112件中 91 - 100件表示
  • CBSイブニングニュース

    CBSイブニングニュースから見たビッグスリービッグスリー

    1981年3月9日、ダン・ラザーが平日版3代目アンカーに就任。クロンカイト同様、ラザーも国際的に有名なアンカーとなり、『NBCナイトリーニュース』のトム・ブロコウ、『ワールドニューストゥナイト』のピーター・ジェニングスと並んで「ビッグ3」と称される。CBSイブニングニュース フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見たビッグスリービッグスリー

    バブル景気終了直後の第29回(1991年)に200万人を超えたのをピークに、近年まで約140万人程度で推移してきた。減少の要因としては、1990年代以降の景気低迷や少子高齢化、価値観の多様化による若年層の自動車離れなどが挙げられる。第41回(2009年)は、前年に発生したリーマン・ショックやアメリカ自動車大手(ビッグスリー)の業績不振などから海外メーカーが出展を見合わせ、入場者数は第40回から約80万人減の約60万人となった。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たビッグスリービッグスリー

    フォード・モーター(Ford Motor Company、NYSE:F)は、世界の自動車王ことヘンリー・フォード一世が1903年6月16日に創業した、アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(デトロイトの近郊都市)に本社を置く自動車メーカー。いわゆるビッグスリーの一つである。FoMoCo(フォモコ)と略される場合もある。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • 富士通テン

    富士通テンから見たビッグスリービッグスリー

    1998年(平成10年) 米国ビッグ3(GM、フォード、ダイムラー・クライスラー(当時))が制定している品質管理基準QS-9000の認証を取得。世界最小の60GHz帯自動車用スキャン型ミリ波レーダを開発。カーオーディオ業界で初めて部品調達に電子かんばんの運用を開始。富士通テン フレッシュアイペディアより)

  • ジープ

    ジープから見たビッグスリービッグスリー

    本田技研工業初の自社開発SUVであるホンダ・CR-Vが発表されるまでの間、ホンダのディーラーでジープ各車種が販売されていた。また、ビッグスリー初の日本向け右ハンドル車はチェロキー(XJ)だった。ジープ フレッシュアイペディアより)

  • プロトタイプ

    プロトタイプから見たビッグスリービッグスリー

    一般消費者へ向けて主にモーターショーなどで展示されるものはコンセプトカーやショーカーともいわれる。中でも第二次世界大戦後のアメリカのビッグスリーが製作し、各地のモーターショーやメーカー自身の巡業(GMのモトラマなど)に使われた、いわゆるフューチャーカーやドリームカーの数々は自動車史上でも特筆に値する。プロトタイプ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ3 (日本のお笑いタレント)

    ビッグ3 (日本のお笑いタレント)から見たBIG3ビッグスリー

    『ビッグ3』(ビッグスリー、英称:BIG3)とは、日本のお笑い界における大物お笑いタレント、タモリ・ビートたけし・明石家さんまの3人の総称のことを指す。ビッグ3 (日本のお笑いタレント) フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ3 (日本のお笑いタレント)

    ビッグ3 (日本のお笑いタレント)から見たビッグスリービッグスリー

    日本のお笑い界で最もテレビ関係者や視聴者から人気と実力のあるお笑い第二世代のトップクラスお笑い芸人であるタモリ・ビートたけし・明石家さんまのTOP3人を“ビッグスリー”になぞらえて表すものであり、漫才ブームなどによってバラエティ番組でのお笑い芸人のテレビ番組・ラジオ番組・CMでの露出が飛躍的に増えた1980年代(昭和50年代中頃)から使われるようになった。ビッグ3 (日本のお笑いタレント) フレッシュアイペディアより)

  • アレン・アイバーソン

    アレン・アイバーソンから見たビッグスリービッグスリー

    2006-2007シーズン、ナゲッツに移籍してからの平均得点は24.8としたもののFG、3P成功率は向上しシクサーズ時代にみられたセルフィッシュなプレイは少なくなった。またナゲッツにはアイバーソンが移籍した当時、得点王ランキング1位だったカーメロ・アンソニーが所属しており、アイバーソンとアンソニーはリーグで最も強力なスコアリングデュオとして期待されるようになった。2007年1月23日には通算20,000得点を達成した。プレーオフには出場したがティム・ダンカン、トニー・パーカー、エマニュエル・ジノビリのビッグスリーを擁するサンアントニオ・スパーズに1勝4敗で敗れた。アイバーソンもFG36%、平均得点も22.8とシーズンの成績を下回る成績で不完全燃焼でシーズンを終えた。アレン・アイバーソン フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・セルティックス

    ボストン・セルティックスから見たビッグスリービッグスリー

    危機感を抱いたチーム首脳陣は、2007年シーズンに向けて、レイ・アレン、ケビン・ガーネットと立て続けに大物選手を獲得しピアースと三人で「ビッグスリー」を形成し戦力を大幅にアップさせた。ビッグスリーを中心にまとまったチームは巻き返しに成功し、レギュラーシーズンは怒涛の快進撃を見せ66勝16敗でリーグ1位となった。ボストン・セルティックス フレッシュアイペディアより)

112件中 91 - 100件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード