132件中 21 - 30件表示
  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たアメリカ国債

    こうしてアメリカ・ドルは発足したが、特に中央銀行に関しては反対が強く、創設と失効を繰り返した。1791年に創設された第一合衆国銀行は1811年までの20年の免許制であったが、財務長官アルバート・ギャラティンの強い反対にもかかわらず免許は更新されず、同年に消滅してしまった。この結果、同時期に勃発した米英戦争における経済負担の増加にアメリカ政府は耐えることができず経済混乱が起こったので、ジェームズ・マディソン大統領とアレクサンダー・J・ダラス財務長官によって第二合衆国銀行が1817年に創設された。しかしこれも20年の免許制であり、アンドリュー・ジャクソン大統領が存続に反対したことで1836年には免許が失効してしまった。この第二合衆国銀行の縮小と消滅は1837年恐慌の一因となった。また、これ以後中央銀行の再建は長く行われず、個々の銀行等がアメリカ国債や金準備を使ってドル紙幣を発行する状態が長く続いた。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た国際通貨基金

    これを受けて、新たな国際通貨体制が模索され、1971年12月18日には、ドルと各国通貨との交換レート改定を柱とするスミソニアン協定が、国際通貨基金の10カ国グループ(G10)の間で結ばれ、固定相場制の維持が図られたが、ドルの価値減少は止まらず、各国は相次いで変動相場制に移行し、1973年にはスミソニアン体制は完全に崩壊した。ただし、こののちもアメリカ・ドルの基軸通貨としての地位は変わらず、世界で最も流通する通貨の地位を保っている。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た亜鉛

    1セント, 1793年‐1942年、1943年(亜鉛鍍金のスチール)、1944年‐1982年(銅)アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たハリエット・タブマン

    2016年4月20日に財務省が発表したデザイン改定決定では、新たな20ドル紙幣の表側肖像を奴隷解放に尽力した黒人女性のハリエット・タブマンとし、ジャクソンの肖像は裏側にまわすこと、5ドル紙幣の裏側にはマーティン・ルーサー・キング・ジュニアを、10ドル紙幣の裏側には女性参政権獲得運動に尽力したら5人の女性の肖像を描くこととされた。具体的な新デザインは2020年に公表するとした。これにより、肖像の人物が全て白人男性で占められていた状況が解消されることになる。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たオーストラリア・ドル

    通貨単位の呼称としての「ドル」は、カナダドル、香港ドル、シンガポールドル、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、ジンバブエ・ドルなどようにいくつかの国や地域で用いられている呼称であるが、単に「ドル」と言った場合は『アメリカ合衆国ドル』を指す。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た世界

    在日米軍・在韓米軍施設内などで使用が可能であり、沖縄県ほか米軍基地の存在する地域では、一般商店で使用可能なことも多い。それ以外にも訪日外国人旅行向けに「ドル支払い受け付けます」としている店舗もある(ヨドバシカメラなど)が、広範囲の地域の経済通貨として使用されているわけではなく、同様の例は世界中に膨大に存在するため、個々の例示は割愛する。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た新聞

    セント硬貨については、主に25セント以下のものが多く使われており、特に公衆電話や新聞などの自動販売機、パーキングメーター、バスの運賃箱、カジノ場のスロットマシン、有料道路や駐車場の無人料金所などに25セント硬貨を複数枚投入するものが多いためか、とりわけ硬貨の中でも25セント硬貨の流通量が非常に多い。アメリカで生活する際は、25セント硬貨の手持ちが少ないと不便を強いられる場合が多い。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た2009年

    ジンバブエ:ハイパーインフレーションに伴い、2009年以降自国通貨ジンバブエ・ドルの発行を停止、USドルや南アフリカ・ランドなど複数の通貨を公的に使用している。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た第二合衆国銀行

    こうしてアメリカ・ドルは発足したが、特に中央銀行に関しては反対が強く、創設と失効を繰り返した。1791年に創設された第一合衆国銀行は1811年までの20年の免許制であったが、財務長官アルバート・ギャラティンの強い反対にもかかわらず免許は更新されず、同年に消滅してしまった。この結果、同時期に勃発した米英戦争における経済負担の増加にアメリカ政府は耐えることができず経済混乱が起こったので、ジェームズ・マディソン大統領とアレクサンダー・J・ダラス財務長官によって第二合衆国銀行が1817年に創設された。しかしこれも20年の免許制であり、アンドリュー・ジャクソン大統領が存続に反対したことで1836年には免許が失効してしまった。この第二合衆国銀行の縮小と消滅は1837年恐慌の一因となった。また、これ以後中央銀行の再建は長く行われず、個々の銀行等がアメリカ国債や金準備を使ってドル紙幣を発行する状態が長く続いた。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たヨドバシカメラ

    在日米軍・在韓米軍施設内などで使用が可能であり、沖縄県ほか米軍基地の存在する地域では、一般商店で使用可能なことも多い。それ以外にも訪日外国人旅行向けに「ドル支払い受け付けます」としている店舗もある(ヨドバシカメラなど)が、広範囲の地域の経済通貨として使用されているわけではなく、同様の例は世界中に膨大に存在するため、個々の例示は割愛する。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード