1788件中 11 - 20件表示
  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たマイクロソフトマイクロソフト

    アプリケーションプログラミングインタフェース (''、英: ) とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトの Windows API のようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++の Standard Template Library や など)がある。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • ディジタル・イクイップメント・コーポレーション

    ディジタル・イクイップメント・コーポレーションから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1986年に登場した VAXmate は Microsoft Windows 1.0 が動作し、DECnet経由でVAX/VMSベースのサーバと接続して使用可能になっていた。Rainbowの後継であり、初期のディスクレス・ワークステーションの1つである。また、他社のIBM PCやNEC PC-9801とイーサネットを介して通信するためのソフトウェアとして DECnet-DOS をリリースしたり、マイクロソフト系のネットワークプロトコルをサポートした VAX/VMSサーバも発売している。ディジタル・イクイップメント・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • DOS/V

    DOS/Vから見たマイクロソフトマイクロソフト

    DOS/V(ドスブイ)は、1990年に日本アイ・ビー・エムが発表したパーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステム。PC/AT互換機上で稼働し、専用のハードウェアを必要とせずに、ソフトウェアだけで日本語表示を可能にした。1991年にはマイクロソフトの日本法人なども発表し、日本でPC/AT互換機が一般に普及する切っ掛けとなった。転じて、日本語ではPC/AT互換機のことを指して「DOS/V」と呼ぶこともある。DOS/V フレッシュアイペディアより)

  • コンパック

    コンパックから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1982年11月、コンパックは最初の製品 Compaq Portable を発表した。これはIBM PC互換のパーソナルコンピュータで持ち運び可能という特徴があった。発売は1983年3月、価格は2995ドルで、当時の競合機種であるカナダ製のと比較すると極めて手ごろな価格設定である。Compaq Portable はその後のラップトップパソコンの先祖でもあるが、スーツケースのような大きさだった。PC互換機としては2機種目で、IBM PC 用ソフトウェアが全て動作する。これが記録的なヒットとなり、初年で53,000台1億1100万ドルを売り上げた。その後 Compaq Portable はシリーズ化される。コンパックがIBMクローンを合法に販売できたのは、IBM PC の部品の大部分が既製品だったためである。また、マイクロソフトはそのOSをIBM以外に販売する権利を保持していた。従って問題はBIOSだけだったが、コンパックは100万ドルをかけてクリーンルーム設計でBIOSを作り上げた。がすぐさまこれに続いたが、間もなくクローンBIOSを販売する企業がいくつも登場し、PC互換機メーカーにそれを売るようになった。コンパック フレッシュアイペディアより)

  • パシフィックビジネスコンサルティング

    パシフィックビジネスコンサルティングから見たマイクロソフトマイクロソフト

    株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(Pacific Business Consultuing, Inc. は、マイクロソフト社製ERPパッケージであるMicrosoft Dynamics NAV、Microsoft Dynamics AX及びMicrosoft Dynamics CRMの導入コンサルティング、ITインフラ・ネットワーク構築、セキュリティシステム(AquaGuard)の提供を行うITサービス企業。パシフィックビジネスコンサルティング フレッシュアイペディアより)

  • 新・電子立国

    新・電子立国から見たマイクロソフトマイクロソフト

    1980年代までの日米半導体史を描いた「電子立国日本の自叙伝」の事実上の続編として企画され、前作が主にハードウェアの発達・開発を描いたのに対し、本作ではソフトウェアを主眼に置き、マイクロソフトの設立からMS-DOSの開発に至るまでの流れや、アタリ・任天堂・セガらによる家庭用ゲーム機を巡る市場での争い、一太郎・Lotus 1-2-3などのビジネスソフトの開発秘話などが描かれた。主題曲はアパラチアの春第七楽章「シンプル・ギフト」。新・電子立国 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Visual FoxPro

    Microsoft Visual FoxProから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Visual FoxPro は、マイクロソフトが開発販売しているデータ中心型オブジェクト指向/手続き型プログラミング言語である。1984年、Fox Softwareが開発した FoxPro(当初の名称は FoxBASE)から発展した製品である(Fox社は1992年にマイクロソフトに吸収合併された)。Microsoft Visual FoxPro フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・コンピュータ・プロダクツ

    シアトル・コンピュータ・プロダクツから見たマイクロソフトマイクロソフト

    シアトル・コンピュータ・プロダクツ(Seattle Computer Products、SCP) は、アメリカ合衆国シアトルのコンピュータハードウェアの会社であり、インテル社の8086プロセッサを使ったコンピュータを製造していた初期の会社の一つである。従業員の一部に近隣の高校生を雇って、半田付けやコンピュータの組み立てを行っていた。彼らの一部は後にマイクロソフトで働いた。シアトル・コンピュータ・プロダクツ フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Dynamics CRM

    Microsoft Dynamics CRMから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Dynamics CRMはマイクロソフト社製のCRMソフトウェアパッケージである。Microsoft Dynamics CRM フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Compiled HTML Help

    Microsoft Compiled HTML Helpから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Compiled HTML Help は、マイクロソフトが1997年に Microsoft WinHelp 形式の後継として開発・リリースした独自のオンラインヘルプファイル形式である。Windows 98 のリリースで最初に導入され、Windows XP や Vista でもサポートされ続けている。ファイル拡張子は CHM(".chm")。Microsoft Compiled HTML Help フレッシュアイペディアより)

1788件中 11 - 20件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード