41件中 21 - 30件表示
  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たオートノミー

    2011年8月18日、オートノミーを102億ドルで買収することと、WebOS搭載携帯機器(携帯電話機やタブレット機器)の開発の中止(WebOSのソフトウェアとしての開発は継続)、パソコン事業部門の15ヵ月以内を目途とした再構築を発表。特にパソコン部門の再構築についてはすなわちHPのパソコン分野からの撤退と直結的に受け止められ、翌日の株価は20%下落した。この時点において、パソコン市場では世界的にトップシェアであり、大半の報道では収益性の低さからパソコン分野から撤退するものと決定的に報じられているが、HPはパソコン分野からの撤退は決定事項ではなくあくまでも数ある選択肢のひとつであるとしている。ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たインテル

    インテルと共同で開発した64ビットプロセッサ。ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たElectronic Data Systems

    2008年5月、ITサービスの分野で世界第2位のElectronic Data Systems (EDS) 買収し、この分野でもIBMへの追撃を図る。さらに同年10月には、無線LAN、無線ネットワークセキュリティを手がけるコルブリス・ネットワークス (Colubris Networks)も買収し、同社の製品を、有線・無線ネットワーク機器のブランドである「HP ProCurve」に統合した。ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たコンパック

    2002年にコンピューター大手コンパックコンピュータ (COMPAQ) を買収し、大規模合併で話題を呼んだ。この合併後、PC事業についてはデルに次ぐ2番手の地位に甘んじていたが、2006年第3四半期におけるPCの販売台数が世界1位となった。以降、2013年第3四半期以降にLenovoに抜かれるまでPCの世界シェア第1位の企業であった。2014年、2015年は2位を維持したが、2016年に再び1位に返り咲いている。ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たIBM

    2006年11月16日に発表した2006年会計年度(2006年10月まで)によると、HPの年間売上高は917億ドルに達し、IBMが発表した2006年度の決算(売上高914億ドル)を上回り、当時の売上高で世界第1位のIT企業になった。この後、2012年にアップルの売上高はHPを上回って売上高で世界第1位のIT企業になった。HPは、サーバやPCといったハードウエアの拡販が進み、コンシューマ市場でもPC、プリンタでの売上の強化を図っているための結果である。一方IBMは、企業向けのシステムインテグレーションやアウトソーシング事業に傾注し、売上高よりも利益重視の経営へと進んでいることによる。両社の事業ポートフォリオは分かれつつあるが、企業向けのシステムインテグレーションやサーバ製品では、これまで通りの競合状況にあり、今後も業界盟主の座をかけた競合状況は進むと予想された。ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たレイヤ3スイッチ

    Aシリーズスイッチ(Advanced、旧H3C製品)ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たディジタル・イクイップメント・コーポレーション

    DEC(Digital Equipment Corporation)ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たアメリカ合衆国

    ヒューレット・パッカード (Hewlett-Packard Company) は、かつて存在した、主にコンピュータやプリンターなどコンピュータ関連製品の開発・製造・販売・サポートを行うアメリカ合衆国の企業である。2015年11月1日をもって、二つの独立した公開会社であるHP Inc.及びヒューレット・パッカード・エンタープライズに分割された。HP(エイチピー)の略称で呼ばれることが多い。本項でもHPと記す部分がある。スローガンは「invent」。ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たコンピュータ

    ヒューレット・パッカード (Hewlett-Packard Company) は、かつて存在した、主にコンピュータやプリンターなどコンピュータ関連製品の開発・製造・販売・サポートを行うアメリカ合衆国の企業である。2015年11月1日をもって、二つの独立した公開会社であるHP Inc.及びヒューレット・パッカード・エンタープライズに分割された。HP(エイチピー)の略称で呼ばれることが多い。本項でもHPと記す部分がある。スローガンは「invent」。ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューレット・パッカード

    ヒューレット・パッカードから見たシステムインテグレーター

    2006年11月16日に発表した2006年会計年度(2006年10月まで)によると、HPの年間売上高は917億ドルに達し、IBMが発表した2006年度の決算(売上高914億ドル)を上回り、当時の売上高で世界第1位のIT企業になった。この後、2012年にアップルの売上高はHPを上回って売上高で世界第1位のIT企業になった。HPは、サーバやPCといったハードウエアの拡販が進み、コンシューマ市場でもPC、プリンタでの売上の強化を図っているための結果である。一方IBMは、企業向けのシステムインテグレーションやアウトソーシング事業に傾注し、売上高よりも利益重視の経営へと進んでいることによる。両社の事業ポートフォリオは分かれつつあるが、企業向けのシステムインテグレーションやサーバ製品では、これまで通りの競合状況にあり、今後も業界盟主の座をかけた競合状況は進むと予想された。ヒューレット・パッカード フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「米ヒューレット・パッカード」のニューストピックワード