1788件中 21 - 30件表示
  • 企業資源計画

    企業資源計画から見たマイクロソフトマイクロソフト

    商用のERPソフトウェアとしては、1972年に創業したドイツSAP社のSAP R/3を始め、オラクル社のE-Business Suiteなどの大手企業向けERPソフトウェアが市場を席巻しており、SAP R/3が過半数のシェアを握っているが、昨今では中堅・中小企業向けのERPソフトウェアが各社より活発にリリースされている。また、2007年にはマイクロソフト社が日本国内ERP市場に参入し、Dynamics AXを発売している。ERPソフトウェア市場は拡大と激しい競争の時期を迎えている。企業資源計画 フレッシュアイペディアより)

  • 共通言語基盤

    共通言語基盤から見たマイクロソフトマイクロソフト

    共通言語基盤 ('、CLI''') は、.NET Frameworkの基幹を構成する実行コードや実行環境などについてマイクロソフトが策定した仕様である。仕様は、ECMA-335 および ISO/IEC 23271 として標準化され公開されている。CLIは、プログラミング言語やコンピュータ・アーキテクチャに依存しない環境を定義しており、様々な高級言語で書いたソースコードが書き直すことなく他のプラットフォームでも使える。共通言語基盤 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年度世界長者番付

    2007年度世界長者番付から見たマイクロソフトマイクロソフト

    001.ビル・ゲイツ (560億ドル マイクロソフト2007年度世界長者番付 フレッシュアイペディアより)

  • UNIX

    UNIXから見たマイクロソフトマイクロソフト

    多くの企業が自社製ミニコンピュータやワークステーションに商用UNIXを提供しはじめた。商用UNIXは、BSD発祥のものと、AT&Tからライセンス供与を受けた System V ベースのものがある。サン・マイクロシステムズは1982年、BSDの主要開発者だったビル・ジョイが創業した企業で、自社製ワークステーション用に SunOS を開発した。マイクロソフトは1980年、16ビットミニコンピュータ用のUnixであるXENIXを発表。1983年、SCO(後のタランテラ)が Intel 8086 にXENIXを移植し、1989年にはそれを SCO UNIX とした。UNIX フレッシュアイペディアより)

  • PC/AT互換機

    PC/AT互換機から見たマイクロソフトマイクロソフト

    IBM PCは早期参入のために市場で入手可能な部品のみで構成され、周辺機器の普及のためにオープンアーキテクチャとして回路図やBIOSのソースコードを公開し、さらに、主力のオペレーティングシステムであるPC DOSを「MS-DOS」の名称でマイクロソフトから各社にOEM供給する事を認めたため、市場には各種のMS-DOSマシン(一部はLotus 1-2-3互換を名乗った)、さらには「IBM PC互換機」が登場した。PC/AT互換機 フレッシュアイペディアより)

  • OS/2

    OS/2から見たマイクロソフトマイクロソフト

    OS/2(オーエス・ツー)は、DOS(MS-DOSおよびPC DOS)の後継として、IBMとマイクロソフトとの共同で開発された、パーソナルコンピュータ(パソコン)用の16ビットおよび32ビットのオペレーティングシステム (OS) である。OS/2 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ

    コンピュータから見たマイクロソフトマイクロソフト

    ハードウェアの抽象化層を持つ現在のオペレーティングシステムの多くは、何らかの標準化されたユーザインタフェースを兼ね備えている。かつてはキャラクタユーザインタフェースのみが提供されていたが、1970年代にアラン・ケイらが 構想を提唱、暫定 と呼ばれる と によるグラフィカルユーザインタフェース環境を実現した。なお、暫定 は当時のゼロックスの首脳陣の判断により製品化されなかった(ゼロックスより発売されたグラフィカルユーザインタフェース搭載のシステム は暫定 とは別系統のプロジェクトに由来する)が、この影響を受け開発されたアップルコンピュータの や 、マイクロソフト社の の発売、普及により、グラフィカルユーザインタフェースが一般的にも普及することとなった。コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 95

    Microsoft Windows 95から見たマイクロソフトマイクロソフト

    Windows 95(ウィンドウズ きゅうじゅうご)は、Microsoft Windows 3.1の後継としてマイクロソフトが1995年に出したオペレーティングシステム (OS) である。正式名称はMicrosoft Windows 95 Operating Systemである。Microsoft Windows 95 フレッシュアイペディアより)

  • GNU General Public License

    GNU General Public Licenseから見たマイクロソフトマイクロソフト

    GPLは幾度か改訂されており、1991年にはバージョン2がリリースされている。バージョン3がリリースされるまで、それに従うこと15年間、FLOSSコミュニティの幾人かは、GPLでライセンスされているプログラムを、ライセンスの意図に反し、搾取する事につながる抜け道(loopholes; 抜け穴、ループホール)に対し懸念を抱くようになった。これらの懸念の中には、TiVo化(Tivoization。GPLでライセンスされたプログラムが含まれているにも関わらず、改変版ソフトウェアの稼動を拒絶するハードウェアについての問題)、Webインタフェースの裏側に隠れ公開されることのない改変版GPLソフトウェアの利用、AGPLバージョン1と同等の互換性問題、GNU/Linuxコミュニティと敵対するための武器として特許を行使する企てと見なされる、マイクロソフトとGNU/Linuxディストリビュータとの特許契約などがある。GNU General Public License フレッシュアイペディアより)

  • Mozilla Firefox

    Mozilla Firefoxから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1998年当時、Netscape が九割近くのシェアを持っていたが、マイクロソフトの Internet Explorer が無料でかつWindows にバンドルされていたために、凄まじい勢いでシェアを獲得しつつあった。Mozilla Firefox フレッシュアイペディアより)

1788件中 21 - 30件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード