112件中 81 - 90件表示
  • FNS27時間テレビ (2012年)

    FNS27時間テレビ (2012年)から見たBIG3ビッグスリー

    「スーパーテレフォンショッキング」というコーナー名で放送されたが本来なら『はねるのトびら』と『ピカルの定理』メンバーも登場する予定だったが、その前の「さんま・中居の今夜も眠れない」のコーナーでBIG3のフリートークがあまりにも盛り上がりすぎたため、中止になった。FNS27時間テレビ (2012年) フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト

    デトロイトから見たビッグ3ビッグスリー

    デトロイトは1805年の大火の後、計画都市として裁判官のによって都市設計され、その後ピーター・シャルル・ランファンへと引き継がれる。元々、馬車や自転車製造が盛んだったが、1899年に自動車工業が興る。そして1903年にヘンリー・フォードが量産型の自動車工場を建設、「T型フォード」のヒットとともに全米一の自動車工業都市として発展した。後にゼネラルモーターズ、クライスラーが誕生、フォード・モーターと共にビッグ3と呼ばれた。市はモーターシティと呼ばれるようになり、全盛期には180万の人口を数えた。その半数が自動車産業に関わっていた。デトロイト フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たビッグスリービッグスリー

    総合鉄道関連メーカーとしては、ボンバルディア、アルストムと並ぶ「ビッグスリー」の一つで、世界の鉄道車両製造では約2割強のシェアを有する(他の2社もほぼ同程度、日本企業は輸出が少ないため、主要6社を合わせて約1割。)。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見たビッグスリービッグスリー

    1985年、日本体育大学を卒業し、富士フイルムに入社。熊田康則、井上謙と共に「バレーボール界のビッグ3」と言われ、日本男子バレーボール界をリードした(ポジションはセンタープレーヤー)。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • オートマチックトランスミッション

    オートマチックトランスミッションから見たビッグスリービッグスリー

    ヨーロッパでは主として対米輸出用の中型車・大型車が1950年代中期からATの装備を始めた。古くはアメリカのいわゆるビッグ3(デトロイトの大手3メーカーは、自社あるいは系列企業の手で早くからATユニットを開発・自製し、他社にも販売した)、あるいはボルグワーナーなどの変速機メーカーから製品を購入するケースが多かったが、ダイムラー・ベンツ(現ダイムラー)等のように自社開発に取り組んだケースも見られる。オートマチックトランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • クーペ

    クーペから見たビッグスリービッグスリー

    以前はクーペと固定式ハードトップとは「Bピラー」(前から2番目の窓柱)の有無で区別されており、1950年代から1970年代のように両雄が並び立つ時代もあった。ビッグスリーやトヨタのように多数の車種をラインナップするメーカーでは、ひとつの車種、または姉妹車にノッチバックとファストバックのクーペ、あるいはハードトップとクーペの両方を用意する例も見られた。1970年代以降、Bピラーを持つ「ピラードハードトップ」の増加により、クーペとハードトップの定義は曖昧なものとなって行った。クーペ フレッシュアイペディアより)

  • タッカー (映画)

    タッカー (映画)から見たビッグスリービッグスリー

    1945年、軍需工場を経営していたプレストン・タッカーは来るべき現代にふさわしい新車の設計、開発を計画していた。計画は家族と友人と共に順調に行っているように思えた。しかし、彼の計画を妨害しようとしているBIG3(フォード・GM・クライスラー)が様々な横槍をしたため、タッカーはありもしない車を売ろうとした詐欺事件の容疑者として裁判台に立たされる。タッカー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たビッグスリービッグスリー

    クライスラーの歴史は、1925年にウォルター・クライスラーが設立したクライスラーコーポレーション(Chrysler Corporation)から始まった。クライスラーは、永年、自動車産業のビッグスリーと賞賛されたが、アメリカの金融危機を発端とした世界的な不況の影響から2009年4月30日に連邦倒産法第11章の適用申請を行うに至る。同年6月10日法的手続きが完了。約1ヶ月というスピードで再建した。再編後の新クライスラーは優良事業を引継いだが、相当数の既存資産の清算を余儀なくされた。新生クライスラーの株式は、その大半を全米自動車労組(UAW)の退職者健康基金であるVolunteer Employee Benefit Association (VEBA)が取得。次いでイタリアのフィアット(再建の進捗による増資オプション有)、さらに約66億米ドルの融資を行った米政府、約40億カナダドルの融資を行ったカナダ政府が融資返済まで少数株主に就く。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たビッグ3ビッグスリー

    その後、1928年に「プリムス」と上級車種を擁する「デソート」ブランドを設立、翌1929年にはダッジ・ブラザーズ社を買収してラインナップを充実させ、GMとフォードに次ぐアメリカのビッグ3のひとつに成長する。またこの頃よりヨーロッパや日本への輸出を積極的に行い、その販路を拡大した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • ダイムラー・ベンツ

    ダイムラー・ベンツから見たビッグスリービッグスリー

    1998年、アメリカの自動車メーカークライスラーを事実上吸収合併し、社名をダイムラー・クライスラーに変更、約70年にわたるダイムラー・ベンツの歴史に幕を下ろした。このドイツの高級車メーカーとビッグスリーの一角をなすメーカーとの合併は当時「世紀の大合併」などと評されるほど驚きを持って受け入れられ、この後に起こる合併・買収による自動車業界再編の契機となった。同時に日本法人もダイムラー・クライスラー日本に社名を変更した。ダイムラー・ベンツ フレッシュアイペディアより)

112件中 81 - 90件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード