518件中 11 - 20件表示
  • VAIO

    VAIOから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    富士通・レノボNEC(NECパーソナルコンピュータ・旧IBM)・コンパック(現ヒューレット・パッカード)のようにOA業務用途のビジネス向けデスクトップPCでシェアを握るメーカーとは対照的に、ソニーではNEWSの終息以降、ベーシックな性能のみが求められコスト競争も厳しいビジネス向けパソコンには消極的だった。しかしパナソニックのLet's noteなどビジネスユースのノートパソコンがシェアを伸ばしたこともあり、2004年10月にVAIOの特徴であるエンターテインメント系ソフトウェアを排除し、本体カラーをVAIO初のブラックとした14.1インチ液晶ノートのtype B(後のBシリーズ)を発売。それ以外のVAIOも法人向けモデルの販売をソニースタイルやソニーショップで開始した。2007年にはボディの耐久性を重視したB5サイズノートのtype G(後のGシリーズ)を発売し、以後ビジネスユースモデルとして展開されたが2010年春モデルで終息した。VAIO フレッシュアイペディアより)

  • インクジェットプリンター

    インクジェットプリンターから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    1960年代より実用的なオンデマンド型のインクジェットの研究が進められた。ピエゾ素子(圧電素子)を用いたピエゾ方式がはじめに考案され、セイコーエプソン社よりピエゾ方式のプリンターが商品化された。また1970年代にはサーマル方式も考案されヒューレット・パッカード(HP)社が1984年にThinkJetとして商品化、キヤノン社も1985年にBJ-80として商品化した。インクジェットプリンター フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・ターマン

    フレデリック・ターマンから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    スタンフォード大学で電気工学と化学を学び、1924年にマサチューセッツ工科大学に進学して博士号を修得した。その時に第二次世界大戦中にマンハッタン計画を主導したヴァネヴァー・ブッシュの下で学んだ。ブッシュは当時から情報処理と検索の将来性を予想していて、ターマンは彼の方針を堅守した。1920年代、スタンフォードは大学としての地位を高めるために東海岸の大学から著明な人材を積極的に招聘していてマサチューセッツ工科大学で電気工学を教えていたターマンもそうした人材の一人だった。1925年にスタンフォード大学に戻ったターマンは研究室の付近にあった学生たちのアマチュア無線局に出入りするようになり、そこには後にヒューレット・パッカードを設立するデビッド・パッカードとウィリアム・ヒューレットがいて、彼らと親しくなった。ヒューレットはスタンフォード在籍中に音響発振器を製作して、この発振器の将来性を確信したターマンはゼネラル・エレクトリックに勤めていたパッカードに、パロアルトへ戻ってヒューレットと事業を興すことを勧め、1937年に、後に「シリコンバレー発祥の地」と呼ばれることになるパロアルトのガレージから、ヒューレット・パッカードが設立された。ターマンの支援を得て商品化された音響発振器は、1939年に公開されたウォルト・ディズニー・スタジオのアニメーション映画である「ファンタジア」の製作にも使用された。他にターマンが起業を支援した学生には後にヴァリアン・アソシエイツを起業したラッセル&シグルド・ヴァリアン達も含まれる。フレデリック・ターマン フレッシュアイペディアより)

  • TI-84 Plus シリーズ

    TI-84 Plus シリーズから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    調査会社NPDデータ社によると、テキサス・インスツルメンツ社のグラフ電卓は2013年7月?2014年6月のアメリカ合衆国のグラフ電卓市場の93%を占めている。残りの7%はカシオ計算機が占めており、ヒューレット・パッカード社のシェアは皆無に等しい。TI-84 Plus シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • タンデムコンピューターズ

    タンデムコンピューターズから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    タンデムコンピューターズ (Tandem Computers, Inc.) は、ATMネットワーク、銀行、株式市場その他のトランザクション処理を主とする用途向けに無停止コンピュータ(フォールトトレラント・コンピュータ)を製造していた企業である。無停止コンピュータは稼働時間をなるべく長くし、データ損失をゼロにすることを要求される用途で活躍する。1974年創業で、1997年まで独立企業として存続していた。現在はヒューレット・パッカードのサーバ部門に吸収されている。タンデムコンピューターズ フレッシュアイペディアより)

  • Linear Tape-Open

    Linear Tape-Openから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    Linear Tape-Open(リニア テープ オープン、略称:LTO)は、コンピュータ用の磁気テープ技術。一社独占的なDLTやAITに代わるオープン規格として、シーゲイト・テクノロジー、ヒューレット・パッカード(現:ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)、IBMの3社によって開発、策定された。LTO技術の標準のフォームファクターはUltrium と呼ばれており、主にバックアップやアーカイブ用途としてコンピューターシステムで利用されている。 2000年に発売された第1世代(LTO-1)の容量は100GBであったが、2017年に発売された最新世代のLTO-8は12TBの容量を同じカートリッジサイズで実現している。Linear Tape-Open フレッシュアイペディアより)

  • 横河電機

    横河電機から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    大正期に創業。創業者横河民輔は、建築家として知られ、日本工業倶楽部や日本橋三越等の著名な建築物を設計している。横河工務所(現・横河建築設計事務所)や横河橋梁製作所(現・横河ブリッジ)の関係会社として設立。当時、輸入に依存していた計測器の国産化に取り組むために設立された。第二次世界大戦中、軍需により急成長し、終戦時は1万人の従業員を擁していたが、戦後、300人の従業員から会社を再建。高度経済成長の中、計測器メーカーから工業計器・プロセス制御機器メーカーに転換して躍進。、ヒューレット・パッカードとの合弁による横河ヒューレット・パッカード株式会社(現:日本ヒューレット・パッカード、アジレントテクノロジー)の設立、ゼネラル・エレクトリックとの合弁によるGE横河メディカルシステム(現:GEヘルスケア・ジャパン)の設立など、積極的な経営戦略で業界首位を不動のものにした。1982年の時点で従業員約3,000人を擁していた。横河電機 フレッシュアイペディアより)

  • サン・マイクロシステムズ

    サン・マイクロシステムズから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    日本市場では富士通・東芝・CTCなどと提携し、通信系や企業基幹系に浸透しつつあったUNIX市場において、その価格性能比と知名度で進出した。その結果、日本市場では競合するHP・日本電気陣営や、IBM・日立陣営などと並び、有力な商用UNIX系ベンダーとなった。サン・マイクロシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • パーム (企業)

    パーム (企業)から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    パーム(Palm, Inc.)社は、携帯情報端末 (PDA) やスマートフォンのPalmなどを開発・製造・販売するアメリカ合衆国の企業。ヒューレット・パッカードの子会社。カリフォルニア州サニーヴェイルに本社を置く。パーム (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    2014年7月現在、日本で販売しているメーカーはLenovo(旧IBM)、東芝、富士通、NEC、デル、エプソンダイレクト、ヒューレット・パッカード、エイサー、アップル、ショップブランドなどで、それぞれ各社のカラーがはっきりと出ているのが特徴。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

518件中 11 - 20件表示

「米ヒューレット・パッカード」のニューストピックワード