136件中 31 - 40件表示
  • トヨタ・T100

    トヨタ・T100から見たビッグスリービッグスリー

    1992年の終わりに、1993年モデルとして登場。ハイラックスをベースに一回り大型化させたものだった。トヨタが現行のトヨタマークを導入した後に登場しているが、リアエンブレムにはトヨタマークがなく、ハイラックスと同様、「TOYOTA」とローマ字で記されていた。これは、ピックアップトラックのユーザーの多くは、洗練されたロゴマークよりもアルファベットの力強いマークを好むためであり、その後のタコマなどにもその手法が受け継がれている。トヨタ初のフルサイズピックアップトラックとなったが、ビッグスリーのフルサイズピックアップトラックよりもボディやエンジンがはるかに小さかったため、売れ行きは不振だった。後継にはより大型で、V型8気筒エンジン搭載のタンドラが1999年モデルで登場している。トヨタ・T100 フレッシュアイペディアより)

  • オギハラ

    オギハラから見たビッグスリービッグスリー

    日本の自動車メーカーの海外進出とともに、海外へも進出している。特に、アメリカへはビッグスリーから要請を受けて進出している。以下の国に工場を構えている。オギハラ フレッシュアイペディアより)

  • デイブ・ディバッシャー

    デイブ・ディバッシャーから見たビッグスリービッグスリー

    しかしニックスはビッグスリー相手にも全く引けを取らず、両者は大接戦を演じた。ディバッシャーのプレーは随所で光った。1勝1敗で迎えた第3戦ではディバッシャーのジャンプシュートがよく決まり、オーバータイムの末にニックスを111-108の勝利に導いた。2勝2敗で迎えた第5戦では、218cmのチェンバレンを208cmのディバッシャーがマッチアップし、ディバッシャーはこのNBA史を代表する巨人を僅か4点に抑えた。後にディバッシャーは「第5戦は今までプレーした中で最も素晴らしい試合の一つだった」と誇りをもって語っている。そしてマディソン・スクエア・ガーデンの伝説となった第7戦。シリーズ中に足に大怪我を負ったウィリス・リードは、第7戦の出場が絶望視されており、リードを欠いて第7戦を戦わなければならないニックスは敗色濃厚となった。しかしリードは第7戦のコートに現れた。さらに試合ではニックス最初の得点を記録。リードがコートに立った時間は僅かなものだったが、彼の勇姿はレイカーズの度肝を抜き、そしてニックスの闘争心に火を点けた。実はディバッシャーはブラッドリーと共にリードに第7戦も出場するよう掛け合った人物だったが、彼もまたリードの勇姿に煽られ、第7戦で18得点17リバウンドをあげた。113-99と完勝したニックスはシリーズ4勝目をあげ、創部24年目にして初の優勝を遂げた。デイブ・ディバッシャー フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・エインジ

    ダニー・エインジから見たビッグスリービッグスリー

    かくしてセルティックスにケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレンというリーグ史上でも屈指のビッグスリーが誕生した。2つのビッグトレードでセルティックスからは計10人が放出され、選手層の薄さを危ぶむ声も多くあがったが、エインジはビッグスリーの魅力を存分に使い、ジェームス・ポージー、サム・キャセール、P.J.ブラウンらを獲得し、そつのない補強を実践した(一時は引退したレジー・ミラーまでも復帰しセルティックス入りする話もあった)。ダニー・エインジ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・クーパー

    マイケル・クーパーから見たビッグスリービッグスリー

    マイケル・クーパー(Michael Jerome Cooper、1959年4月15日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のNBAで活躍したバスケット選手。マジック・ジョンソンとカリーム・アブドゥル=ジャバーとともに、ロサンゼルス・レイカーズのビッグスリーとして知られている。現在はWNBAのアトランタ・ドリームのヘッドコーチを務めている。マイケル・クーパー フレッシュアイペディアより)

  • 1998-1999シーズンのNBA

    1998-1999シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    アキーム・オラジュワン、クライド・ドレクスラー、チャールズ・バークレーらが在籍するチームだったヒューストン・ロケッツは、シーズン前にはドレクスラーが引退するも、今度はスコッティ・ピッペンが加わり、再び大きな注目を集めるビッグスリーが誕生。このシーズンは31勝19敗とまずまずの成績を収めたが、バークレーとピッペンの確執などでシーズン終了後にはピッペンが早々と移籍してしまうため、このビッグスリーは僅か1シーズンで解散した。1998-1999シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • プロトタイプ

    プロトタイプから見たビッグスリービッグスリー

    一般消費者へ向けて主にモーターショーなどで展示されるものはコンセプトカーやショーカーともいわれる。中でも第二次世界大戦後のアメリカのビッグスリーが製作し、各地のモーターショーやメーカー自身の巡業(GMのモトラマなど)に使われた、いわゆるフューチャーカーやドリームカーの数々は自動車史上でも特筆に値する。プロトタイプ フレッシュアイペディアより)

  • 熊田康則

    熊田康則から見たビッグスリービッグスリー

    1985年、大学卒業とともに富士フイルム入社。1年目から日本リーグでの21試合全勝優勝を経験するなど富士フイルム黄金時代を支え、同チームの主将も務めた。川合俊一(中学からの顔見知り)、井上謙(高2の練習試合で出会う)と共に、「バレーボール界のビッグ3」と言われ、大砲として日本バレーボール界をリード。第13回ユニバーシアード大会(1985年)で金メダルを獲得。1988年ソウル五輪出場。熊田康則 フレッシュアイペディアより)

  • ノン・グラフィック

    ノン・グラフィックから見たBIG3ビッグスリー

    1929年に起きた世界恐慌を乗り越えたアメリカは、1940年代から1950年代にかけて空前の好景気に沸いており、あらゆる産業が活気づいていた。同時に広告業界もその恩恵を受けると共に、特に自動車業界ではBIG3の命を受けた、豪勢なイラストレーションでその豪華なイメージのみを売るという、利点請求の不明確な広告が多くを占めたため、ただ「モノが売れれば良い」という、モラルの欠如した広告が横行していた。ノン・グラフィック フレッシュアイペディアより)

  • カロン・バトラー

    カロン・バトラーから見たビッグスリービッグスリー

    レイカーズでは1シーズンだけプレイし、2005年にワシントン・ウィザーズに移籍。ウィザーズでは前シーズンに攻守両面で活躍しながらチームを去ってしまったラリー・ヒューズの後釜としてのプレイが期待され、ヒューズとギルバート・アリーナス、アントワン・ジェイミソンで形成されていたビッグスリーの新たな一員となった。バトラーは持ち味であるフィジカルなディフェンスに加え得点面でも活躍、17.6得点6.2リバウンドのアベレージを残し、ヒューズの穴を見事に埋めてチームの2年連続プレイオフ進出に貢献した。2006-07シーズンには19.1得点7.4リバウンドとさらに成績を上げ、自身初のオールスターにも出場。チームもカンファレンス上位に食い込むなど、好調なシーズンを送るかに見えたが、シーズン終盤になってエースのアリーナスが負傷によりチームから離脱すると、今度はバトラーが右手を骨折してしまい、以降プレイオフまで全て欠場を強いられることになった。カロン・バトラー フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード