518件中 51 - 60件表示
  • コンパック

    コンパックから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    コンパック・コンピュータ・コーポレーション (Compaq Computer Corporation) は、1982年に設立されたパーソナルコンピュータ (PC) 企業。1980年代、リバースエンジニアリングとクリーンルーム設計により、IBMの権利を侵害せずに、世界初のIBM PC互換機を低価格で製造した企業のひとつである。PC/AT互換機メーカーとして、1990年代には最大のPCメーカーの地位を確立したが、2001年にはデルに逆転された。2002年、ヒューレット・パッカード(HP)に約250億ドルで吸収合併されるまで独立企業として存続していた。HP社との合併後はPC製品のブランドとして存続している。コンパック フレッシュアイペディアより)

  • UNIX

    UNIXから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    アポロコンピュータが開発したワークステーションに搭載されたUNIXの機能も持つ独自OS。マイクロカーネル上のOS MiddlewareとしてBSD4.3とSVR3を搭載し同時独立動作を可能とした。ヒューレット・パッカード (HP) に買収されたその後は市場から姿を消した。UNIX フレッシュアイペディアより)

  • 大連市

    大連市から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    INTELは、2010年10月26日から、中国で初めての大規模半導体工場を双D港(DDポート)地区で操業を開始した。その他、米国や日本のIBM、DELL、Hewlett-Packard、ORACLE、Panasonic、SONY、NECなどのIT業務については、下記の「情報産業」を参照のこと。大連市 フレッシュアイペディアより)

  • DEC Alpha

    DEC Alphaから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    1998年、DECがコンパックに買収されると、Alphaアーキテクチャもコンパックのものとなった。コンパックはインテルの顧客でもあり、予定されていたHP/インテルのItaniumアーキテクチャを採用するためAlphaを徐々にフェーズアウトさせることにし、Alpha関連の知的財産権を2001年にインテルに売却し、実質的に製品として見切りをつけた。2002年HPがコンパックを買収し、2004年まで既存製品の開発を継続し、既存顧客向けに2006年10月までAlphaベースのシステムの販売継続を約束した(その後2007年4月に延長)。DEC Alpha フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    1980年 - ゼロックス、DEC(現在のHP)と共同でLANの規格をIEEE 802委員会に「Ethernet 1.0規格」として提出・公開(詳細はイーサネットを参照)。インテル フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック (東芝)

    ダイナブック (東芝)から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    東芝のノートPCシェアは2001年にはDellに抜かれて世界2位となり、その後もコンパックを買収したヒューレット・パッカードや、さらにはAcerやレノボと言った新興メーカーにもシェアを抜かれていった。2009年の世界PC販売ランキングは、HP、エイサー、デル、レノボに次いで東芝が5位となったが(出荷台数ベース、IDC調査)、それからさらにシェアを下げた。2016年度のノートPC世界シェアは世界8位の1.6%(出荷台数ベース、TrendForce調査)で、2017年度はランキングから消えた。ダイナブック (東芝) フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    2000年頃より、IBM、ヒューレット・パッカード、シリコングラフィックス、インテルなどの企業にフルタイムで雇用されたプログラマも開発に加わるようになり、開発スピードにはずみが付いた。2007年、リナックスを一層発展させるためにLinux Foundationが発足した。この財団では先のIBMとインテルにくわえ、富士通とNEC も開発に参加している。このように、世界中の多くの人々の共同作業によってソフトウェアが開発されるということは、それまでのソフトウェア開発の常識では考えられないことなどとされ、エリック・レイモンドは、Linuxの開発を分析し、「カテドラルとバザール」を著した。しかし、エリック・レイモンドはその「カテドラルとバザール」の中で、Linuxと対比してGNUプロジェクトを「カテドラル」(大聖堂のことで、宗教的ヒエラルキーの比喩である)と言っているのだが(そして確かに、Linuxと対抗する位置付けにあるGNU Hurdの開発については当たっているのだが)、Linuxカーネルのコンパイルに絶対に不可欠なLinux フレッシュアイペディアより)

  • 関数電卓

    関数電卓から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    主なメーカーとしては、ヒューレット・パッカード、テキサス・インスツルメンツ、カシオ計算機、シャープ、キヤノンがある。関数電卓 フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル・シリアル・バス

    ユニバーサル・シリアル・バスから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    当初はインテル、マイクロソフト、コンパック(現:ヒューレット・パッカード)、ディジタル・イクイップメント・コーポレーション(現:ヒューレット・パッカード)、IBM、日本電気、ノーザンテレコム(現:ノーテルネットワークス)が仕様を策定したが、2017年9月現在では、NPOである"USB Implementers Forum, Inc." (USB-IF) が仕様の策定や管理などを行なっている。USB-IFは、アップル、ヒューレット・パッカード、インテル、マイクロソフト、ルネサスエレクトロニクス、STマイクロエレクトロニクスの6社が主導企業であり、合計996社で構成される。ユニバーサル・シリアル・バス フレッシュアイペディアより)

  • アップル (企業)

    アップル (企業)から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    1974年、大学を中退しアタリの技師をしていたスティーブ・ジョブズとヒューレット・パッカードに勤務していたスティーブ・ウォズニアック(以下ウォズ)の2人は、地元のコンピュータマニアの集まりであったホームブリュー・コンピュータ・クラブ(「自家醸造」コンピュータ・クラブ)に参加するようになった。アップル (企業) フレッシュアイペディアより)

518件中 51 - 60件表示

「米ヒューレット・パッカード」のニューストピックワード