルは下落した。また、それ以降は有事はアメリカの対テロ戦争に繋がっていることが多いため、逆に「有事のドル売り」(円・ユーロの高騰)となることがしばしばある。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た

    20ドル, 33.43g (30g) 1849年‐1933年アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たユーロ

    為替相場では「有事のドル買い」と呼ばれ、有事(戦争・紛争など)が起こった場合、基軸通貨である米国ドルを買っておけば安心であるという経験則がある。ただし、アメリカが攻撃を受けた2001年のアメリカ同時多発テロ事件では、米国ドルは下落した。また、それ以降は有事はアメリカの対テロ戦争に繋がっていることが多いため、逆に「有事のドル売り」(円・ユーロの高騰)となることがしばしばある。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た連邦準備銀行

    先述のとおりアメリカ合衆国ドル紙幣の発券管理は連邦準備制度が集中的に行っているが、法令上、個々の紙幣はアメリカ国内に12行ある連邦準備銀行が個々に発行している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たヨドバシカメラ

    日本においては、在日米軍施設内などで使用が可能であり、沖縄県ほか米軍基地の存在する地域では一般商店で使用可能なことも多い。それ以外にも旅行者向けに「ドル支払い受け付けます」としている店舗も存在する(ヨドバシカメラなど)が、広範囲の地域の経済通貨として使用されているわけではなく、同様の例は世界中に膨大に存在するため個々の例示は割愛する。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た

    1ドル, 26.73g (24g) 1794年‐1935年、1971年‐1975年(Sミントマークのみ銀品位40%)アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たアメリカ合衆国造幣局

    紙幣製造は製版印刷局と合衆国造幣局によって行われ、1日あたり6億5000万ドル相当の紙幣と硬貨が製造されている。従業員数は合計で5000人を超える。印刷工場はアメリカ国内に2ヶ所存在する。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たニュージーランド・ドル

    通貨単位の呼称としての「ドル」は、カナダ・ドル、香港・ドル、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドルなどようにいくつかの国や地域で用いられている呼称であるが、単に「ドル」と言った場合、このアメリカ合衆国ドルを指すことが多い。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た決済

    アメリカ合衆国ドルは、その信頼性からしばしばアメリカ合衆国の国外でも使われ、特に輸出入など国際的な商取引の決済に多く使用されている基軸通貨である。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード