112件中 41 - 50件表示
  • ウィリアム・バーンバック

    ウィリアム・バーンバックから見たBIG3ビッグスリー

    当時、BIG3が送り出す派手で大きいデトロイト産のアメリカ車が多い中で、1959年にドイツから上陸したフォルクスワーゲン・ビートルの広告キャンペーンに関わり、その当時、イラストやイメージのみの豪華さで売るアメリカ車のキャンペーンに対抗して、写真はコピーの主張に適うものに重点を置き、理知的なメッセージによる利点請求を主体とした広告制作手法である、ノン・グラフィックという手法を確立させる。このキャンペーンはアメリカ東海岸に住む知識層から反響の火がつくと、その後アメリカ国内のみならず世界中で評判を呼ぶ。このキャンペーンでビートルは1000万台以上を売り上げ、以後20年近く同キャンペーンの広告を手掛ける。ウィリアム・バーンバック フレッシュアイペディアより)

  • 日産・フロンティア

    日産・フロンティアから見たビッグスリービッグスリー

    1999年に、待望のキングキャブ(エクステンドキャブ)とV6、3.3LエンジンのVG33Eが追加されが、やや遅きに失した感があり、D21系末期からの販売台数の落ち込みは容易に回復せず、トヨタ・タコマは言うに及ばず、ビッグスリーのコンパクトピックアップにもシェアを奪われていた。日産・フロンティア フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスジェット

    ビジネスジェットから見たビッグスリービッグスリー

    2007年の金融危機以降、アメリカの自動車産業ビッグスリー幹部への非難が高まり、ビジネスジェット機を使用することへの批判が高まり、シティバンクなど購入を中止する企業も現れた。ビジネスジェット フレッシュアイペディアより)

  • フルサイズ

    フルサイズから見たビッグスリービッグスリー

    1980年代初頭、アメリカのビッグスリーは、日本車の品質向上と輸出攻勢により、冬の時代を迎えたが、1980年代後半からアメリカ経済が落ち着きを取り戻したこと、車の品質が向上したことなどから、アメリカの消費者の嗜好は再び大型車、フルサイズカーに向かった。フルサイズ フレッシュアイペディアより)

  • 自動車産業

    自動車産業から見たビッグスリービッグスリー

    米国は世界で最初に大量生産技術を開発し、国土が広く公共交通機関が行き届かない地域が多いことから、自動車の市場規模は大きい。フォード、GM、クライスラーの「ビッグスリー」を筆頭とした自動車産業は、幾多の合併や淘汰を経つつも常に製造業の中心としてアメリカ産業を牽引してきた。自動車産業 フレッシュアイペディアより)

  • 2001-2002シーズンのNBA

    2001-2002シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    レイ・アレン、グレン・ロビンソン、サム・キャセールらビッグスリーを擁する前季デビジョンの覇者バックスは、後半になると連敗を繰り返し、ついにはプレーオフ出場を逃した。2001-2002シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ミドル3

    ミドル3から見たビッグ3ビッグスリー

    ミドル3( - スリー、英名:Middle Three)は、さまぁ〜ず、雨上がり決死隊、くりぃむしちゅーの3組のお笑いコンビが出演するテレビ朝日系列のバラエティ特別番組のタイトルで、3組の総称ではあるがビッグ3のように一般的に知れ渡っている言葉ではなく、あくまで番組内で使用している総称であり、番組正式タイトルは「さまぁ?ず・雨上がり決死隊・くりぃむしちゅーの多角的トークバラエティ ミドル3(現在レギュラー出願中!)」。ミドル3 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ガーネット

    ケビン・ガーネットから見たビッグスリービッグスリー

    ボストンに集ったポール・ピアス、レイ・アレン、そしてケビン・ガーネットの3人は、強力なトリオとして注目を集めた。3人の年俸総額だけでチームの全予算の1/4を占めた(ガーネットは2009年で切れる現行の契約満了後の3年総額6,000万ドルの契約にサインしている)。人々はセルティックスの大きな成功を予想し、80年代にセルティックスの黄金期を築き上げたラリー・バード、ケビン・マクヘイル、ロバート・パリッシュのトリオと比較して、ピアス、アレン、ガーネットの3人をビッグスリーと呼び、かつての栄光の復活を期待した。一方で3人に戦力と予算が集中し過ぎているという指摘もあり、ガーネットやアレンとのトレードで閑散としているロスターの補強が急務となったが、一躍優勝候補筆頭に躍り出たセルティックスへの移籍を多くの選手が望み、セルティックスはジェームス・ポージー、P.J.ブラウン、そしてガーネットとは元チームメートのサム・キャセールの獲得に成功している。なお、学生時代以来一貫して着用し続けていたガーネットの背番号『21』は、セルティックスではビル・シャーマンの永久欠番に指定されているため、ガーネットは背番号『5』でプレーすることになった。ケビン・ガーネット フレッシュアイペディアより)

  • 1968-1969シーズンのNBA

    1968-1969シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    チェンバレンが移籍したロサンゼルス・レイカーズには当時を代表するスター選手2名が在籍していた。エルジン・ベイラーとジェリー・ウェストである。2人の境遇は3年前のチェンバレンとそっくりであった。優勝できる実力とチャンスを得ながら、尽くボストン・セルティックスにその夢を打ち砕かれているのである。ベイラーにウェスト、そしてチェンバレンと当時類を見ない豪華なビッグスリーで、レイカーズは悲願の優勝を目指すこととなった。1968-1969シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 2003-2004シーズンのNBA

    2003-2004シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    ミネソタ・ティンバーウルブズはトレードでミルウォーキー・バックスからサム・キャセールを、さらに4チームが絡んだ大型トレードでラトレル・スプリーウェルを獲得。この2人にケビン・ガーネットを加えた3人はビッグスリーと称された。2003-2004シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

112件中 41 - 50件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード