前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
429件中 1 - 10件表示
  • HP Storage

    HP Storageから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    HP Storageとは、ヒューレット・パッカード(HP)社が提供するストレージ製品を総称するブランドである。旧名称はStorageWorksで2011年6月9日付で変更された。HP Storage フレッシュアイペディアより)

  • ディジタル・イクイップメント・コーポレーション

    ディジタル・イクイップメント・コーポレーションから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    そのPDPシリーズとVAXシリーズは1970年代と1980年代の科学技術分野において、最も一般的なミニコンピュータだった。1957年から1992年まで、本社はマサチューセッツ州メイナードにあるかつてのウール工場だった Clock Tower Place に置かれていた。1998年にコンパックに買収され、コンパックが2001年にヒューレット・パッカード (HP) に買収されている事から、現在、その製品群はHPの名前で販売され続けている。かつてのDECの一部事業(特にコンパイラ関連)やマサチューセッツ州ハドソンの工場はインテルに売却されている。ディジタル・イクイップメント・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • Itanium

    Itaniumから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    Itanium(アイテニアム)は、インテルが2001年にリリースした、64ビットマイクロプロセッサ。ヒューレット・パッカード (HP) と共同開発した高性能サーバ向けの命令セットアーキテクチャであるIA-64を初めて採用した。Itanium フレッシュアイペディアより)

  • タンデムコンピューターズ

    タンデムコンピューターズから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    タンデムコンピューターズ (Tandem Computers, Inc.) は、ATMネットワーク、銀行、株式市場その他のトランザクション処理を主とする用途向けに無停止コンピュータ(フォールトトレラント・コンピュータ)を製造していた企業である。無停止コンピュータは稼働時間をなるべく長くし、データ損失をゼロにすることを要求される用途で活躍する。1974年創業で、1997年まで独立企業として存続していた。現在はヒューレット・パッカードのサーバ部門に吸収されている。タンデムコンピューターズ フレッシュアイペディアより)

  • 大連ソフトウェアパーク

    大連ソフトウェアパークから見たHewlett-Packardヒューレット・パッカード

    そして、21世紀に入ると、欧米企業(Genpact(GEの子会社)、IBM、HP、SAPなど)が、特にその日本子会社のソフトウェア開発・情報サービスのアウトソーシングを始め、現在は欧米の業務も増やしており、また大連を日本語・韓国語・英語・中国語・広東語も含めた東アジアのセンターとする企業も出る(DellとHP)など、国際化の真っ只中にある。大連ソフトウェアパーク フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプロセッサ

    マイクロプロセッサから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    RISCの開発は1970年代のIBM 801に始まった。最初の商用のRISCマイクロプロセッサはミップス・テクノロジーズの32ビットプロセッサであるR2000である(1985年。R1000はリリースされなかった)。続くR3000は更に実用的な設計となり、R4000では世界初の64ビットアーキテクチャを採用した。それに対抗すべくIBMのRT PC(1986年)や後継のPOWER、サン・マイクロシステムズのSPARCシステム(1985年)が生み出され、間もなく各主要ベンダはRISCアーキテクチャを採用したプロセッサをリリースした。AT&TのCRISP、AMDの29000、インテルのi860とi960、モトローラの88000、DEC Alpha、ヒューレット・パッカードのPA-RISCなどである。マイクロプロセッサ フレッシュアイペディアより)

  • 64ビット

    64ビットから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカード(HP)のPA-RISC (PA-8000以降)64ビット フレッシュアイペディアより)

  • インクジェットプリンター

    インクジェットプリンターから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    1960年代より実用的なオンデマンド型のインクジェットの研究が進められた。ピエゾ素子(圧電素子)を用いたピエゾ方式がはじめに考案され、セイコーエプソン社よりピエゾ方式のプリンターが商品化された。また1970年代にはサーマル方式も考案されヒューレット・パッカード(HP)社が1984年にThinkJetとして商品化、キヤノン社も1985年にBJ-80として商品化した。インクジェットプリンター フレッシュアイペディアより)

  • Common Desktop Environment

    Common Desktop Environmentから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    CDE は1993年6月、ヒューレット・パッカード(HP)、IBM、USL、サン・マイクロシステムズ(Sun)が Common Open Software Environment (COSE) イニシアチブの協業の一環として共同開発することを発表した。ベースとなったのは、HPの (Visual User Environment) である。VUE自体は (mwm) から派生している。IBMは Common User Access モデルとワークプレース・シェルを提供した。ノベルは UNIX System V からデスクトップマネージャの部品とスケーラブルシステム技術を提供した。Sunは 環境から というアプリケーション連携フレームワークと という生産性ツールを提供した(メールクライアントやカレンダークライアントなど)。Common Desktop Environment フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    16?17インチクラスの液晶に最高性能レベルのCPUとモバイル向けハイエンドGPUを搭載したモデル。動画編集、DTM、オンラインゲーム、CAD、解析用途など、充分なマシンパワーが必要な用途向け。「ゲーミングノートパソコン」や「モバイルワークステーション」などと銘打って売られているものもある。Blu-ray Discドライブや地上デジタルチューナーを搭載している機種もある。一般的に普及機よりも重量は重く、持ち運び移動にはあまり適さない。現在、日本で販売しているメーカーはLenovo(旧IBM)、東芝、富士通、NEC、ソニー、デル、エプソンダイレクト、ヒューレット・パッカード、エイサー、アップル、ショップブランドなどで、それぞれ各社のカラーがはっきりと出ているのが特徴。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
429件中 1 - 10件表示

「米ヒューレット・パッカード」のニューストピックワード

  • 都営地下新宿線

  • HPEはオールフラッシュ分野のリーディングプロバイダーであり、最も顕著に成長しているベンダーだ

  • 東京ファクトリー&ロジスティックスパーク