136件中 91 - 100件表示
  • ジープ

    ジープから見たビッグスリービッグスリー

    本田技研工業初の自社開発SUVであるホンダ・CR-Vが発表されるまでの間、ホンダのディーラーでジープ各車種が販売されていた。また、ビッグスリー初の日本向け右ハンドル車はチェロキー(XJ)だった。ジープ フレッシュアイペディアより)

  • ドウェイン・ウェイド

    ドウェイン・ウェイドから見たビッグスリービッグスリー

    そして、多くの強力FAが揃った2009-2010シーズンオフ、ウェイドがマイアミに残留を決めた後にレブロン・ジェームズとクリス・ボッシュの2人の同期の大物が相次いでヒート移籍を発表、この結果マイアミに驚きのビッグスリーが誕生することになった。ドウェイン・ウェイド フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ガーネット

    ケビン・ガーネットから見たビッグスリービッグスリー

    ボストンに集ったポール・ピアス、レイ・アレン、そしてケビン・ガーネットの3人は、強力なトリオとして注目を集めた。3人の年俸総額だけでチームの全予算の1/4を占めた(ガーネットは2009年で切れる現行の契約満了後の3年総額6,000万ドルの契約にサインしている)。人々はセルティックスの大きな成功を予想し、80年代にセルティックスの黄金期を築き上げたラリー・バード、ケビン・マクヘイル、ロバート・パリッシュのトリオと比較して、ピアス、アレン、ガーネットの3人をビッグスリーと呼び、かつての栄光の復活を期待した。一方で3人に戦力と予算が集中し過ぎているという指摘もあり、ガーネットやアレンとのトレードで閑散としているロスターの補強が急務となったが、一躍優勝候補筆頭に躍り出たセルティックスへの移籍を多くの選手が望み、セルティックスはジェームス・ポージー、P.J.ブラウン、そしてガーネットとは元チームメートのサム・キャセールの獲得に成功している。なお、学生時代以来一貫して着用し続けていたガーネットの背番号『21』は、セルティックスではビル・シャーマンの永久欠番に指定されているため、ガーネットは背番号『5』でプレーすることになった。ケビン・ガーネット フレッシュアイペディアより)

  • 自動車税

    自動車税から見たビッグスリービッグスリー

    1989年度まで、大型・大排気量である普通乗用車(3ナンバー)は贅沢品とみなされており、排気量3.0リッター以下は81,500円、3.0リッター超6.0リッター以下88,500円、6.0リッター超148,500円と現行以上に高額な税が課されていた。このため、日本車で高級車と言われる自動車であっても小型乗用車(5ナンバー)仕様が用意されることが一般的で、この頃入り始めたメルセデス・ベンツやBMW等のドイツ車でも5ナンバー車が用意されていた。大柄の大排気量車が販売の主力であるビッグスリーの陳情を受けたアメリカ合衆国から非関税障壁と言われた外圧もあり、現行の排気量に比例した税額に改められた。しかし、この税制改定はアメリカ車の拡販には全くと言ってよいほど寄与せず、日本車は大排気量エンジンと外装部品で3ナンバー仕様とする車両が増え、また輸入車は欧州高級車が一層増える結果となった。自動車税 フレッシュアイペディアより)

  • リコール (自動車)

    リコール (自動車)から見たビッグスリービッグスリー

    ラルフ・ネーダー - ビッグスリー(米3大自動車メーカー)に対するロビー活動で知られるリコール (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)

    アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)から見たビッグスリービッグスリー

    世界産業労働組合や共産主義者はもはや労働運動で力を持って居らず、職種別労働組合で組織を作り、労働者と資本家の協業を訴えたアメリカ労働総同盟が1930年代まで労働運動を支配した。1935年、アメリカ労働総同盟の中の8組合が産業別労働組合会議を組織し、産別労働組合主義を促進した。産業別労働組合は1936年にアメリカ労働総同盟によって排除され、1938年にはアメリカ労働総同盟に対抗する組織を結成した。産業別労働組合会議は、鉄鋼労働者組織委員会に1937年にUSスチールとの協定を結ばせ、フリント・シッダウン・ストライキでは勝利し、ゼネラルモーターズにはその労働者の集合的交渉団体として全米自動車労働組合を認知させることに成功した。ゼネラルモーターズで成功した自動車労働者組合はその鉾先をクライスラーに向け、これも直ぐに合意に達した。自動車ビッグスリーの最後の1社フォード・モーターの場合、ヘンリー・フォードが絶対的に労働組合に反対していたので、この殻を破るのは至難だと分かった。フォードの安全保障部隊が1937年5月にそのリバールージュ工場から自動車労働者組合のオーガナイザー数人を叩き出した。フォードはその態度を変えようとしなかったが、1941年の山猫ストが発生して初めて組合に折れてその存在を認めることになった。アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945) フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・ブレイザー

    シボレー・ブレイザーから見たビッグスリービッグスリー

    初代のブレイザーは先行するフォード・ブロンコに対抗してデザインされ、同じ市場に打って出た。理想のオフローダーを目指して専用設計となったブロンコに対し、GMのアプローチは異なっており、同社のライトトラックであるC5のプラットフォームを流用した。これにより、コストダウンはもちろんのこと、その副産物として、ブロンコ以上の室内スペースと、ピックアップトラックに極めて近いスタイリングを得ることとなった。北米ではピックアップトラックが非常に好まれ、大きな市場を有していたことから、ブレイザーも瞬く間に人気となった。次いで1974年に登場したクライスラーのダッジ・ラムチャージャー(Dodge Ram Charger)もこの流れに追従したため、販売台数でブレイザーに水を開けられたブロンコも、モデルチェンジに際して同社のFシリーズピックアップをベースとする道を選び、ここにビッグスリーのSUVの成り立ちが決することとなった。シボレー・ブレイザー フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ラッセル

    ビル・ラッセルから見たビッグスリービッグスリー

    76ersに居なかったチェンバレンが何処に居たかと言えば、セルティックス永遠のライバルチーム、レイカーズだった。ジェリー・ウェストにエルジン・ベイラー、そしてウィルト・チェンバレンが加わって強力なビッグスリーが形勢されたレイカーズは55勝をあげ、初めてホームコートアドバンテージを獲得した上でセルティックスの頂上決戦を迎えた。このシリーズはこの時代のセルティックス、レイカーズのファイナル最後の対決であり、またラッセルとチェンバレンの最後の直接対決となった。ビル・ラッセル フレッシュアイペディアより)

  • チャド・ゴダーン

    チャド・ゴダーンから見たビッグスリービッグスリー

    は、エステバン・ロアイザの故障に伴い先発投手として開幕を迎えた。先発ローテションに定着し、リーグ最多タイの34試合に先発。ダン・ヘイレン、ジョー・ブラントンと共にティム・ハドソン、マーク・マルダー、バリー・ジトに代わる新たなビッグスリーを形成。チャド・ゴダーン フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たビッグスリービッグスリー

    総合鉄道関連メーカーとしては、ボンバルディア、アルストムと並ぶ「ビッグスリー」の一つで、世界の鉄道車両製造では約2割強のシェアを有する。シーメンス フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード