112件中 71 - 80件表示
  • マイティ・ソー

    マイティ・ソーから見たビッグスリービッグスリー

    ロキがハルクを利用してソーを倒そうとしたのがきっかけで結成されたヒーローチーム。以降、ソーは一時的な脱退期はあるものの、キャプテン・アメリカとアイアンマンと共にビッグ3と呼ばれるチームの中心人物になっている。マイティ・ソー フレッシュアイペディアより)

  • スチュードベーカー

    スチュードベーカーから見たビッグスリービッグスリー

    1928年には ピアスアロー、1954年には パッカードと、2つの名門高級車メーカーと合併した。著名な工業デザイナー・ レイモンド・ローウィのデザインした乗用車を長年にわたって製造した。ビッグスリーとの競争に勝てず1966年モデルを最後に自社製自動車製造から撤退した。企業としてはしばらく存続したが、1979年、合併により社名も消滅した。スチュードベーカー フレッシュアイペディアより)

  • チャド・ゴダーン

    チャド・ゴダーンから見たビッグスリービッグスリー

    12月2日にトレードでオークランド・アスレチックスへ移籍。はリリーフ投手として自己最多の55試合に登板。エステバン・ロアイザの故障に伴い、は先発投手として開幕を迎えた。先発ローテションに定着し、リーグ最多タイの34試合に先発。ダン・ヘイレン、ジョー・ブラントンと共にティム・ハドソン、マーク・マルダー、バリー・ジトに代わる新たなビッグスリーを形成。チャド・ゴダーン フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・ノヴィツキー

    ダーク・ノヴィツキーから見たビッグスリービッグスリー

    2000-01シーズンには21.8得点9.2リバウンドと一流選手の数字を残し、オールNBA3rdチームに初選出される。またシーズン通算3P成功数151本101ブロックは、3P成功数100本100ブロック以上を達成した史上2人目の快挙だった。ノヴィツキーにフィンリー、そしてこのシーズンに大きく成長したスティーブ・ナッシュはビッグスリーと称され、彼らに率いられマブスは53勝29敗と大きく躍進し、実に11年ぶりのプレーオフ進出を果たした。初のプレーオフでは1回戦でジョン・ストックトン、カール・マローン擁するユタ・ジャズを破ると、カンファレンス準決勝では生涯のライバルとなるサンアントニオ・スパーズと対決する。スパーズはマブスと同じテキサス州に本拠地を置き、また後にノヴィツキーとトップパワーフォワードの座を争うことになるティム・ダンカンが居るなど、両者がライバルとして見られるには十分な要素が揃っていた。ノヴィツキーはシリーズ中に風邪をこじらせてしまい、さらに試合中の接触で歯を折ってしまうなど散々な内容でチームも1勝4敗で敗退してしまうが、第4戦では42得点をあげてシリーズ唯一の勝利に貢献している。オフには大盤振る舞いのキューバンオーナーのもと、6年9,000万ドルの大型契約を結んだ。これはドイツのスポーツ選手としてはミハエル・シューマッハに次ぐ第2位の収入だった。ダーク・ノヴィツキー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見たビッグスリービッグスリー

    ゼネラルモーターズ(GM)、フォード・モーター、クライスラーの大手3社を総称してビッグスリーと呼び、事実上この3社がアメリカの自動車産業を独占している。かつてはパッカードやスチュードベーカー、カイザー=フレーザーなど、多くの自動車メーカーが存在したが、徐々に淘汰や吸収合併を受け、1980年代にアメリカン・モーターズがクライスラーに吸収されて以降はこの3社体制が続いている。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

  • リー・アイアコッカ

    リー・アイアコッカから見たビッグスリービッグスリー

    第二次世界大戦終結後の1946年8月に、アメリカの自動車製造「ビッグスリー」の一角を占め、世界第2位の規模を持つ自動車会社であるフォード社に入社した。理系の学歴を持つこともあり当初は技術畑への配属を打診されたものの、フォード社に入社した後は主に販売に関わり、アメリカ東海岸地区の地区販売支配人や商用車販売部門長などを歴任した。リー・アイアコッカ フレッシュアイペディアより)

  • デイブ・ディバッシャー

    デイブ・ディバッシャーから見たビッグスリービッグスリー

    しかしニックスはビッグスリー相手にも全く引けを取らず、両者は大接戦を演じた。ディバッシャーのプレーは随所で光った。1勝1敗で迎えた第3戦ではディバッシャーのジャンプシュートがよく決まり、オーバータイムの末にニックスを111-108の勝利に導いた。2勝2敗で迎えた第5戦では、218cmのチェンバレンを208cmのディバッシャーがマッチアップし、ディバッシャーはこのNBA史を代表する巨人を僅か4点に抑えた。後にディバッシャーは「第5戦は今までプレーした中で最も素晴らしい試合の一つだった」と誇りをもって語っている。そしてマディソン・スクエア・ガーデンの伝説となった第7戦。シリーズ中に足に大怪我を負ったウィリス・リードは、第7戦の出場が絶望視されており、リードを欠いて第7戦を戦わなければならないニックスは敗色濃厚となった。しかしリードは第7戦のコートに現れた。さらに試合ではニックス最初の得点を記録。リードがコートに立った時間は僅かなものだったが、彼の勇姿はレイカーズの度肝を抜き、そしてニックスの闘争心に火を点けた。実はディバッシャーはブラッドリーと共にリードに第7戦も出場するよう掛け合った人物だったが、彼もまたリードの勇姿に煽られ、第7戦で18得点17リバウンドをあげた。113-99と完勝したニックスはシリーズ4勝目をあげ、創部24年目にして初の優勝を遂げた。デイブ・ディバッシャー フレッシュアイペディアより)

  • テキサス州

    テキサス州から見たビッグスリービッグスリー

    テキサス州では、轟音を立てて走るピックアップトラックを頻繁に目にする。「land of pickup trucks」と呼ばれるこのテキサス州は、全米の約14%のピックアップトラックが売れている最大の市場で、州内で登録されている乗用車の約4分の1がピックアップトラックである。特に農村部では、乗用車の約半分がピックアップトラックである。とりわけ、ビッグスリーが発売する、フルサイズのフォード・Fシリーズ、シボレー・シルバラード、ダッジ・ラムなどが非常に多く、数年前に比べてガソリン価格が高騰している現在でも、根強い人気を誇る。さらに、各メーカーは「テキサス・エディション」や「ローンスター・エディション」などという、地域限定仕様も発売している。2006年に操業開始した、トヨタ自動車の北米向けフルサイズピックアップトラックのタンドラの工場も、ここテキサス州サンアントニオに立地する。なお、テキサス州のトラックの自動車税は、その他のタイプの車の自動車税よりも安い。また、日本では安全性の問題から近年は急激に減った、金属製のグリルガードを付けたピックアップトラックも多い。テキサス州 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の警察

    アメリカ合衆国の警察から見たビッグスリービッグスリー

    採用されている自動車は、“ビッグスリー”ことゼネラルモーターズ(シボレー、GMCが多い)、フォード・モーター、クライスラー(ダッジ、ジープが多い)の各社製が大半を占めるが、日本製なども使用されている。アメリカ合衆国の警察 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たBIG3ビッグスリー

    休養後テレビに復帰するも次々と番組打ち切りの憂き目に遭い、1980年代前半にはタモリ・ビートたけしらと共に「お笑いBIG3」とされてきたが、その「BIG3」の座も明石家さんまに明け渡すなど人気においても以前ほどの勢いはなくなった。しかしながら今でも『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ)の司会などでテレビに登場していることもあり、萩本の顔を知らない者はまず少ない。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

112件中 71 - 80件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード