71件中 41 - 50件表示
  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た1ドル硬貨 (アメリカ合衆国)

    100セント(=$1、シルバーダラー)アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た変動相場制

    現在は、貴金属等との兌換制度は無く、中央銀行である連邦準備制度が発行を管理する管理通貨制度のもとにある。1971年のニクソン・ショックまでは金本位制(1900年までは金銀複本位制)が続けられていた。ただし兌換比率は歴史的に大きく変動している。第二次世界大戦後しばらくは世界で唯一の金本位制を維持していた通貨であり、各国の通貨は米ドルとの固定レートにより間接的に金との兌換性を維持していた(ブレトン・ウッズ体制)。その当時に形成された米ドルを基軸通貨とする体制は、金本位制停止および変動相場制導入の後も継続されている。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たISO 4217

    アメリカ合衆国ドルの記号は、ドル記号 ($) である。ISO 4217では、アメリカ合衆国ドルのコードはUSDである。1ドルは、100セントである。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たデンバー (コロラド州)

    かつてはハーフセント、2セント、3セント、20セントのコインが存在した。ダイム(ハーフダイム)以上は元々銀貨であった。現在は白銅張りの銅貨に変わっているが大きさは変更されておらず、このため、5セント(ニッケル)硬貨の方が10セント(ダイム)硬貨より大きくなっている。造幣局はフィラデルフィア、デンバー、サンフランシスコにあり、硬貨表面または裏面に製造所を表すP、D、Sの鋳造刻印(ミントマーク)が打たれている物が多い。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た香港ドル

    香港ドルなどドルペッグ制を採用している国の通貨は、実質的に米ドルと固定相場が保たれているため、米ドル圏ともいえる。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た口語

    口語ではドルの代りにバック (buck) が使われることも多い。「5 dollars」と言わずに「5 bucks」と言うなど。ちなみに"buck"とは、昔インディアン(ネイティブ・アメリカン)が白人と取引する際に貨幣の代わりに鹿の皮 (buck) を使ったことに由来する。またドル紙幣のことを裏の色が緑のことからグリーンバックス (greenbacks) というが、このバックスは「裏」のこと (back) であり、日本語訳では「緑背紙幣」と呼んでいる。現在の米ドル紙幣も、このかつての緑背紙幣の慣わしから、伝統的に裏は緑色で印刷されているので、このように呼ばれている。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た緑背紙幣

    米口語ではドルの代りにバック (buck) が使われることも多い。「5 dollars」と言わずに「5 bucks」と言うなど。ちなみに"buck"とは、昔インディアン(ネイティブ・アメリカン)が白人と取引する際に貨幣の代わりに鹿の皮 (buck) を使ったことに由来する。またドル紙幣のことを裏の色が緑のことからグリーンバックス (greenbacks) というが、このバックスは「裏」のこと (back) であり、日本語訳では「緑背紙幣」と呼んでいる。現在の米ドル紙幣も、このかつての緑背紙幣の慣わしから、伝統的に裏は緑色で印刷されているので、このように呼ばれている。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た鍍金

    1セント, 1793年‐1942年、1943年(亜鉛鍍金のスチール)、1944年‐1982年(銅)アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見た東ティモール

    東ティモール:独自の補助貨幣である、東チモール・センターボ硬貨も発行されている。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国ドル

    アメリカ合衆国ドルから見たミントマーク

    かつてはハーフセント、2セント、3セント、20セントのコインが存在した。ダイム(ハーフダイム)以上は元々銀貨であった。現在は白銅張りの銅貨に変わっているが大きさは変更されておらず、このため、5セント(ニッケル)硬貨の方が10セント(ダイム)硬貨より大きくなっている。造幣局はフィラデルフィア、デンバー、サンフランシスコにあり、硬貨表面または裏面に製造所を表すP、D、Sの鋳造刻印(ミントマーク)が打たれている物が多い。アメリカ合衆国ドル フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「米ドル相場」のニューストピックワード