518件中 81 - 90件表示
  • ピラミッド・テクノロジー

    ピラミッド・テクノロジーから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    ピラミッド・テクノロジーは、1981年にヒューレット・パッカード社を退職した人々が、RISCベースのミニコンピュータを開発するために設立した。1985年にはUNIXベースのマルチプロセッサ機をリリースしている。1995年、ピラミッドはシーメンスに買収され、Siemens Computer Systems US に合併された。ちなみに、1999年にシーメンスと富士通はアメリカでのコンピュータ部門を統合し、Fujitsu Siemens Computers を設立、さらに 2000年にはアムダール社がこれに吸収合併されている。ピラミッド・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • バロース B5000

    バロース B5000から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカード社にはバロースの元従業員だった技術者がいて、HP 3000 システムはB5000の影響を受けている。ボブ・バートンの逆ポーランド記法 (RPN) に関する業績はHPのプログラム電卓に採用され、例えば HP-35 などが有名である。バロース B5000 フレッシュアイペディアより)

  • IMDS

    IMDSから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    IMDS(アイエムディーエス、英:International Material Data System)-ヒューレット・パッカードのHP企業向けサービス部門が運用を請け負っている自動車業界向け材料データベースである。2010年5月現在、欧米日韓26社の完成車メーカーが加盟している。環境保護を目的とした各種の法規に対応するため、1998年、ドイツ自動車工業会(VDA)は自動車に使用されている物質のデータを収集するシステムを開発することにした。これをうけて完成車メーカー8社(アウディ、BMW、ダイムラークライスラー、フォード、オペル、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ボルボ)と独EDSが共同開発したものがIMDSである。独EDSがそのまま運用を請け負っていたが、その後EDSはヒューレット・パッカードに買収され、現在はヒューレット・パッカードが運用している。IMDS フレッシュアイペディアより)

  • IT Service Management Forum

    IT Service Management Forumから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    日本においては富士通、日立製作所、NEC、日本HP、マイクロソフト、NTTコミュニケーションズ、プロシード、P&Gの8社がITサービスの品質向上を目的として2003年4月15日に設立を発表し、同年9月より活動を始めた。IT Service Management Forum フレッシュアイペディアより)

  • HP Mini 1000

    HP Mini 1000から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    HP Mini 1000(エイチピー ミニ-)はヒューレット・パッカードの製造するノートパソコン。HP Mini 1000 フレッシュアイペディアより)

  • LightScribe

    LightScribeから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    LightScribe(ライトスクライブ)とは、プリンタを使わずにDVDドライブでメディアのレーベル面に文字や画像などを直接書き込む機能のことである。米ヒューレット・パッカード社が開発した。現在は米ライトスクライブ社がライセンス供与や仕様の策定を行なっている。LightScribe フレッシュアイペディアより)

  • Rational ClearCase

    Rational ClearCaseから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    ClearCase は1992年、Atria Software が UNIX 向けに開発し、後に Windows 版もリリースされた。Atria の開発者の一部はそれ以前にアポロコンピュータの DSEE(Domain Software Engineering Environment)の開発に携わっていた。1989年にアポロコンピュータがヒューレット・パッカードに買収されると、彼らはアポロを離れ、Atria に移ったのである。Atria は後に Pure Software と合併して PureAtria となった。それがさらにラショナルに吸収され、さらに IBM に買収された。IBM はその後も ClearCase の開発と販売を続けている。ソフトウェア開発企業にとっては ClearCase は有名な製品である。Rational ClearCase フレッシュアイペディアより)

  • Quantum Effect Devices

    Quantum Effect Devicesから見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    QED が自社で販売した最初の製品シリーズ。R5000 のキャッシュを小さくしてピン配置を変更した低価格な製品として登場した。初期の RM52X0 のキャッシュは 16KB だったが、RM52X1 になると 32KB になっている。RM523X はバスが32ビットで、RM526X は64ビットである。レーザープリンタに良く使われた(ヒューレット・パッカード、レックスマーク、リコー、サムスングループ)。Quantum Effect Devices フレッシュアイペディアより)

  • R10000

    R10000から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    R16000のうち、700MHzより高い周波数で動作するものをR16000Aと呼ぶ。800MHz版が2004年2月に登場した。その後、900MHz版が登場し、これがMIPSアーキテクチャでは最高速だったが、SGIはさらに1.0GHz版を一部顧客に提供した。R16000AはSGIの Fuel、Tezroといったワークステーション、サーバ/スーパーコンピュータの Origin 3000 で採用されている。また、タンデムコンピューターズをコンパック経由で取得したヒューレット・パッカードがフォールトトレラントシステム NonStop Himalaya S-Series で採用している。R10000 フレッシュアイペディアより)

  • VIA C7

    VIA C7から見たヒューレット・パッカードヒューレット・パッカード

    さらに2008年にはヒューレット・パッカードがC7-Mを採用したHP2133 Mini-NotePCを発表。VIA社プロセッサが大手PCメーカーの機種に採用された初の例となり、国内でも注目を集めた。VIA C7 フレッシュアイペディアより)

518件中 81 - 90件表示

「米ヒューレット・パッカード」のニューストピックワード