2232件中 21 - 30件表示
  • Microsoft Dynamics CRM

    Microsoft Dynamics CRMから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Dynamics CRMはマイクロソフト社製のCRMソフトウェアパッケージである。Microsoft Dynamics CRM フレッシュアイペディアより)

  • OS/2

    OS/2から見たマイクロソフトマイクロソフト

    OS/2(オーエス・ツー)は、MS-DOSおよびPC DOSの後継として、IBMとマイクロソフトとの共同で開発された、パーソナルコンピュータ(パソコン)用の16ビットおよび32ビットのオペレーティングシステム (OS) である。OS/2 フレッシュアイペディアより)

  • 手書き文字認識

    手書き文字認識から見たマイクロソフトマイクロソフト

    1990年代初め、NCR、IBM、EO というメーカーが共同でGO社の PenPoint OS を搭載した(広義の)タブレットPCをリリースした。PenPointには手書き文字認識機能やジェスチャー機能があり、サードパーティ製ソフトウェアにもそれらを適用可能だった。IBMは当初ThinkPadのブランド名を使い、独自の手書き文字認識技術を使っていた。この認識システムは後にマイクロソフトの Windows for Pen Computing に移植され、IBMではOS/2にも移植した。これらはいずれも商業的には失敗した。手書き文字認識 フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・コンピュータ・プロダクツ

    シアトル・コンピュータ・プロダクツから見たマイクロソフトマイクロソフト

    シアトル・コンピュータ・プロダクツ(Seattle Computer Products、SCP) は、アメリカ合衆国シアトルのコンピュータハードウェアの会社であり、インテル社の8086プロセッサを使ったコンピュータを製造していた初期の会社の一つである。従業員の一部に近隣の高校生を雇って、半田付けやコンピュータの組み立てを行っていた。彼らの一部は後にマイクロソフトで働いた。シアトル・コンピュータ・プロダクツ フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Flight Simulator

    Microsoft Flight Simulatorから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Flight Simulator(マイクロソフトフライトシミュレータ 通称:MSFS)はマイクロソフトが開発していたフライトシミュレータである。もともとはSubLOGICという会社が1979年にアップルコンピュータのApple II向けに開発したものであるが、これをマイクロソフトが買収して現在に至っている(開発チームはACE Studioと呼ばれていた)。Microsoft Flight Simulator フレッシュアイペディアより)

  • Xbox

    Xboxから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Xbox(エックスボックス)は、マイクロソフトが開発および販売を行った家庭用ゲーム機である。「Xbox」と小文字で表記されることが多いが、ロゴ等は「XBOX」とすべて大文字で表記されている。Xbox フレッシュアイペディアより)

  • 2007年度世界長者番付

    2007年度世界長者番付から見たマイクロソフトマイクロソフト

    001.ビル・ゲイツ (560億ドル マイクロソフト2007年度世界長者番付 フレッシュアイペディアより)

  • Blu-ray Disc

    Blu-ray Discから見たマイクロソフトマイクロソフト

    同時期、コンピュータ業界最大手のマイクロソフトとインテルがHD DVD支持を表明。主な要因はパソコン等と連係できる著作権保護の柔軟性によると主張。しかし2規格の実質的な差はそれほど大きくなく、背景にはマイクロソフトがWindows VistaやXbox 360など自社製品との親和性が高いHD DVDを推進する狙いがあった。マイクロソフトやインテルが支持したことにより、IT業界内に動揺する企業が現れてきた。例えば2006年になり、マイクロソフト等の勧誘によりヒューレット・パッカードがHD DVDのサポートを表明した。Blu-ray Disc フレッシュアイペディアより)

  • ライセンス感染

    ライセンス感染から見たマイクロソフトマイクロソフト

    マイクロソフトのWindows 7をネットブックへのインストールを支援するソフトウェアにGPL由来のソースコードが混ざっていたため、ソフトウェア全体のソース公開を余儀なくされた。ライセンス感染 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ

    コンピュータから見たマイクロソフトマイクロソフト

    ハードウェアの抽象化層を持つ現在のオペレーティングシステムの多くは、何らかの標準化されたユーザインタフェースを兼ね備えている。かつてはキャラクタユーザインタフェースのみが提供されていたが、1970年代にアラン・ケイらが Dynabook(ダイナブック)構想を提唱し、「暫定 」と呼ばれる Alto(アルト)と Smalltalk(スモールトーク)によるグラフィカルユーザインタフェース環境を実現した。なお、「暫定 」は当時のゼロックスの首脳陣の判断により製品化されなかった(ゼロックスより発売されたグラフィカルユーザインタフェース搭載のシステム Xerox Star(ゼロックス・スター)は「暫定 」とは別系統のプロジェクトに由来する)が、この影響を受け開発されたアップルコンピュータの LISA(リサ)や Macintosh(マッキントッシュ)、マイクロソフトの Windows(ウィンドウズ)の発売、普及により、グラフィカルユーザインタフェースが一般的にも普及することとなった。コンピュータ フレッシュアイペディアより)

2232件中 21 - 30件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード