112件中 31 - 40件表示
  • アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)

    アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)から見たビッグスリービッグスリー

    世界産業労働組合や共産主義者はもはや労働運動で力を持って居らず、職種別労働組合で組織を作り、労働者と資本家の協業を訴えたアメリカ労働総同盟が1930年代まで労働運動を支配した。1935年、アメリカ労働総同盟の中の8組合が産業別労働組合会議を組織し、産別労働組合主義を促進した。産業別労働組合は1936年にアメリカ労働総同盟によって排除され、1938年にはアメリカ労働総同盟に対抗する組織を結成した。産業別労働組合会議は、鉄鋼労働者組織委員会に1937年にUSスチールとの協定を結ばせ、フリント・シッダウン・ストライキでは勝利し、ゼネラルモーターズにはその労働者の集合的交渉団体として全米自動車労働組合を認知させることに成功した。ゼネラルモーターズで成功した自動車労働者組合はその鉾先をクライスラーに向け、これも直ぐに合意に達した。自動車ビッグスリーの最後の1社フォード・モーターの場合、ヘンリー・フォードが絶対的に労働組合に反対していたので、この殻を破るのは至難だと分かった。フォードの安全保障部隊が1937年5月にそのリバールージュ工場から自動車労働者組合のオーガナイザー数人を叩き出した。フォードはその態度を変えようとしなかったが、1941年の山猫ストが発生して初めて組合に折れてその存在を認めることになった。アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945) フレッシュアイペディアより)

  • お笑いブーム

    お笑いブームから見たビッグスリービッグスリー

    1980年代中期のお笑いBIG3(タモリ・ビートたけし・明石家さんま)や萩本欽一の時代お笑いブーム フレッシュアイペディアより)

  • 森田淳悟

    森田淳悟から見たビッグスリービッグスリー

    1972年のミュンヘン五輪で金メダルを獲得。横田忠義、大古誠司とともに全日本ビッグスリーと呼ばれ、相手の攻撃コースを読んだ緻密なブロックはフジヤマブロックと呼ばれた。森田のドライブサーブは世界一の速さと言われ、強烈なドライブサーブで相手のレシーブを崩した。ミュンヘンオリンピック後、全日本を離れたが、1977年に日本で行われたワールドカップで復帰。日本を銀メダルに導いた。森田淳悟 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ピアース

    ポール・ピアースから見たビッグスリービッグスリー

    これまでピアースは劣悪なチーム状況の中にいるグッドプレーヤーの典型であったが、チームに対して補強を強く要求したことが功を奏し、チームが改革に乗り出した。リーグ屈指のシューターレイ・アレンに加え、ミネソタ・ティンバーウルブズで同じく苦汁を舐め続けたケビン・ガーネットまでが立て続けにセルティックス入りを果たし、NBAでも屈指のビッグスリーが形成された。2007-08シーズン、協調性を重んじる3人のスターは見事なパフォーマンスを見せ、レギュラーシーズンを全体1位通過すると、プレーオフでも順当に勝ち上がりファイナルに進出。幼少時代から見てきたレイカーズとの古豪対決を制し、優勝を果たした。ファイナル第1戦に右膝を捻挫したものの、シリーズを通してチームを支えファイナル6戦で平均21.8得点、4.5リバウンド、6.3アシストの活躍でピアースはファイナルMVPの栄冠に輝いた。ポール・ピアース フレッシュアイペディアより)

  • CAFE

    CAFEから見たビッグ3ビッグスリー

    1970年代のオイルショックをきっかけに、各社の1978年モデルから導入された。米議会ではたびたび規制強化が検討されてきたが、ビッグ3など自動車業界が反発し、乗用車の基準は1990年モデル以降据え置かれていた。CAFE フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・ブレイザー

    シボレー・ブレイザーから見たビッグスリービッグスリー

    初代のブレイザーは先行するフォード・ブロンコに対抗してデザインされ、同じ市場に打って出た。理想のオフローダーを目指して専用設計となったブロンコに対し、GMのアプローチは異なっており、同社のライトトラックであるC5のプラットフォームを流用した。これにより、コストダウンはもちろんのこと、その副産物として、ブロンコ以上の室内スペースと、ピックアップトラックに極めて近いスタイリングを得ることとなった。北米ではピックアップトラックが非常に好まれ、大きな市場を有していたことから、ブレイザーも瞬く間に人気となった。次いで1974年に登場したクライスラーのダッジ・ラムチャージャー(Dodge Ram Charge)もこの流れに追従したため、販売台数でブレイザーに水を開けられたブロンコも、モデルチェンジに際して同社のFシリーズピックアップをベースとする道を選び、ここにビッグスリーのSUVの成り立ちが決することとなった。シボレー・ブレイザー フレッシュアイペディアより)

  • 8ビット御三家

    8ビット御三家から見たビッグスリービッグスリー

    なお、この名称は日本市場の状況を表す概念であり、世界的に見ればタンディ・ラジオシャック、アップルコンピュータ、コモドールこそが「御三家」(ビッグスリーとも)といえるものであった(後述)が、当記事においては日本市場のみを扱う事とする。8ビット御三家 フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ラザー

    ダン・ラザーから見たビッグ3ビッグスリー

    『NBCナイトリーニュース』のトム・ブロコウ、『World News Tonight』のピーター・ジェニングスと並んで「ビッグ3」と評された。また、ラザーが『CBSイブニングニュース』を降板した際には、世界各国のメディアで報道された。この3人ほど世界中に知られているジャーナリストはいないのではないかと言われている。ダン・ラザー フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ジト

    バリー・ジトから見たビッグスリービッグスリー

    翌は先発ローテーションに開幕から定着し、7月24日までの成績が6勝7敗・防御率5.01であったが、以後の成績は11勝1敗で8月と9月と連続で月間最優秀投手を受賞した。シーズンを通しての成績は、17勝(リーグ6位)・防御率3.49(同8位)・205奪三振(同4位)という成績を残し、ジトはティム・ハドソンやマーク・マルダーとともに、先発3本柱 "ビッグ3" と呼ばれるようになった。に23勝5敗という成績を挙げ最多勝を獲得し、1986年のロジャー・クレメンスが受賞して以降では最年少、球団史上5人目のデニス・エカーズリー以来となるサイ・ヤング賞を受賞した。勝率.818はにシーズン27勝を記録したボブ・ウェルチを上回る球団史上歴代4位。バリー・ジト フレッシュアイペディアより)

  • ノン・グラフィック

    ノン・グラフィックから見たBIG3ビッグスリー

    1929年に起きた世界恐慌を乗り越えたアメリカは、1940年代から1950年代にかけて空前の好景気に沸いており、あらゆる産業が活気づいていた。同時に広告業界もその恩恵を受けると共に、特に自動車業界ではBIG3の命を受けた、豪勢なイラストレーションでその豪華なイメージのみを売るという、利点請求の不明確な広告が多くを占めたため、ただ「モノが売れれば良い」という、モラルの欠如した広告が横行していた。ノン・グラフィック フレッシュアイペディアより)

112件中 31 - 40件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード