112件中 51 - 60件表示
  • 2002-2003シーズンのNBA

    2002-2003シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    ダーク・ノビツキー、スティーブ・ナッシュ、マイケル・フィンリーらビッグスリー体制になって以来年々スパーズに迫るマーベリックスは、開幕14連勝を記録し、勝率でついにスパーズと並んだ。2002-2003シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1980-1981シーズンのNBA

    1980-1981シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    それでも満足しなかったアワーバックはより優勝を確実なものにするため、このシーズンの前に大胆なトレードを行った。アワーバックは過去にバード入団に備えて、もう一つ手を打っていた。1979年にセルティックスのシステムにはマッチしていなかったかつてのオールスター選手であるボブ・マカドゥーを使って、デトロイト・ピストンズから将来のドラフト指名権を獲得していたのである。この指名権が、1980年のNBAドラフトでは全体1位指名権に化けていた。セルティックスには是が非でも手に入れたい選手が居た。ミネソタ大学のケビン・マクヘイルである。セルティックスはドラフトで彼を指名するだけで簡単にマクヘイルを獲得できたが、滅多に手に入らない1位指名権をただ単純に行使するアワーバックではなかった。アワーバックはドラフト前に、1位指名権を13位指名権と合わせてゴールデンステート・ウォリアーズに譲渡してしまったのである。見返りに得たのがセンターのロバート・パリッシュとドラフト3位指名権だった。低迷が続き、再建に本腰を入れたいウォリアーズにとって、このトレードは決して悪いものではなかった。パリッシュの後釜として、この年のドラフトの目玉である216cmの大型センター、ジョー・バリー・キャロルを指名できるからである。そしてウォリアーズはドラフトでキャロルを1位指名。2位指名権を持つユタ・ジャズはダレル・グリフィスを指名した。そしてアワーバックは目論見通り、ウォリアーズから受け取った3位指名権でマクヘイルを指名。セルティックスとアワーバックは、まんまと一度にパリッシュとマクヘイルを手に入れてしまったのである。一連のアワーバックの動きは「最も不公平なトレード」の烙印を押されるが、1978年のバード指名に奇策に続くアワーバックの妙技により、ラリー・バード、ロバート・パリッシュ、ケビン・マクヘイルと、後に史上最高のフロントコートと呼ばれるビッグスリーの役者がここに揃った。1980-1981シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1998-1999シーズンのNBA

    1998-1999シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    アキーム・オラジュワン、クライド・ドレクスラー、チャールズ・バークレーらが在籍するチームだったヒューストン・ロケッツは、シーズン前にはドレクスラーが引退するも、今度はスコッティ・ピッペンが加わり、再び大きな注目を集めるビッグスリーが誕生。このシーズンは31勝19敗とまずまずの成績を収めたが、バークレーとピッペンの確執などでシーズン終了後にはピッペンが早々と移籍してしまうため、このビッグスリーは僅か1シーズンで解散した。1998-1999シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1999-2000シーズンのNBA

    1999-2000シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    スコッティ・ピッペンが僅か1シーズンで去ったヒューストン・ロケッツは、チャールズ・バークレーもシーズン半ばで引退。アキーム・オラジュワン、バークレー、ピッペンのビッグスリー構想は脆くも崩れ去り、大幅に負け越したこのシーズンはプレーオフ進出も8シーズンぶりに逃した。ロケッツに2度の優勝をもたらしたオラジュワンもキャリア末期を迎えており、ロケッツはシーズン前にシャンドン・アンダーソンを獲得するなどチームの大幅な若返りを敢行し、新人王を獲得したスティーブ・フランシス、2年目のカッティノ・モブリーを中心とする再建モードに突入した。1999-2000シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1995-1996シーズンのNBA

    1995-1996シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    懸案だったロッドマンは審判に頭突きをして6試合の出場停止処分を受けたところは相変わらずだったが、フィル・ジャクソンHCに対しては敬意を払うようになり、そして難解なトライアングル・オフェンスもすぐに理解し、彼のリバウンド力とディフェンス力はチームに大きな貢献を果たした。またジョーダン不在のブルズをエースとして支えていたスコッティ・ピッペンは、スリーピート時代よりもさらに一皮向けており、ジョーダンにも「ブルズはピッペンのチーム」と言わしめるほど高いリーダーシップを発揮した。そしてジョーダンはリーグ最高の選手としての姿を取り戻したが、しかし彼のプレイスタイルにはスリーピート時代と比べて変化が見られ、恵まれた身体能力を活かした強烈なスラムダンカーから、フェイダウェイジャンプショットなどを駆使する技巧的なジャンプシューターに生まれ変わっていた。ジョーダン、ピッペン、ロッドマンのトリオは実力も話題性もNBA史上屈指であるビッグスリーとなり、リーグを席巻した。1995-1996シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・タンドラ

    トヨタ・タンドラから見たビッグスリービッグスリー

    T100よりは大型化したが、ビッグスリーを不必要に刺激しないよう、それらのフルサイズピックアップトラックよりも、寸法、排気量共にやや小さめに作られており、販売面で不利となった。トヨタ・タンドラ フレッシュアイペディアより)

  • リコール (自動車)

    リコール (自動車)から見たビッグスリービッグスリー

    ラルフ・ネーダー - ビッグスリー(米3大自動車メーカー)に対するロビー活動で知られるリコール (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • 栄光なき天才たち

    栄光なき天才たちから見たビッグスリービッグスリー

    プレストン・トーマス・タッカー(アメリカ自動車産業ビッグスリーを敵に回し「タッカー・トーペッド」を作り上げた実業家。その生涯を描いた映画『タッカー』の公開にあわせてヤングジャンプ誌に掲載)栄光なき天才たち フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ロムニー

    ジョージ・ロムニーから見たビッグスリービッグスリー

    ロムニーはGM、フォード、クライスラーのビッグスリーに対抗する唯一の方法は小型車しかないと確信して、AMCの将来を賭けた。主任技術担当のミード・ムーア(Meade Moore)とともに、売れ行きが鈍っていたナッシュおよびハドソン2ブランドを終了させた。将来を賭けるブランドとしてランブラーが選ばれ、開発と宣伝に力を集中させた。AMCでは「コンパクトカー生産に集中する」という先進的な戦略でこれに臨んだ。この戦略が予想以上の成果を挙げ、経営が軌道にのった。1958年には過去3年間で初めての四半期利益を計上した。1958年は不況の年となり、売上を伸ばしたのはAMCだけだった。これによりAMCの全世界自動車メーカーランクは13位から7位となった。1950年代初頭にハドソンがNASCARレースでそのスピードで活躍したのとは対照的に、ランブラーはモービル主催の東西海岸間を結ぶ高速道路を経済走行するレース(モービルエコノミーラン Economy Run)で何度も優勝した。ジョージ・ロムニー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済

    アメリカ合衆国の経済から見たビッグスリービッグスリー

    T型フォードの量産に成功したフォード・モーター、2008年まで約77年間、自動車販売台数世界一であったゼネラルモーターズ(GM)、米国3位のクライスラーがビッグスリーを形成していたが、1980年代にはトヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業といった日本の自動車メーカーに性能の面で劣るようになっていき、貿易摩擦にまで発展していった。その後も、米国内で受け入れられる大型のピックアップトラックの生産により活路を見出していたが、貿易摩擦回避のために米国に生産拠点を設置した日本自動車メーカーと比べて人件費が高いこと、全米自動車労働組合に払う企業年金も巨額に上ること、小型化、燃費効率の改善といった消費者のマインドをつなげるような商品を供給できなかったことから、事業の構造改革は進まなかった。そして、世界金融危機_(2007年-)により売上高が急減、資金繰が逼迫することになり、2008年12月には不良資産買い取りプログラム(TARP)7000億ドルの中から、GM、クライスラーはつなぎ融資を受けたものの、2009年4月30日にはクライスラーが、同年6月1日、GMが連邦倒産法第11章の適用を申請、それぞれ、新生クライスラー、新生GMとして歩みだした。アメリカ合衆国の経済 フレッシュアイペディアより)

112件中 51 - 60件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード