112件中 11 - 20件表示
  • ワシントン・ウィザーズ

    ワシントン・ウィザーズから見たビッグスリービッグスリー

    2004-05シーズン、ダラス・マーベリックスから、スタックハウス、レイトナーとドラフト5位指名権でアントワン・ジェイミソンをトレードで獲得、シーズン前の低評価を覆し、ギルバート・アリーナス、アントワン・ジェイミソン、ラリー・ヒューズらビッグスリーの活躍によって久々にプレイオフに進出する。翌2005-06シーズンには、FAとなったヒューズを失うも、出場時間を得られず低迷していたクワミ・ブラウンと交換でカロン・バトラーを獲得、新しいビッグスリーを形成するなど的確な補強を行い、2年連続でプレイオフに進出した。ワシントン・ウィザーズ フレッシュアイペディアより)

  • スモール・ハンドレッド

    スモール・ハンドレッドから見たビッグスリービッグスリー

    その意味するところは、ガソリン車と比較して構造が単純な電気自動車の時代になると、「ビッグスリー」に代表される既存の大メーカーによる寡占状態が終わり、「百社単位」のベンチャー企業あるいは異業種からの参入企業が出てくる、というもの。スモール・ハンドレッド フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・T100

    トヨタ・T100から見たビッグスリービッグスリー

    1992年の終わりに、1993年モデルとして登場。ハイラックスをベースに一回り大型化させたものだった。トヨタが現行のトヨタマークを導入した後に登場しているが、リアエンブレムにはトヨタマークがなく、ハイラックスと同様、「TOYOTA」とローマ字で記されていた。これは、ピックアップトラックのユーザーの多くは、洗練されたロゴマークよりもアルファベットの力強いマークを好むためであり、その後のタコマなどにもその手法が受け継がれている。トヨタ初のフルサイズピックアップトラックとなったが、ビッグスリーのフルサイズピックアップトラックよりもボディやエンジンがはるかに小さかったため、売れ行きは不振だった。後継にはより大型で、V型8気筒エンジン搭載のタンドラが1999年モデルで登場している。トヨタ・T100 フレッシュアイペディアより)

  • 西松遙

    西松遙から見たビッグスリービッグスリー

    2008年の世界金融危機の際には、CNNが当時社長であった西松の出勤風景や社内での行動などを取材。それを放送したところ、アメリカの自動車メーカービッグスリーの経営者達の豪奢な生活ぶりに対する批判が集中していた折でもあったため、彼の質素な生活ぶりがアメリカ国民の反響を呼んでいるとのことである。西松遙 フレッシュアイペディアより)

  • ジム・バニング

    ジム・バニングから見たビッグスリービッグスリー

    2008年12月、世界金融危機に伴う所謂「ビッグスリー救済法案」に反対票を投じたといわれ、ビッグスリーのお膝元であるミシガン州で行なわれる予定だったプロ野球ファン向けのサイン会が中止になる騒ぎになった。ジム・バニング フレッシュアイペディアより)

  • ランブラー (自動車)

    ランブラー (自動車)から見たビッグスリービッグスリー

    1963年にはランブラーシリーズ全体でモータートレンド誌のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。ロムニーはミシガン州知事になった。ロイ・アバネシー(Roy Abernethy)が後任となり、ビッグスリーと競う方針を引き継いだ。アバネシーは、目標と定めた市場分野では「ランブラー」ブランドは障害になると考えた。そこでアバネシーはランブラーにこだわらず、ボディやプラットフォームのバリエーションでさまざまなバリエーションのモデルを送り出すこととした。ランブラー (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • インセンティブ (自動車)

    インセンティブ (自動車)から見たビッグスリービッグスリー

    2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件により、アメリカ国内の新車販売は一時的に低迷。生産を減らすことができなかったビッグスリーの各社は、抱えた在庫を処分するためにインセンティブの大盤振る舞いを行った。この時期のインセンティブは次のようなものである。インセンティブ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • 熊田康則

    熊田康則から見たビッグスリービッグスリー

    川合俊一、井上謙と共に「バレーボール界のビッグ3」と言われ、大砲として日本バレーボール界をリード。1988年ソウル五輪に出場した。熊田康則 フレッシュアイペディアより)

  • カイザー=フレーザー

    カイザー=フレーザーから見たビッグスリービッグスリー

    第二次世界大戦中に造船業界で成功を収めたカイザーが、終戦に伴い遊休化した軍用航空機工場の民需転換を図ると共に、戦後の好況で需要が見込める自動車製造業への本格進出を目指した一方で、自動車製造のノウハウを持っていたフレーザーも業界での再起を目指し資金面の豊富なスポンサーを必要としたことで両者の利害が一致。新会社はカイザー社の出資を仰ぐと共に、グラハム=ペイジ社の資産も包含した。既に、いわゆる「ビッグスリー」に牛耳られるようになっていたアメリカ合衆国の自動車業界において、独立した国内資本による大規模な量産自動車メーカーを新たに発足させた、ほぼ最後の例と言えるが、結果的には挫折することになった。カイザー=フレーザー フレッシュアイペディアより)

  • オギハラ

    オギハラから見たビッグスリービッグスリー

    日本の自動車メーカーの海外進出とともに、海外へも進出している。特に、アメリカへはビッグスリーから要請を受けて進出している。以下の国に工場を構えいている。オギハラ フレッシュアイペディアより)

112件中 11 - 20件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード