136件中 101 - 110件表示
  • モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ

    モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズから見たビッグスリービッグスリー

    1980年代後半から1990年代に掛けて、アメリカ車の多くがV型6気筒と前輪駆動へ移行し、車種によっては2ドアボディを持たないものも現れ始めていたが、NASCARは依然として2ドアボディとV型8気筒の後輪駆動を維持した為、各自動車メーカーは実際の市販車両とは全く異なるエンジンと駆動方式、ドア枚数でカップ・カーを製造せざるを得なくなり、ストックカーとしての意義が次第に薄れていくようにもなっていった。この時期までにビュイックやオールズモビル、マーキュリーなどビッグスリー内の比較的販売が低迷していたディビジョンの中には、カップ・カーの製造から撤退するところも現れ始めた。モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見たビッグスリービッグスリー

    自動車の生産台数は1950年には約1058万台で、その約8割は第二次世界大戦による戦災を逃れた米国によるものであった。ビッグスリーの地元であり、また後に日・独などのメーカーが進出した米国は、その後半世紀にわたり世界で最大の生産国であった。60年代には西独・仏・英・伊などの生産が立ち上がり、1960年の生産台数は1649万台となった。70年代には日本における自動車の増産も始まり、1970年の生産台数は2942万台、1980年には3856万台、90年代には韓国ついで中国での生産が増加し、1990年4855万台、2000年には約5837万台、2010年には7758万台2013年には8730万台と増加し続けている。2018年には1億台に達するとの予測も出ている。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト

    デトロイトから見たビッグ3ビッグスリー

    デトロイトは1805年の大火の後、計画都市として裁判官のによって都市設計され、その後ピーター・シャルル・ランファンへと引き継がれる。元々、馬車や自転車製造が盛んだったが、1899年に自動車工業が興る。そして1903年にヘンリー・フォードが量産型の自動車工場を建設、「T型フォード」のヒットとともに全米一の自動車工業都市として発展した。後にゼネラルモーターズとクライスラーが誕生、フォード・モーターと共にビッグ3と呼ばれた。市はモーターシティと呼ばれるようになり、全盛期には180万の人口を数えたが、その半数が自動車産業に関わっていた。デトロイト フレッシュアイペディアより)

  • オートマチックトランスミッション

    オートマチックトランスミッションから見たビッグスリービッグスリー

    以降、GMに続いてアメリカの主要な自動車メーカーは1940年代から1950年代にかけてATの開発を促進した(ビッグスリー以外のAT開発ができなかった中堅メーカーには、GMから社外販売も行われるようになったハイドラマチックのユニットを購入して装着することでAT化に追随を余儀なくされた事例も見られた。ハドソン、カイザーなど)。第二次世界大戦終戦後のアメリカではガソリン価格が安くなり、乗用車の排気量拡大・ハイオクタン仕様化によるパワー増大競争と並行してATが急速に普及、1945年は5%未満だった乗用車のAT普及率が1965年には90%超となった。オートマチックトランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • バッジエンジニアリング

    バッジエンジニアリングから見たビッグスリービッグスリー

    多くの自動車ブランドを擁するアメリカ合衆国のビッグスリーや、イギリスのBMC(現在は消滅)、フランスのルノー(子会社の日産自動車を含む)、日本ではトヨタ自動車やその子会社などに多く見られる。実際にはバッジのみならず、ブランド毎の「伝統」や「価格差」を表現するため、また、販売国の嗜好を反映させるために、ラジエーターグリルや、時には灯火類(前照灯や尾灯)まで含めた変更がなされている。バッジエンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • シャキール・オニール

    シャキール・オニールから見たビッグスリービッグスリー

    2010年にボストン・セルティックスに移籍。しかし、慢性的な膝の怪我で欠場が多く、衰えも隠せなかった。チームはプレーオフ・カンファレンスセミファイナルでレブロン・ジェームス、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグスリー擁するマイアミ・ヒートになすすべなく破れた。そしてオニールも膝だけでなくアキレス腱も痛めるなど満身創痍の状態で殆ど出場機会もなく、プレーオフ敗退後にドック・リバースHCから "引退勧告" を告げられた。シャキール・オニール フレッシュアイペディアより)

  • ピックアップトラック

    ピックアップトラックから見たビッグスリービッグスリー

    1913年にオハイオ州のコーチビルダーであった、ガリヨン・グッドウィン・トラックボディ社がフォード・モデルTを改造して、後部にトレイを載せた物が発祥とされる。これが農場等で好評だったため、1924年にはダッジも3/4トントラックのウッドボディ・ピックアップを登場させ、さらに翌1925年にはフォードも自らピックアップの生産を開始することになる。1931年にはシボレーも参入。1950年代になると各社はよりスタイリッシュなモデルを続々と登場させ、貨物用途車というよりファッション性で選ぶ消費者が増えてきた。さらにピックアップトラックの自動車税が州によって無税か割安になるため所得の少ない若者達がこぞって乗り始めたため急速に普及した。また中西部や南部では、その武骨で力強いスタイルが西部開拓時代のシンボルである馬を彷彿させ、ピックアップトラックに乗ることが一種のステータスのようにとらえられている。これに迎合し、ピックアップトラックのテレビCMの大半にカントリー・ミュージックが使われている。そのステータス性は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公マーティーが憧れる車として描かれたことでも窺える。これらの人気要素に着目した米国の旧ビッグスリーと、現地のトヨタ、日産、ホンダがフルサイズピックアップを生産をしている。ほとんどの車種が自社のSUVと共通のはしご形フレームを有しているが、ホンダ・リッジラインはUSアコードやレジェンドの派生車であるため独立したフレームを持たず、ライトデューティーとなっている。ピックアップトラック フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・タンドラ

    トヨタ・タンドラから見たビッグスリービッグスリー

    T100よりは大型化したが、ビッグスリーを不必要に刺激しないよう、それらのフルサイズピックアップトラックよりも、寸法、排気量共にやや小さめに作られており、販売面で不利となった。トヨタ・タンドラ フレッシュアイペディアより)

  • 新御三家

    新御三家から見たビッグスリービッグスリー

    新御三家(しんごさんけ)とは、1970年代にトップアイドル歌手として人気を得て活躍した、郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎の3人(ビッグスリー)を指す総称。それ以前に橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦が『御三家』と呼ばれていた事に倣った名称であり、略して『御三家』と呼ばれることもある。新御三家 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たビッグスリービッグスリー

    2000年代にアメリカ合衆国のゼネラルモーターズなどビッグスリーを抜いて自動車生産台数世界一の企業にトヨタ自動車がなった。2009年(平成21年)〜2010年(平成22年)に、アメリカ合衆国運輸省によって豊田バッシングと呼ばれたトヨタ自動車の大規模リコール問題が発生した。平成 フレッシュアイペディアより)

136件中 101 - 110件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード