112件中 61 - 70件表示
  • トヨタ・ハイラックス

    トヨタ・ハイラックスから見たビッグスリービッグスリー

    1993年、北米向けに、ハイラックスのコンポーネンツを使った、より大型のT100が登場。日野・羽村工場での生産は、ハイラックスとの混流となった。ビッグスリーを刺激しないよう、フルサイズとすることを避けたT100は、その後、タンドラに道を譲り消滅する。トヨタ・ハイラックス フレッシュアイペディアより)

  • ピックアップトラック

    ピックアップトラックから見たビッグスリービッグスリー

    ピックアップトラックは米国では古くから農場で使われていたが、急速に普及し始めたのは、ピックアップトラックの自動車税が州によって無税か割安になるため所得の少ない若者達がファッションとしてこぞって乗り始めたためである。また中西部や南部では、その武骨で力強いスタイルが西部開拓時代のシンボルである馬を彷彿させ、ピックアップトラックに乗る事が一種のステータスのようにとらえられている。これに迎合しピックアップトラックのテレビCMの大半にカントリー・ミュージックが使われている。そのステータス性は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公マーティーが憧れる車として描かれたことでも窺える。これらの人気要素に着目した米国の旧ビッグスリーと、現地のトヨタ、日産、ホンダがフルサイズピックアップを生産をしている。ほとんどの車種が自社のSUVと共通のはしご形フレームを有しているが、ホンダ・リッジラインはUSアコードやレジェンドの派生車であるためはしご型フレームを持たず、ライトデューティーとなっている。ピックアップトラック フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアス・アービング

    ジュリアス・アービングから見たビッグスリービッグスリー

    1971‐72シーズン終了後、この年に大学を卒業するはずだったアービングを、NBAのミルウォーキー・バックスが1972年のNBAドラフト11位で指名した(当時NBAは大学生へのドラフト指名を禁止していた)。もしアービングがこの指名に応じ、バックスに入団していならば、カリーム・アブドゥル=ジャバーにオスカー・ロバートソン、そしてアービングと史上類を見ない強力なビッグスリーが誕生することになったが、アービングはバックスファンの期待を他所にNBAのアトランタ・ホークスとの契約にサインしていた。年俸200万ドルと当時としては破格の好条件であり、またアービングはホークス所属のピート・マラビッチとプレイできることを楽しみにしており、そして参加したシーズン前のホークスのトレーニングキャンプでのマラビッチとのプレイにアービングは大いに手ごたえを感じていた。しかしアービングのホークス移籍にスクワイアーズが黙ってはいなかった。この時点でアービングとスクワイアーズの契約はまだ残っており、また将来偉大な選手となる可能性を秘めているアービングを、スクワイアーズがみすみす手放すはずもなかった。スクワイアーズは裁判という手段に打って出て、そしてアービング獲得合戦はスクワイアーズにホークス、バックスと三つ巴の大騒動となった。司法はスクワイアーズの主張を支持し、アービングがスクワイアーズに戻ることで決着がついた。なお、この間アービングはホークスのエキシビジョンゲームに3試合出場しており、NBAでの規定ではドラフト指名したバックスにアービングの所有権があったため、ホークスの行為は規定違反となり、1試合につき25,000ドルの罰金を科せられている。ジュリアス・アービング フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス化

    ガラパゴス化から見たビッグスリービッグスリー

    イギリスのFinancial Times紙が、ガラパゴス化をガラパゴスシンドローム(syndrome:好ましくない社会事態)として北米の自動車市場の独特の発展を表現するのに使った一例がある"It has been claimed that the indigenous American automotive industry has suffered from the Galapagos Syndrome ? its products have evolved separately from the rest of the world."1と述べている。これは北米でのSUV(Sport Utility Vehicle)の人気に言及したもので、ガソリン税の安さにより燃費に敏感でないこと、SUVは車種の定義上は業務用となるため自動車税が優遇されていること、広い道路とハイウェイを背景とするアメリカ消費者の大型車好みなどの事情から爆発的に売れたが、石油価格の上昇によるガソリン価格の上昇と、リーマン・ショック以降の急速な不景気によりその販売(金融危機により車のローンが組めなくなったことも一因)が急速に縮小し、SUV(ひいては、北米市場)に大きく依存していたアメリカのビッグスリーのうち、GMとクライスラーの二社は会社更生法を申請することになった。ガラパゴス化 フレッシュアイペディアより)

  • 露木 茂

    露木茂から見たBIG3ビッグスリー

    FNS27時間テレビ(FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島・平成教育テレビ・27時間テレビ) - 1987年 - 1992年、1994年 - 2000年(新人アナ披露の立会人として出演。1988年はアシスタントとして出演、1990年はBIG3企画の進行役として出演、1994年はオールキャスターニュースに出演、1995年はオープニングに出演、1996年には夢列島名場面・聖火リレーにも出演し『FNSの日』の顔を長く務めた)露木茂 フレッシュアイペディアより)

  • カロン・バトラー

    カロン・バトラーから見たビッグスリービッグスリー

    レイカーズでは1シーズンだけプレイし、2005年にワシントン・ウィザーズに移籍。ウィザーズでは前シーズンに攻守両面で活躍しながらチームを去ってしまったラリー・ヒューズの後釜としてのプレイが期待され、ヒューズとギルバート・アリーナス、アントワン・ジェイミソンで形成されていたビッグスリーの新たな一員となった。バトラーは持ち味であるフィジカルなディフェンスに加え得点面でも活躍、17.6得点6.2リバウンドのアベレージを残し、ヒューズの穴を見事に埋めてチームの2年連続プレイオフ進出に貢献した。2006-07シーズンには19.1得点7.4リバウンドとさらに成績を上げ、自身初のオールスターにも出場。チームもカンファレンス上位に食い込むなど、好調なシーズンを送るかに見えたが、シーズン終盤になってエースのアリーナスが負傷によりチームから離脱すると、今度はバトラーが右手を骨折してしまい、以降プレイオフまで全て欠場を強いられることになった。カロン・バトラー フレッシュアイペディアより)

  • ジム・デミント

    ジム・デミントから見たビッグスリービッグスリー

    経済政策では、「自己責任」・「自助努力」を旨とした小さな政府の支持者である。その市場重視の観点に基づき、2008年12月にクライスラーなどアメリカの自動車大手「ビッグスリー」への救済が論議となった際には、自己責任論の観点から反対論をぶち上げ、廃案への流れを作る。2007年にはエドワード・ケネディ上院議員らが目指した不法移民合法化反対の急先鋒として、同法案否決への流れを作る。ジム・デミント フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・エインジ

    ダニー・エインジから見たビッグスリービッグスリー

    かくしてセルティックスにケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレンというリーグ史上でも屈指のビッグスリーが誕生した。2つのビッグトレードでセルティックスからは計10人が放出され、選手層の薄さを危ぶむ声も多くあがったが、エインジはビッグスリーの魅力を存分に使い、ジェームス・ポージー、サム・キャセール、P.J.ブラウンらを獲得し、そつのない補強を実践した(一時は引退したレジー・ミラーまでも復帰しセルティックス入りする話もあった)。ダニー・エインジ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカニゼーション

    アメリカニゼーションから見たビッグスリービッグスリー

    なお、モータリゼーションの先進国であるため、自動車社会を前提とした産業も多いが、自動車自体を製造するビッグスリーのアメリカ国外でのシェアは低い。アメリカニゼーション フレッシュアイペディアより)

  • 速度警告音

    速度警告音から見たビッグスリービッグスリー

    法令「速度警報装置の装備要件及び性能要件」(保安基準第46条第2項 1974年(昭和49年)11月運輸省令第45号 1986年(昭和61年)3月廃止)によって装備を義務付けされていたが、日本独自の装備であり義務付けであるとして、貿易上の非関税障壁を主張する日本国外自動車メーカー(特に米国ビッグ3)の圧力や、単調な警報音による睡眠誘発の危険性から、現在では標準装備されなくなっている。速度警告音 フレッシュアイペディアより)

112件中 61 - 70件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード