136件中 81 - 90件表示
  • シーメンス・モビリティ

    シーメンス・モビリティから見たビッグスリービッグスリー

    鉄道車両部門では世界の2割強のシェアでアルストムやボンバルディア・トランスポーテーションとともにビッグスリーの一角をなしている。シーメンス・モビリティ フレッシュアイペディアより)

  • 1995-1996シーズンのNBA

    1995-1996シーズンのNBAから見たビッグスリービッグスリー

    懸案だったロッドマンは審判に頭突きをして6試合の出場停止処分を受けたところは相変わらずだったが、フィル・ジャクソンHCに対しては敬意を払うようになり、そして難解なトライアングル・オフェンスもすぐに理解し、彼のリバウンド力とディフェンス力はチームに大きな貢献を果たした。またジョーダン不在のブルズをエースとして支えていたスコッティ・ピッペンは、スリーピート時代よりもさらに一皮向けており、ジョーダンにも「ブルズはピッペンのチーム」と言わしめるほど高いリーダーシップを発揮した。そしてジョーダンはリーグ最高の選手としての姿を取り戻したが、しかし彼のプレイスタイルにはスリーピート時代と比べて変化が見られ、恵まれた身体能力を活かした強烈なスラムダンカーから、フェイダウェイジャンプショットなどを駆使する技巧的なジャンプシューターに生まれ変わっていた。ジョーダン、ピッペン、ロッドマンのトリオは実力も話題性もNBA史上屈指であるビッグスリーとなり、リーグを席巻した。1995-1996シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 志帥会

    志帥会から見た三巨頭ビッグスリー

    中曽根康弘・亀井静香・二階俊博という三巨頭の二度に亘る結集により誕生した派閥である。党内でも屈指の真正保守型でタカ派色が強い派閥だが親米色はほぼ無く、親米保守色の強い清和政策研究会やハト派・親アジアの宏池会などとは一線を画している。一方、旗揚げ時は中曽根康弘を擁する派閥であったため、親米保守色が残っていたほか、現在では亀井静香をはじめとした清和会分裂組は派内にほとんど残っておらず、親米保守色が再び見られつつある。また、諸事情のため自民党に入党できない議員が、二階俊博の勧誘により客員会員として無所属のまま入会するケースが複数見られるのも特徴である。志帥会 フレッシュアイペディアより)

  • ターナー・フィールド

    ターナー・フィールドから見たビッグスリービッグスリー

    2016年で20年の借用権が期限切れとなるのにともない、ブレーブスが本拠地をアトランタ郊外のサントラスト・パークに移転するため19年の歴史に幕を下ろした。シーズン最終戦、最後の公式戦を前に、かつてビッグスリーと呼ばれたグレッグ・マダックス、トム・グラビン、ジョン・スモルツの3人が並んで始球式が行われた。ターナー・フィールド フレッシュアイペディアより)

  • 速度警告音

    速度警告音から見たビッグスリービッグスリー

    法令「速度警報装置の装備要件及び性能要件」(保安基準第46条第2項 1974年(昭和49年)11月運輸省令第45号 1986年(昭和61年)3月廃止)によって装備を義務付けられ、自動車検査登録制度の検査項目であったが、日本独自の装備であり義務付けであるとして、貿易上の非関税障壁を主張する日本国外自動車メーカー(特に米国ビッグ3)の圧力や、単調な警報音による睡眠誘発の危険性から、現在では装備されていない(2000年代初頭までオプションとして用意されていた場合もあるが、2012年現在見受けられない)。速度警告音 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカニゼーション

    アメリカニゼーションから見たビッグスリービッグスリー

    なお、モータリゼーションの先進国であるため自動車社会を前提とした産業も多いが、自動車自体を製造するビッグスリーのアメリカ合衆国国外でのシェアは低い。アメリカニゼーション フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たBIG3ビッグスリー

    優勝賞金は開幕当初は特に定めないで、3日間の入場収入などを基に決定する。優勝者には優勝賞金に加えてグリーン・ジャケットが贈られ、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの名誉会員となり、当大会への生涯出場権が与えられる。「ゴルフの祭典」という大会の性格上、この生涯出場権により、2000年代までは年齢が70代や80代に達した往年の名プレーヤーが出場を続けていた。しかし、2002年に大会を主催するマスターズ委員会が、一定水準のスコアでラウンドできなくなった選手に対して出場辞退を要請する手紙を送るようになったことや、コース改造(全長を約300ヤード延長)を契機として、やビリー・キャスパー、などが出場を取りやめるようになった。その後、BIG3と呼ばれたアーノルド・パーマーは2004年(当時74歳)、ジャック・ニクラスは2005年(当時65歳)、ゲーリー・プレーヤーは2009年(当時73歳)に引退を表明し、競技者としての出場を終えている(この3人は2012年から名誉スターターとして大会初日に始球式を行っているが、2016年はパーマーが辞退を表明した)。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ウィザーズ

    ワシントン・ウィザーズから見たビッグスリービッグスリー

    2004-05シーズン、ダラス・マーベリックスから、スタックハウス、レイトナーとドラフト5位指名権でアントワン・ジェイミソンをトレードで獲得、シーズン前の低評価を覆し、ギルバート・アリーナス、アントワン・ジェイミソン、ラリー・ヒューズら主力の活躍によって久々にプレイオフに進出する。翌2005-06シーズンには、FAとなったヒューズを失うも、出場時間を得られず低迷していたクワミ・ブラウンと交換でカロン・バトラーを獲得、新しいビッグスリーを形成するなど的確な補強を行い、2年連続でプレイオフに進出した。ワシントン・ウィザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ3 (日本のお笑いタレント)

    ビッグ3 (日本のお笑いタレント)から見たBIG3ビッグスリー

    ビッグ3(ビッグスリー、英称:BIG3)とは、日本のお笑い界のトップに君臨する3大お笑いスターを指す総称。タモリ・ビートたけし・明石家さんまの3人を指す。ビッグ3 (日本のお笑いタレント) フレッシュアイペディアより)

  • 栄光なき天才たち

    栄光なき天才たちから見たビッグスリービッグスリー

    プレストン・トーマス・タッカー(アメリカ自動車産業ビッグスリーを敵に回し「タッカー・トーペッド」を作り上げた実業家。その生涯を描いた映画『タッカー』の公開にあわせてヤングジャンプ誌に掲載)栄光なき天才たち フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「米ビッグ3」のニューストピックワード