518件中 21 - 30件表示
  • Common Desktop Environment

    Common Desktop Environmentから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    CDE は1993年6月、ヒューレット・パッカード (HP)、IBM、USL、サン・マイクロシステムズが Common Open Software Environment (COSE) イニシアチブの協業の一環として共同開発することを発表した。ベースとなったのは、HPの (Visual User Environment) である。VUE自体は (mwm) から派生している。IBMは Common User Access モデルとワークプレース・シェルを提供した。ノベルは UNIX System V からデスクトップマネージャの部品とスケーラブルシステム技術を提供した。Sunは 環境から というアプリケーション連携フレームワークと という生産性ツールを提供した(メールクライアントやカレンダークライアントなど)。Common Desktop Environment フレッシュアイペディアより)

  • PC/AT互換機

    PC/AT互換機から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    なお大手メーカーの多くはブランド戦略やサポート範囲上、「互換機」の表現を使用しない傾向があり、コンパック(現HP)は日本でのDOS/V参入時に「業界標準機」(Industry Standard Machine)、日本電気はPC/AT互換機であるPC98-NXシリーズ発売時に「世界標準機」と呼んだ。また日本でもMacintoshを除きパーソナルコンピュータのデファクトスタンダートとなった以降は、「PC/AT互換機」と呼ぶ必要性は低下している。PC/AT互換機 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプロセッサ

    マイクロプロセッサから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    RISCの開発は1970年代のIBM 801に始まった。最初の商用のRISCマイクロプロセッサはミップス・テクノロジーズの32ビットプロセッサであるR2000である(1985年。R1000はリリースされなかった)。続くR3000は更に実用的な設計となり、R4000では世界初の64ビットアーキテクチャを採用した。それに対抗すべくIBMのRT PC(1986年)や後継のPOWER、サン・マイクロシステムズのSPARCシステム(1985年)が生み出され、間もなく各主要ベンダはRISCアーキテクチャを採用したプロセッサをリリースした。AT&TのCRISP、AMDの29000、インテルのi860とi960、モトローラの88000、DEC Alpha、ヒューレット・パッカードのPA-RISCなどである。マイクロプロセッサ フレッシュアイペディアより)

  • ホストバスアダプタ

    ホストバスアダプタから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    主なHBA供給業者としては、ATTOテクノロジー、アダプテック、HP、LSIがある。ホストバスアダプタ フレッシュアイペディアより)

  • EPICアーキテクチャ

    EPICアーキテクチャから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    EPICアーキテクチャ(Explicitly Parallel Instruction Computing Architecture、えぴっくあーきてくちゃ)は、VLIWをベースに改良を施したアーキテクチャで、インテルおよびヒューレット・パッカードが、IA-64(Itanium)で開発・採用した。EPICアーキテクチャ フレッシュアイペディアより)

  • デジタル・データ・ストレージ

    デジタル・データ・ストレージから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    1989年にソニーとヒューレット・パッカードがDATテープを使用してデータ保存を行う規格を定義した。当初策定された規格DDS-1では3.8mm幅のテープを用いるため、。テープ長は60mのものと90mのものが用意され、60m長のテープに非圧縮1.3GB、圧縮時2.6GB、90m長テープに非圧縮2GB、圧縮時4GBの記録が行うことができた。デジタル・データ・ストレージ フレッシュアイペディアより)

  • Standard Template Library

    Standard Template Libraryから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    Standard Template Library (STL) は、プログラミング言語C++の規格で定義された標準ライブラリの一つ。ヒューレット・パッカード社在籍の研究者(当時)であったアレクサンドル・ステパノフ等によって考案され、後にANSI/ISO標準に組み込まれた。Standard Template Library フレッシュアイペディアより)

  • コンベックス・コンピュータ

    コンベックス・コンピュータから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    コンベックス・コンピュータ (Convex Computer) は、ベクトル型ミニスーパーコンピュータやスーパーコンピュータを製造した企業である。後にヒューレット・パッカード (HP) 社のPA-RISCを使ったExemplarという並列コンピューティングマシンを開発すると、1995年にHP社がコンベックスを買収した。HP社は、しばし Exemplar を販売していたが、後にその技術を活用して HP 9000 Vクラス を開発した。コンベックス・コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • シンボリックス

    シンボリックスから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    シンボリックスはケンブリッジに本拠地を置いていたコンピュータ製造企業である。1980年4月9日に設立された。その後、コンコードに拠点を移した。工場はロサンゼルス郊外にあった。シンボリックスは、LISPの実行に最適化されたシングルユーザー型コンピュータであるLISPマシンを設計製造していた。また、ソフトウェア技術においても多大な進歩をもたらし、1980年代から90年代にかけて最高と言われたソフトウェア開発環境を提供していた。これは現在では、ヒューレット・パッカードの Alpha 上で動作する Tru64 UNIX 向けの Open Genera として販売されている。そのLISPマシンは、製品として販売された初の「ワークステーション」であった(ただし、当時はワークステーションとは呼ばれていない)。シンボリックス フレッシュアイペディアより)

  • Extended Industry Standard Architecture

    Extended Industry Standard Architectureから見たヒューレットパッカードヒューレット・パッカード

    EISAは、IBMのIBM PS/2に搭載された MCA に対抗すべく、PC/AT互換機メーカー9社(AST Research、セイコーエプソン、ヒューレットパッカード、日本電気、オリベッティ、タンディ・ラジオシャック、Wyse、Zenith Data Systems)によって1988年末に制定された。規格書は有料で配布されたものの、規格そのものはパブリックドメインとされている。Extended Industry Standard Architecture フレッシュアイペディアより)

518件中 21 - 30件表示

「米ヒューレット・パッカード」のニューストピックワード