前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1788件中 1 - 10件表示
  • Xbox 360の技術的問題

    Xbox 360の技術的問題から見たマイクロソフトマイクロソフト

    本稿ではマイクロソフト社の家庭用ゲーム機・Xbox 360において報告されてきた、いくつかの不具合について解説する。Xbox 360の技術的問題 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たマイクロソフトマイクロソフト

    対立や論争の際には、双方が「技術的優位性」や「オープン性」を唱える場合が多い。ただし何を「技術的優位」や「オープン」と呼ぶかは多数の観点があるので注意が必要である(例:マイクロソフトは同社のプロプライエタリな製品であるMicrosoft Windowsを「オープン」と主張している)。また同一の企業でも、オープン路線で普及に成功すると、新技術導入や安定・利益確保のために独自拡張(クローズド)に転じ、市場を失うと再びオープン路線を展開する場合もある(例:IBMのメインフレームやパーソナルコンピュータ)。更に「オープン」や「独占」などのイメージ形成は、その当時のマスコミによる影響も大きい(例:オープンシステム (コンピュータ))。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たマイクロソフトマイクロソフト

    ウェブアプリケーション(動的なウェブページ)を記述するにはCGIを用いるか、MicrosoftのIISによるActive Server Pages (ASP) を用いるのが大半だった。Java フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office Live Meeting

    Microsoft Office Live Meetingから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Office Live Meeting(マイクロソフト オフィス ライブ ミーティング) は、マイクロソフトがホスティングを行うクラウドコンピューティング型の企業向け商用Web会議サービス。Microsoft Business Productivity Online Suiteの一部。パソコン上に専用のソフトウェアをインストールすることでホスティングサービスとの接続が可能になり、音声や映像を交えたリアルな会議や、資料を共有しながらプレゼンテーションを行うことができる。Microsoft Office Live Meeting フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア特許とフリーソフトウェア

    ソフトウェア特許とフリーソフトウェアから見たマイクロソフトマイクロソフト

    特許権者はに、特許で保護される発明を継続して利用できるための許諾(ライセンス)を有償または無償で取得するよう要求する。さもなければ、特許権侵害者は特許侵害を停止しなければならない。その手段としては、可能性によるが、該当製品がこれ以上特許権侵害とならないよう、可能な限り特許を侵害する機能や要素を排除したり特許を侵害しないよう改変を加える、またはたとえ何年かけたとしても、該当特許が過度に広範な請求範囲を持っている(そのような特許の例としては、悪名高きAmazon 1-Click特許がある)としてその有効性に異議を申し立てたり、該当特許の全部ないし一部を却下に追い込むなどの対抗措置をとることになる。コンピュータ・プログラムはしばしば異なる多くの機能を実現可能なので、この不確実性はその他の発明と比較してもソフトウェアに関しては容易に起こり得る。また、ソフトウェアに関しては、特許を利用した発明は、特許権を侵害しない異なる別の手法により実現可能である。そうであるにも関わらず、特許権が主張される要素のないソフトウェアは利用価値が低いともみられる。オープンソースの主だった人物や企業はソフトウェア特許の過度の拡大に不満を持っており、USPTOがそれら大部分に拒絶査定を下すべきであると主張する。マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツでさえ、1991年にこのような事を述べている。「仮にこんにち、アイディアが生み出された際に多くの人々が特許を得る方法を知り、実際にそれを得た場合、こんにちの産業は完全に立ち行かなくなっただろう。」ソフトウェア特許とフリーソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Dynamics AX

    Microsoft Dynamics AXから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Dynamics AX(旧称Axapta)はマイクロソフト社製のERPソフトウェアパッケージの一つである。Microsoft Dynamics AX フレッシュアイペディアより)

  • オラクル (企業)

    オラクル (企業)から見たマイクロソフトマイクロソフト

    オラクル社は、データベース管理システム(DBMS)を中心とした企業向けソフトウェアの開発、販売を行っている。また多数の買収によりソフトウェア市場でのシェアを高めており、2007年にはマイクロソフトとIBMに次ぐ世界で第3位のソフトウェア会社となり 、更に2008年にはBEAシステムズの買収によりIBMを抜いて世界で第2位となった。オラクル (企業) フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Dynamics NAV

    Microsoft Dynamics NAVから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Dynamics NAV(旧称Navision)はマイクロソフト社製のERPパッケージの一つである。Microsoft Dynamics NAV フレッシュアイペディアより)

  • クラウドコンピューティング

    クラウドコンピューティングから見たマイクロソフトマイクロソフト

    インターネット経由のソフトウェアパッケージの提供。電子メール、グループウェア、CRMなど。セールスフォース・ドットコムのSalesforce CRM、マイクロソフトのMicrosoft Online Services、GoogleのGoogle Appsがある。オープンソースのSaaS構築フレームワークとしてはLiferayがある。クラウドコンピューティング フレッシュアイペディアより)

  • MS-DOS

    MS-DOSから見たマイクロソフトマイクロソフト

    MS-DOS(エムエス-ディーオーエス、えむえすどす)とは、マイクロソフトが開発・販売していたパーソナルコンピュータ向けの16ビットのオペレーティングシステム(OS)である。IBMのPC DOS (IBM DOS)のOEM供給版として誕生したもので、バージョン6以降はPC DOSから完全に独立して開発された。MS-DOS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1788件中 1 - 10件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード