518件中 41 - 50件表示
  • InfiniBand

    InfiniBandから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    そこで、インテルを中心にスイッチ型ファブリックインターコネクトテクノロジをベースとした新しいI/OアーキテクチャとしてNGIO(Next Generation I/O)が提唱され、規格定義を開始した。一方、タンデムコンピューターズ社のServerNetの流れを汲むCompaq (HPに吸収合併)、HP社、IBM社の3社はNGIOに対抗すべく、全く同様の技術をサポートしたFIO(Future I/O)の提唱を行い、2つの陣営に別れて次世代バス規格の主導権を争い始めた。InfiniBand フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みLinux

    組み込みLinuxから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    2005年にはOpen Invention Network(OIN) が誕生し、Linuxや関連アプリケーションに対し自社保有の特許を行使しないことに同意しかつOINとライセンス契約を締結すれば、OINのライセンシーはOINが保有するLinux関連特許をロイヤリティフリーで使えることが保証されるようになった。これら特許にはSamba、Mono、Apacheなどが利用する特許も含まれる。現在OINにはライセンサーまたはライセンシーとしてIBM(メインフレームやAIXの著作権ならびに特許を持つ)、ノベル(UNIXの著作権ならびにUNIX System Vの特許を持つ)、オラクル(SunOS/Solarisの特許を持つ)、HP(HP-UXやPalmの特許を持つ)、Cisco(IOSの特許を持つ)、レッドハット、Google、カノニカル(特にこの3社はFLOSSへの多数の貢献を行う企業として有名)、フィリップス、NEC、ソニー、富士通ゼネラル、富士通などを含め数百の企業、団体、個人が参加している。組み込みLinux フレッシュアイペディアより)

  • オートノミー

    オートノミーから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    オートノミー (Autonomy Corporation) は、アメリカ合衆国のサンフランシスコとイギリスのケンブリッジに本拠を置く、エンタープライズソフトウェア企業である。オートノミーは、ケンブリッジ大学の研究により開発された独自に組み合わされたテクノロジを駆使し、ベイズ推定をベースにしたパターン認識技術を応用したエンタープライズサーチやナレッジマネジメントなどの様々なアプリケーションを開発している。ロンドン証券取引所に上場しており、FTSE100種総合株価指数の構成銘柄の1つである。日本法人はオートノミー株式会社。以前は独立した企業だったが、2011年10月にヒューレット・パッカードに買収されている。オートノミー フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ・情報関連企業設立の年表

    コンピュータ・情報関連企業設立の年表から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    マイクロソフトはアメリカ西海岸のシアトルに、また、IBMは東海岸ニューヨーク州に本拠地があり、ソフトの大手2社は不思議とシリコンバレーが本拠地ではない。また、パソコンの製造・販売でかつて大手だったコンパック(現在はヒューレット・パッカード)や、2004年現在の大手であるデルはテキサス州に本拠地を置いている。コンピュータ・情報関連企業設立の年表 フレッシュアイペディアより)

  • デスクトップパソコン

    デスクトップパソコンから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    2000年代には主に企業内への大量導入を想定し、拡張性をある程度犠牲にして幅を抑えたデスクトップパソコン(スリム型などと呼ぶ)も多く市販されている。2000年代後半になると、HP Pavilion Desktop PC S3000シリーズなどの、単に幅を狭くしただけでなく、高さや奥行きも抑えた省スペースパソコンも販売されるようになった。日本では大手メーカー製のデスクトップパソコンは省スペース型がほとんどである。ノートパソコンの部品を使用し、拡張性を犠牲にして小型化した小型デスクトップパソコン(Mac miniなど)も人気を集めている。ノートパソコンの高性能化、低価格化でデスクトップパソコン市場は日本においては年々縮小傾向にあり、2010年代のデスクトップパソコンは省スペース型やディスプレイ一体型が主流となっている。また、ネットブックと呼ばれる、ネット端末に特化した廉価で小型のデスクトップパソコンも登場し、Google Chrome OSやHP webOSを搭載したLinuxパソコンの成長が見込まれている。デスクトップパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ブロードコム

    ブロードコムから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    2016年2月、ヒューレット・パッカード、アジレント・テクノロジーの半導体部門を起源とする(アバゴ・テクノロジー)による買収が完了、買収に伴いアバゴ・テクノロジーは、社名を「ブロードコム」()に変更した(旧ブロードコムのティッカーシンボル「BRCM」は上場廃止となり、アバゴ・テクノロジーのティッカーシンボル「AVGO」が継続)。2016年11月、通信機器製造のブロケード コミュニケーションズ システムズの買収を発表した。ブロードコム フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ウォズニアック

    スティーブ・ウォズニアックから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    1971年、ヒューレット・パッカードの夏季インターンシップで働いていたときに、スティーブ・ジョブズと知り合う。容姿も性格も正反対の二人であったが、すぐに意気投合した。スティーブ・ウォズニアック フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 8

    Microsoft Windows 8から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    2016年9月現在の時点では、法人向けの大手PCメーカー製(NEC・デル・レノボ・HP・富士通・東芝など)の一部機種でダウングレード権を適用してWindows 7 Professional(主に32ビット版)を初期インストールしたPCが発売されていた。なお、その場合でもユーザーはWindows 7 Professionalのプロダクトキーを入手することはできず、当該PCに対しては、別途インストールメディアおよびプロダクトキーを入手しない限り、プロダクトキー入力が必要となるクリーンインストールはできない。Microsoft Windows 8 フレッシュアイペディアより)

  • RPL (プログラミング言語)

    RPL (プログラミング言語)から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    この項目では、ヒューレット・パッカード社のハンドヘルド電卓用のプログラミング言語について説明しています。RPL (プログラミング言語) フレッシュアイペディアより)

  • オリベッティ・プログラマ101

    オリベッティ・プログラマ101から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    本機はしばしば「印刷可能なプログラム電卓」または「卓上計算機」と呼ばれている。これは、3年後にヒューレット・パッカードから登場した(P101の影響を受けている)がコンピューターへの恐怖心(苦手意識)を克服できるように「ポータブル計算機」として宣伝されたもので、企業に対してそのコンピューター部門を経由せずに直接販売することができたからである。オリベッティ・プログラマ101 フレッシュアイペディアより)

518件中 41 - 50件表示

「米ヒューレット・パッカード」のニューストピックワード