136件中 51 - 60件表示
  • ジェイソン・キッド

    ジェイソン・キッドから見たビッグスリービッグスリー

    オフ、キッドと相性の良かったケニオン・マーティンがチームを去ったことはキッドに大きなショックを与えた。キッド自身はプレーオフでの大不振の原因となった膝を完治させるために手術を決断し、2004-05シーズンの開幕に遅れることが決まった。キッドが受けたマイクロフラクチャー手術は過去にアンファニー・ハーダウェイなど多くの選手のキャリアを奪った危険度の高い手術として知られるが、キッドは無事復帰した(12月6日のトロント・ラプターズ戦で復帰)。キッドの不在中4勝11敗と大きく負け越していたネッツは、キッド復帰後少しずつ勝ち星を増やしていき、マーティンの放出で弱体化したインサイドでは新人のネナド・クリスティッチが踏ん張りを見せるなど、シーズン序盤を大きく出遅れたネッツにも明るい兆しが見え始めた。そして12月17日、ネッツはトロント・ラプターズからトレードによってヴィンス・カーターを獲得することに成功。リーグ最高峰のパサーであるキッドとリーグ最高峰のスラムダンカーであるカーターのデュオは大きな注目を集め、そしてジェイソン・キッドとヴィンス・カーター、リチャード・ジェファーソンのトリオはビッグスリーと称された。しかし1月に入ると今度はジェファーソンが手首の負傷により長期離脱を強いられ、このトリオがこのシーズン中に十分機能することはなかった。戦力不足によってネッツのプレーオフ進出に黄信号が点り始めたが、シーズン終盤にはキッドとカーターの活躍でネッツは驚異的な巻き返しを演じ、42勝40敗の成績で辛うじてプレーオフに進出した。プレーオフでは1回戦でマイアミ・ヒートの前に敗れている。ジェイソン・キッド フレッシュアイペディアより)

  • ラシード・ウォーレス

    ラシード・ウォーレスから見たビッグスリービッグスリー

    2008-09シーズン後、FAとなったウォーレスは2009年7月、ボストン・セルティックスへ移籍した。この時、ウォーレス獲得のために、セルティックスのBIG3(ポール・ピアース、レイ・アレン、ケビン・ガーネット)とドック・リバースHCが直接ノースカロライナ州にあるウォーレスの自宅に赴いて説得を行ったと言われている。セルティックスでは、シックスマンとしてガーネットやケンドリック・パーキンスのインサイド陣を支え、その年のNBAファイナル出場に貢献した。ファイナルではロサンゼルス・レイカーズと対戦。ゲーム7では、ゲーム6で負傷退場したパーキンスの代わりに先発出場して奮闘したが、アンドリュー・バイナムとパウ・ガソルの "ツインタワー" を止めることは出来ず、3勝4敗で力尽きた。ラシード・ウォーレス フレッシュアイペディアより)

  • リー・アイアコッカ

    リー・アイアコッカから見たビッグスリービッグスリー

    第二次世界大戦終結後の1946年8月に、アメリカの自動車製造「ビッグスリー」の一角を占め、世界第2位の規模を持つ自動車会社であるフォード社に入社した。理系の学歴を持つこともあり当初は技術畑への配属を打診されたものの、フォード社に入社した後は主に販売に関わり、アメリカ東海岸地区の地区販売支配人や商用車販売部門長などを歴任した。リー・アイアコッカ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980)

    アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980)から見たビッグスリービッグスリー

    アメリカ合衆国の自動車「ビッグスリー」では、企業平均燃料経済標準が発行された後に出した最初の事業指令は既存の車種をダウンサイズさせることだった。1970年代が終わるまでにホィールベース121インチ (3.07 m)、車重4,500ポンド (2,000 kg) の自動車は過去のものになった。自動変速装置や電子制御燃料噴射装置が大量生産される前に、伝統的なフロントエンジン/リアドライブの配置が消えて行き、より効率的かつ統合されたフロントエンジン/フロントドライブの配置に置き換わり、コンパクトな車に変わった。フォルクスワーゲン・ゴルフを原型として、企業平均燃料経済標準が定めた燃費効率27.5マイル/ガロン (11.6 km/L) に対応し、デトロイトで生産する車の大半がフロントドライブになった。フォード・フェアモントのような車は1980年代初期だけで短命に終わった。アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980) フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ジト

    バリー・ジトから見たビッグスリービッグスリー

    は先発ローテーションに開幕から定着し、7月24日までの成績が6勝7敗・防御率5.01であったが、以後の成績は11勝1敗で8月と9月と連続で月間最優秀投手を受賞した。シーズンを通しての成績は、17勝(リーグ6位)・防御率3.49(同8位)・205奪三振(同4位)という成績を残し、ジトはティム・ハドソンやマーク・マルダーとともに、先発3本柱 "ビッグ3" と呼ばれるようになった。バリー・ジト フレッシュアイペディアより)

  • タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ

    タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチから見たBIG3ビッグスリー

    1996年の回では、オープニングにおいて司会の川端いわく、アメリカに住む日本人からBIG3をぜひ見たいという要望がフジテレビに多数寄せられたそうであり、放送局は不明だが、日米同時放送された。タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ フレッシュアイペディアより)

  • 大古誠司

    大古誠司から見たビッグスリービッグスリー

    現役時代は全日本のアタッカーとして活躍し、「世界の大砲」と呼ばれた。森田淳悟、横田忠義とともに全日本ビッグスリーとも称された。3大会連続でオリンピックに出場し、1968年メキシコ五輪銀メダル、1972年ミュンヘン五輪金メダル、1976年モントリオール五輪4位という結果を残した。大古誠司 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ナッシュ

    スティーブ・ナッシュから見たビッグスリービッグスリー

    ナッシュ個人は移籍3年目の2000-01シーズンに自身の成績を大きく伸ばして15.6得点7.3アシスト、3P成功率40.6%、FT成功率89.5%を記録。ナッシュの活躍によりマーベリックスは53勝29敗と躍進を遂げ、実に11年ぶりにプレーオフ進出を果たし、マイケル・フィンリーにノヴィツキー、そしてナッシュはマーベリックスのビッグスリーと称されるようになった。初のプレーオフではカンファレンス準決勝でナッシュ生涯の仇敵となるサンアントニオ・スパーズに敗れている。スティーブ・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 2001-2002シーズンのNBA

    2001-2002シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    レイ・アレン、グレン・ロビンソン、サム・キャセールらビッグスリーを擁する前季デビジョンの覇者バックスは、後半になると連敗を繰り返し、ついにはプレーオフ出場を逃した。2001-2002シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 2003-2004シーズンのNBA

    2003-2004シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    ミネソタ・ティンバーウルブズはトレードでミルウォーキー・バックスからサム・キャセールを、さらに4チームが絡んだ大型トレードでラトレル・スプリーウェルを獲得。この2人にケビン・ガーネットを加えた3人はビッグスリーと称された。2003-2004シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

136件中 51 - 60件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード