2232件中 11 - 20件表示
  • コンパック

    コンパックから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1982年11月、コンパックは最初の製品 Compaq Portable を発表した。これはIBM PC互換のパーソナルコンピュータで持ち運び可能という特徴があった。発売は1983年3月、価格は2995ドルで、当時の競合機種であるカナダ製のと比較すると極めて手ごろな価格設定である。Compaq Portable はその後のラップトップパソコンの先祖でもあるが、スーツケースのような大きさだった。PC互換機としては2機種目で、IBM PC 用ソフトウェアが全て動作する。これが記録的なヒットとなり、初年で53,000台1億1100万ドルを売り上げた。その後Compaq Portableはシリーズ化される。コンパックがIBMクローンを合法に製造・販売できたのは、IBM PCの部品の大部分が既製品だったためである。また、マイクロソフトはそのOSをIBM以外に販売する権利を保持していた。従って問題はBIOSだけだったが、コンパックは100万ドルをかけてクリーンルーム設計でBIOSを作り上げた。がすぐさまこれに続いて互換BIOSを開発、他にも複数の企業が互換BIOSを開発して販売するようになったため、パソコンメーカーはそれを買ってPC/AT互換機を作れるようになった。コンパック フレッシュアイペディアより)

  • 日本におけるゲーム機戦争

    日本におけるゲーム機戦争から見たマイクロソフトマイクロソフト

    21世紀初頭現在の主なハードメーカーは、任天堂とソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧称:ソニー・コンピュータエンタテインメント)、マイクロソフトの3社である。セガ(後のセガゲームス)も長年独自のハードを販売してきたが、ドリームキャストを最後にゲーム機事業から撤退した。NECホームエレクトロニクスも独自のハードで一時はセガをも凌ぐ勢力を市場で見せていたが、PC-FXを最後に撤退し、会社も解散の憂き目にあっている。初期の数年間はエポック社も主要3社に名を連ねていたが、少なくともトップシェアだったカセットビジョンについては、ファミコン以降との直接的なゲーム機競争(競合)の関係を否定している。日本におけるゲーム機戦争 フレッシュアイペディアより)

  • オープンソースソフトウェア

    オープンソースソフトウェアから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1998年、マイクロソフトの社内文書であるハロウィーン文書の一部がエリック・レイモンドによりリークされた。ハロウィーン文書にはLinuxやオープンソースソフトウェアに関する潜在的な戦略についての検討情報が記載されていた。それらの文書では、オープンソースソフトウェアがマイクロソフトの自社製品と競合する製品であると認め、それらとどのように戦うかの戦略が検討されていた。オープンソースソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)は、マイクロソフトのオフィススイートである。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • オラクル (企業)

    オラクル (企業)から見たマイクロソフトマイクロソフト

    オラクル社は、データベース管理システム(DBMS)を中心とした企業向けソフトウェアの開発、販売を行っている。また多数の買収によりソフトウェア市場でのシェアを高めており、2007年にはマイクロソフトとIBMに次ぐ世界で第3位のソフトウェア会社となり 、更に2008年にはBEAシステムズの買収によりIBMを抜いて世界で第2位となった。オラクル (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ノキア

    ノキアから見たマイクロソフトマイクロソフト

    2011年までは世界最大の携帯電話端末メーカーであった。市場占有率および販売台数の両方で、1998年から2011年まで首位を維持していたが、その後、スマートフォン戦略および、アメリカ合衆国での市場戦略の迷走により低落傾向に陥り、2012年第一四半期ではサムスン電子に次ぐ2位となった。さらにこの後、iPhone等を擁したアップルや、AndroidOS採用の新世代スマートフォン端末の台頭による経営危機と大規模なレイオフを経て、2013年9月2日にマイクロソフトが携帯電話事業の買収を発表、2014年4月25日に買収手続きが完了し、同事業はマイクロソフト社の傘下に移った。2016年、マイクロソフトは携帯電話部門をノキアOBによるスタートアップHMD Globalに売却し、現在はこの会社がノキアのブランド名を継承した携帯電話を製造・販売している。この会社へのノキアによる資本の出資などは行われていないが、オフィスはノキアの本社ビル内に位置している。ノキア フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たマイクロソフトマイクロソフト

    ウェブアプリケーション(動的なウェブページ)を記述するにはCGIを用いるか、マイクロソフトのIISによるActive Server Pages (ASP) を用いるのが大半だった。Java フレッシュアイペディアより)

  • Adaptive Server Enterprise

    Adaptive Server Enterpriseから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1988年に、Sybase SQL Server for OS/2 および Sybase SQL Server for Windows を、Sybase、マイクロソフト、アシュトンテイトの、3社が協力して開発した。Adaptive Server Enterprise フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Visual FoxPro

    Microsoft Visual FoxProから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Visual FoxPro は、マイクロソフトが開発販売しているデータ中心型オブジェクト指向/手続き型プログラミング言語である。1984年、Fox Softwareが開発した FoxPro(当初の名称は FoxBASE)から発展した製品である(Fox社は1992年にマイクロソフトに吸収合併された)。Microsoft Visual FoxPro フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト支援技術ベンダプログラム

    マイクロソフト支援技術ベンダプログラムから見たマイクロソフトマイクロソフト

    マイクロソフト支援技術ベンダプログラム(マイクロソフトしえんぎじゅつベンダプログラム、)は、Microsoft Corporationによる「支援技術」の向上と発展を推進するプログラムである。略称はMATvp(マットブイピー)。マイクロソフト支援技術ベンダープログラムとも呼ばれる。マイクロソフト支援技術ベンダプログラム フレッシュアイペディアより)

2232件中 11 - 20件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード