136件中 11 - 20件表示
  • トニー・パーカー

    トニー・パーカーから見たビッグスリービッグスリー

    2012-2013シーズンのNBA6年振りにウェスタンカンファレンスを制し、ファイナルはレブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグスリー擁するマイアミ・ヒートとの対戦となった。パーカーは第1戦で体勢を崩しながらも決勝シュートを決め、ヒートを3勝2敗まで追い詰めたが、第6戦の勝利間近でのレイ・アレンの同点3ポイントシュートから形勢を逆転され、3勝4敗で屈した。トニー・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ・ユーティリティ・ビークル

    スポーツ・ユーティリティ・ビークルから見たビッグスリービッグスリー

    カテゴリとしてのSUVは、前述の通りピックアップトラックの派生として米国で誕生した。1961年のインターナショナルハーベスター・スカウト (International Harvester Scout)や、1963年のジープ・ワゴニア(Jeep Wagoneer SJ)はその始祖であるとされる。その後、それらにヒントを得たビッグスリーが、2代目フォード・ブロンコ、シボレー・K5 ブレイザー、ダッジ・ラムチャージャーなど、フルサイズピックアップの荷台にシェルを被せたワゴンをリリースし、一気に市民権を得るに至り、SUVの呼び名が定着した。スポーツ・ユーティリティ・ビークル フレッシュアイペディアより)

  • スモール・ハンドレッド

    スモール・ハンドレッドから見たビッグスリービッグスリー

    その意味するところは、ガソリン車と比較して構造が単純な電気自動車の時代になると、「ビッグスリー」に代表される既存の大メーカーによる寡占状態が終わり、「百社単位」のベンチャー企業あるいは異業種からの参入企業が出てくる、というもの。スモール・ハンドレッド フレッシュアイペディアより)

  • シングル段取り

    シングル段取りから見たビッグスリービッグスリー

    トヨタ自動車の大野耐一らがアメリカのビッグスリーの生産に関する情報を得た際、当時規模の面で圧倒的に離されていたビッグスリーが行っていた前述のような生産手法を真似するのでは彼らに太刀打ちできないとして、段取り時間の短縮を切り口とした改善を検討した。その際、新郷重雄らの協力を仰ぎ、新郷が東洋製鋼との協業の中でアイデアを得ていた金型の内段取り、外段取りの考え方と取り入れ、ある部品の生産完了後10分以内に別部品の金型へと交換し、生産を行うシングル段取りを実現した。これにより、仕掛在庫の低減によるジャストインタイム生産システムへの対応、設備稼働率の向上、必要設備の最小化など様々な面でその効果を発揮することとなった。シングル段取り フレッシュアイペディアより)

  • インセンティブ (自動車)

    インセンティブ (自動車)から見たビッグスリービッグスリー

    2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件により、アメリカ国内の新車販売は一時的に低迷。生産を減らすことができなかったビッグスリーの各社は、抱えた在庫を処分するためにインセンティブの大盤振る舞いを行った。この時期のインセンティブは次のようなものである。インセンティブ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ランブラー (自動車)

    ランブラー (自動車)から見たビッグスリービッグスリー

    1963年にはランブラーシリーズ全体でモータートレンド誌のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。ロムニーはミシガン州知事になった。ロイ・アバネシー(Roy Abernethy)が後任となり、ビッグスリーと競う方針を引き継いだ。アバネシーは、目標と定めた市場分野では「ランブラー」ブランドは障害になると考えた。そこでアバネシーはランブラーにこだわらず、ボディやプラットフォームのバリエーションでさまざまなバリエーションのモデルを送り出すこととした。ランブラー (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • フルサイズ

    フルサイズから見たビッグスリービッグスリー

    1980年代初頭、アメリカのビッグスリーは、日本車の品質向上と輸出攻勢により、冬の時代を迎えたが、1980年代後半からアメリカ経済が落ち着きを取り戻したこと、車の品質が向上したことなどから、アメリカの消費者の嗜好は再び大型車、フルサイズカーに向かった。フルサイズ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・フロンティア

    日産・フロンティアから見たビッグスリービッグスリー

    1999年に、待望のキングキャブ(エクステンドキャブ)とV6、3.3LエンジンのVG33Eが追加されが、やや遅きに失した感があり、D21系末期からの販売台数の落ち込みは容易に回復せず、トヨタ・タコマは言うに及ばず、ビッグスリーのコンパクトピックアップにもシェアを奪われていた。日産・フロンティア フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ロムニー

    ジョージ・ロムニーから見たビッグスリービッグスリー

    ロムニーはGM、フォード、クライスラーのビッグスリーに対抗する唯一の方法は小型車しかないと確信して、AMCの将来を賭けた。主任技術担当のミード・ムーア(Meade Moore)とともに、売れ行きが鈍っていたナッシュおよびハドソン2ブランドを終了させた。将来を賭けるブランドとしてランブラーが選ばれ、開発と宣伝に力を集中させた。AMCでは「コンパクトカー生産に集中する」という先進的な戦略でこれに臨んだ。この戦略が予想以上の成果を挙げ、経営が軌道にのった。1958年には過去3年間で初めての四半期利益を計上した。1958年は不況の年となり、売上を伸ばしたのはAMCだけだった。これによりAMCの全世界自動車メーカーランクは13位から7位となった。1950年代初頭にハドソンがNASCARレースでそのスピードで活躍したのとは対照的に、ランブラーはモービル主催の東西海岸間を結ぶ高速道路を経済走行するレース(モービルエコノミーラン Economy Run)で何度も優勝した。ジョージ・ロムニー フレッシュアイペディアより)

  • カヤFC

    カヤFCから見たビッグスリービッグスリー

    1980年代後半は様々な年齢の選手が集まってバスケットボールコートで屋内サッカーを楽しんだり、7人制の屋外サッカー大会に参加してメダルやトロフィーを獲得していた。1996年7月、カヤFCは公式に創設された。1990年代後半にはマニラ首都圏サッカー協会が主催する11人制のサッカー大会に参加した。カヤは当時ビッグスリーと呼ばれていたフィリピン陸軍、同空軍、同海軍のサッカークラブを倒せる唯一のクラブとして知られるようになった。カヤFC フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード