112件中 21 - 30件表示
  • ナッシュ・モーターズ

    ナッシュ・モーターズから見たビッグスリービッグスリー

    主に中流を対象とした中価格帯の車を販売し、ビッグスリー(ゼネラルモーターズ、フォード・モーター、クライスラー)以外の独立自動車メーカーとしては第二次世界大戦後まで半世紀近くに渡って活動を続けた数少ない存在である。ナッシュ・モーターズ フレッシュアイペディアより)

  • シングル段取り

    シングル段取りから見たビッグスリービッグスリー

    トヨタ自動車の大野耐一らがアメリカのビッグスリーの生産に関する情報を得た際、当時規模の面で圧倒的に離されていたビッグスリーが行っていた前述のような生産手法を真似するのでは彼らに太刀打ちできないとして、段取り時間の短縮を切り口とした改善を検討した。その際、新郷重雄らの協力を仰ぎ、新郷が東洋製鋼との協業の中でアイデアを得ていた金型の内段取り、外段取りの考え方と取り入れ、ある部品の生産完了後10分以内に別部品の金型へと交換し、生産を行うシングル段取りを実現した。これにより、仕掛在庫の低減によるジャストインタイム生産システムへの対応、設備稼働率の向上、必要設備の最小化など様々な面でその効果を発揮することとなった。シングル段取り フレッシュアイペディアより)

  • 6大グループ

    6大グループから見たビッグスリービッグスリー

    のこと(現在の販売台数・売上高順とは異なる。)を、自動車業界の「6大グループ」と呼んだ。それ以前には世界規模の売上高、生産台数では米三大自動車メーカービッグスリーの優位が続いたが、トヨタなど日本企業の台頭やビッグスリーの凋落、さらに世界の自動車業界全体の再編によりその構造が崩れたため、ビッグスリーと併用して多く用いられるようになった。6大グループ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980)

    アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980)から見たビッグスリービッグスリー

    アメリカ合衆国の自動車「ビッグスリー」では、企業平均燃料経済標準が発行された後に出した最初の事業指令は既存の車種をダウンサイズさせることだった。1970年代が終わるまでにホィールベース121インチ (3.07 m)、車重4,500ポンド (2,000 kg) の自動車は過去のものになった。自動変速装置や電子制御燃料噴射装置が大量生産される前に、伝統的なフロントエンジン/リアドライブの配置が消えて行き、より効率的かつ統合されたフロントエンジン/フロントドライブの配置に置き換わり、コンパクトな車に変わった。フォルクスワーゲン・ゴルフを原型として、企業平均燃料経済標準が定めた燃費効率27.5マイル/ガロン (11.6 km/L) に対応し、デトロイトで生産する車の大半がフロントドライブになった。フォード・フェアモントのような車は1980年代初期だけで短命に終わった。アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980) フレッシュアイペディアより)

  • 大古誠司

    大古誠司から見たビッグスリービッグスリー

    現役時代は全日本のアタッカーとして活躍し、「世界の大砲」と呼ばれた。森田淳悟、横田忠義とともに全日本ビッグスリーとも称された。3大会連続でオリンピックに出場し、1968年メキシコ五輪銀メダル、1972年ミュンヘン五輪金メダル、1976年モントリオール五輪4位という結果を残した。大古誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 井上謙

    井上謙から見たビッグスリービッグスリー

    熊田康則、川合俊一と共に「バレーボール界のビッグ3」と言われ、日本バレーボール界をリード、笑顔が可愛いと女性からの人気も高かった。井上謙 フレッシュアイペディアより)

  • 新御三家

    新御三家から見たビッグスリービッグスリー

    新御三家(しんごさんけ)とは、1970年代に日本を代表するトップアイドル歌手として爆発的な人気を得て大活躍した郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎 の3人(ビッグスリー)を指す総称。それ以前に橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦が『御三家』と呼ばれていた事に倣った名称であり、略して『御三家』と呼ばれることもある。新御三家 フレッシュアイペディアより)

  • アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン

    アートセンター・カレッジ・オブ・デザインから見たビッグスリービッグスリー

    同校トランスポーテーションデザイン学科は世界的に有名。ビッグスリーのカーデザイナーの多くは、同校トランスポーテーションデザイン学科の卒業生である。アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン フレッシュアイペディアより)

  • ビンセント・チン

    ビンセント・チンから見たビッグスリービッグスリー

    1980年代初頭のアメリカ合衆国では、三大自動車メーカーの経営不振が深刻になる一方、安価でコンパクトな日本車が流入。日米自動車摩擦と呼ばれる貿易摩擦が生じた。特に、自動車および関連工場が集中するデトロイトでは問題は深刻化し、工場労働者の解雇が行われる中、日本車ひいては日本人に対して、不穏な空気が広がっていた背景がある。ビンセント・チン フレッシュアイペディアより)

  • 横田忠義

    横田忠義から見たビッグスリービッグスリー

    1972年、ミュンヘン五輪で金メダルを獲得、大古誠司、森田淳悟とともにビッグスリーの一角を担った。横田忠義 フレッシュアイペディアより)

112件中 21 - 30件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード