前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2232件中 1 - 10件表示
  • Xbox 360の技術的問題

    Xbox 360の技術的問題から見たマイクロソフトマイクロソフト

    Xbox 360の技術的問題(エックスボックス サンロクマルのぎじゅつてきもんだい)では、マイクロソフト社の家庭用ゲーム機・Xbox 360において報告されてきた、いくつかの不具合について解説する。Xbox 360の技術的問題 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たマイクロソフトマイクロソフト

    対立や論争の際には、双方が「技術的優位性」や「オープン性」を唱える場合が多い。ただし何を「技術的優位」や「オープン」と呼ぶかは多数の観点があるので注意が必要である(例:マイクロソフトは同社のプロプライエタリな製品であるMicrosoft Windowsを「オープン」と主張している)。また同一の企業でも、オープン路線で普及に成功すると、新技術導入や安定・利益確保のために独自拡張(クローズド)に転じ、市場を失うと再びオープン路線を展開する場合もある(例:IBMのメインフレームやパーソナルコンピュータ)。更に「オープン」や「独占」などのイメージ形成は、その当時のマスコミによる影響も大きい(例:オープンシステム (コンピュータ))。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

  • オフィススイート

    オフィススイートから見たマイクロソフトマイクロソフト

    パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及する以前の1980年代後半 - 1990年代前半は、マイクロソフト、アップル、ロータス、コーレル、ジャストシステムなどがオフィススイートを開発・供給し、マイクロソフトのWindows 95のリリースにより、パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及した1990年代後半以後は、マイクロソフトのデスクトップオペレーティングシステム (OS) であるWindowsと、オフィススイートであるMicrosoft Officeをバンドルプリインストールしたパーソナルコンピュータが大量に供給され、市場シェアが推定で90%台前半に達し、デファクトスタンダードになった。オフィススイート フレッシュアイペディアより)

  • ディジタル・イクイップメント・コーポレーション

    ディジタル・イクイップメント・コーポレーションから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1986年に登場した VAXmate は Microsoft Windows 1.0 が動作し、DECnet経由でVAX/VMSベースのサーバと接続して使用可能になっていた。Rainbowの後継であり、初期のディスクレス・ワークステーションの1つである。また、他社のIBM PCやNEC PC-9801とイーサネットを介して通信するためのソフトウェアとして DECnet-DOS をリリースしたり、マイクロソフト系のネットワークプロトコルをサポートした VAX/VMSサーバも発売している。ディジタル・イクイップメント・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Dynamics AX

    Microsoft Dynamics AXから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Dynamics AX(旧称:Axapta)は、マイクロソフト社製のERPソフトウェアパッケージの1つである。Microsoft Dynamics AX フレッシュアイペディアより)

  • DOS/V

    DOS/Vから見たマイクロソフトマイクロソフト

    DOS/V(ドスブイ)は、1990年に日本アイ・ビー・エムが発表したパーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステムの通称である。PC/AT互換機上で稼働し、専用のハードウェアを必要とせずに、ソフトウェアだけで日本語表示を可能にした。1991年にはマイクロソフトの日本法人なども発表し、日本でPC/AT互換機が一般に普及する切っ掛けとなった。転じて、日本語ではPC/AT互換機のことを指して「DOS/V」と呼ぶこともある。DOS/V フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office Live Meeting

    Microsoft Office Live Meetingから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Office Live Meeting(マイクロソフト オフィス ライブ ミーティング) は、マイクロソフトがホスティングを行うクラウドコンピューティング型の企業向け商用Web会議サービス。Microsoft Business Productivity Online Suiteの一部。パソコン上に専用のソフトウェアをインストールすることでホスティングサービスとの接続が可能になり、音声や映像を交えたリアルな会議や、資料を共有しながらプレゼンテーションを行うことができる。Microsoft Office Live Meeting フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア特許とフリーソフトウェア

    ソフトウェア特許とフリーソフトウェアから見たマイクロソフトマイクロソフト

    特許権者はに、特許で保護される発明を継続して利用できるための許諾(ライセンス)を有償または無償で取得するよう要求する。さもなければ、特許権侵害者は特許侵害を停止しなければならない。その手段としては、可能性によるが、該当製品がこれ以上特許権侵害とならないよう、可能な限り特許を侵害する機能や要素を排除したり特許を侵害しないよう改変を加える、またはたとえ何年かけたとしても、該当特許が過度に広範な請求範囲を持っている(そのような特許の例としては、悪名高きAmazon 1-Click特許がある)としてその有効性に異議を申し立てたり、該当特許の全部ないし一部を却下に追い込むなどの対抗措置をとることになる。コンピュータ・プログラムはしばしば異なる多くの機能を実現可能なので、この不確実性はその他の発明と比較してもソフトウェアに関しては容易に起こり得る。また、ソフトウェアに関しては、特許を利用した発明は、特許権を侵害しない異なる別の手法により実現可能である。そうであるにも関わらず、特許権が主張される要素のないソフトウェアは利用価値が低いともみられる。オープンソースの主だった人物や企業はソフトウェア特許の過度の拡大に不満を持っており、USPTOがそれら大部分に拒絶査定を下すべきであると主張する。マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツでさえ、1991年にこのような事を述べている。「仮にこんにち、アイディアが生み出された際に多くの人々が特許を得る方法を知り、実際にそれを得た場合、こんにちの産業は完全に立ち行かなくなっただろう。」ソフトウェア特許とフリーソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • クラウドコンピューティング

    クラウドコンピューティングから見たマイクロソフトマイクロソフト

    SaaS(Software as a Service)- インターネット経由のソフトウェアパッケージの提供。電子メール、グループウェア、CRMなど。GoogleのGoogle Apps、マイクロソフトのMicrosoft Online Services、SAPのSAP Business ByDesignやSAP SuccessFactors、SAP Ariba、セールスフォース・ドットコムのSalesforce CRM、オラクルの Oracle Cloudがある。オープンソースのSaaS構築フレームワークとしてはLiferayがある。クラウドコンピューティング フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Dynamics NAV

    Microsoft Dynamics NAVから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Dynamics NAV(旧称Navision)はマイクロソフト社製のERPパッケージの一つである。Microsoft Dynamics NAV フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2232件中 1 - 10件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード