136件中 41 - 50件表示
  • ナッシュ・モーターズ

    ナッシュ・モーターズから見たビッグスリービッグスリー

    主に中流を対象とした中価格帯の車を販売し、ビッグスリー(ゼネラルモーターズ、フォード・モーター、クライスラー)以外の独立自動車メーカーとしては第二次世界大戦後まで半世紀近くに渡って活動を続けた数少ない存在である。ナッシュ・モーターズ フレッシュアイペディアより)

  • お笑いブーム

    お笑いブームから見たビッグスリービッグスリー

    1980年代中期のお笑いBIG3(タモリ・ビートたけし・明石家さんま)や萩本欽一の時代。お笑いブーム フレッシュアイペディアより)

  • カイザー=フレーザー

    カイザー=フレーザーから見たビッグスリービッグスリー

    第二次世界大戦中に造船業界で成功を収めたカイザーが、終戦に伴い遊休化した軍用航空機工場の民需転換を図ると共に、戦後の好況で需要が見込める自動車製造業への本格進出を目指した一方で、自動車製造のノウハウを持っていたフレーザーも業界での再起を目指し資金面の豊富なスポンサーを必要としたことで両者の利害が一致。新会社はカイザー社の出資を仰ぐと共に、グラハム=ペイジ社の資産も包含した。既に、いわゆる「ビッグスリー」に牛耳られるようになっていたアメリカ合衆国の自動車業界において、独立した国内資本による大規模な量産自動車メーカーを新たに発足させた、ほぼ最後の例と言えるが、結果的には挫折することになった。カイザー=フレーザー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見たビッグスリービッグスリー

    ゼネラルモーターズ(GM)、フォード・モーター、クライスラーの大手3社を総称してビッグスリーと呼び、この他にテスラモーターズなど新興メーカーがある。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車の自己診断機能

    自動車の自己診断機能から見たビッグスリービッグスリー

    つまりアメリカのビッグスリー、GM、フォード、クライスラーがそれぞれ定めた規格、Kラインとも呼ばれるヨーロッパの各メーカー及び日本の各メーカーが採用している規格、そしてCAN(Controller Area Network)である。これら5種類のうち、当初はいずれかの通信規格を備えていれば、その車種はOBD2に対応した自己診断機能を搭載していると認められていた。自動車の自己診断機能 フレッシュアイペディアより)

  • 2002-2003シーズンのNBA

    2002-2003シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    ダーク・ノビツキー、スティーブ・ナッシュ、マイケル・フィンリーらビッグスリー体制になって以来年々スパーズに迫るマーベリックスは、開幕14連勝を記録し、勝率でついにスパーズと並んだ。2002-2003シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1968-1969シーズンのNBA

    1968-1969シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    チェンバレンが移籍したロサンゼルス・レイカーズには当時を代表するスター選手2名が在籍していた。エルジン・ベイラーとジェリー・ウェストである。2人の境遇は3年前のチェンバレンとそっくりであった。優勝できる実力とチャンスを得ながら、尽くボストン・セルティックスにその夢を打ち砕かれているのである。ベイラーにウェスト、そしてチェンバレンと当時類を見ない豪華なビッグスリーで、レイカーズは悲願の優勝を目指すこととなった。1968-1969シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1999-2000シーズンのNBA

    1999-2000シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    スコッティ・ピッペンが僅か1シーズンで去ったヒューストン・ロケッツは、チャールズ・バークレーもシーズン半ばで引退。アキーム・オラジュワン、バークレー、ピッペンのビッグスリー構想は脆くも崩れ去り、大幅に負け越したこのシーズンはプレーオフ進出も8シーズンぶりに逃した。ロケッツに2度の優勝をもたらしたオラジュワンもキャリア末期を迎えており、ロケッツはシーズン前にシャンドン・アンダーソンを獲得するなどチームの大幅な若返りを敢行し、新人王を獲得したスティーブ・フランシス、2年目のカッティノ・モブリーを中心とする再建モードに突入した。1999-2000シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ドック・リバース

    ドック・リバースから見たビッグスリービッグスリー

    NBAのコメンテーターを務めた後、2004年からボストン・セルティックスにヘッドコーチとして招聘された。2008年、セルティックスはエースのポール・ピアースにケビン・ガーネット、レイ・アレンを加えて強力なビッグスリーを結成し、チームは大躍進を遂げる。シーズンを終わってみれば66勝16敗の好成績で勝率.805はチーム歴代最高勝率となり、ファイナルでは宿敵ロサンゼルス・レイカーズを下し、リバースは選手時代も含めて初めてNBAチャンピオンとなった。また、黒人ヘッドコーチとしては、同じくセルティックスを率いていたK・C・ジョーンズ以来22年ぶりの優勝コーチとなった。ドック・リバース フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアス・アービング

    ジュリアス・アービングから見たビッグスリービッグスリー

    1971‐72シーズン終了後、この年に大学を卒業するはずだったアービングを、NBAのミルウォーキー・バックスが1972年のNBAドラフト11位で指名した(当時NBAは大学生へのドラフト指名を禁止していた)。もしアービングがこの指名に応じ、バックスに入団していならば、カリーム・アブドゥル=ジャバーにオスカー・ロバートソン、そしてアービングと史上類を見ない強力なビッグスリーが誕生することになったが、アービングはバックスファンの期待を他所にNBAのアトランタ・ホークスとの契約にサインしていた。年俸200万ドルと当時としては破格の好条件であり、またアービングはホークス所属のピート・マラビッチとプレイできることを楽しみにしており、そして参加したシーズン前のホークスのトレーニングキャンプでのマラビッチとのプレイにアービングは大いに手ごたえを感じていた。しかしアービングのホークス移籍にスクワイアーズが黙ってはいなかった。この時点でアービングとスクワイアーズの契約はまだ残っており、また将来偉大な選手となる可能性を秘めているアービングを、スクワイアーズがみすみす手放すはずもなかった。スクワイアーズは裁判という手段に打って出て、そしてアービング獲得合戦はスクワイアーズにホークス、バックスと三つ巴の大騒動となった。司法はスクワイアーズの主張を支持し、アービングがスクワイアーズに戻ることで決着がついた。なお、この間アービングはホークスのエキシビジョンゲームに3試合出場しており、NBAでの規定ではドラフト指名したバックスにアービングの所有権があったため、ホークスの行為は規定違反となり、1試合につき25,000ドルの罰金を科せられている。ジュリアス・アービング フレッシュアイペディアより)

136件中 41 - 50件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード