1788件中 31 - 40件表示
  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1980年代末頃からはパーソナルコンピュータ市場ではマイクロソフトとインテルが支配力を持っているため、Macintoshを除くx86プラットフォームは「ウィンテル」と呼ばれることもある。ほかにLinuxなどのPC-UNIXも使用されている。PowerPCを搭載したパソコン(CHRP/PAPRアーキテクチャ互換機)やARMアーキテクチャのCPUを用いRISC OSを搭載したパソコン(Risc PC互換機)も存在するが売り上げは極めて小さく、市場ではほとんど存在感を持たない。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • HD DVD

    HD DVDから見たマイクロソフトマイクロソフト

    トムソンが参入を、ユニヴァーサル・ピクチャーズ、ニューライン・シネマがまたコンピュータ業界をリードしてきたマイクロソフトとインテル(通称・ウィンテル連合)も支持を表明しWindows VistaとXbox 360(外付けユニット、因みにライバルであるプレイステーション3はBDを採用)で標準対応すると表明するとBDとの第3世代光ディスク規格をめぐる争いは激化の一途をたどった。その争いはかつてのベータマックスとVHSによるビデオテープ争い以上といわれてきた。HD DVD フレッシュアイペディアより)

  • Blu-ray Disc

    Blu-ray Discから見たマイクロソフトマイクロソフト

    同時期、コンピュータ業界最大手のマイクロソフトとインテルがHD DVD支持を表明。主な要因はパソコン等と連係できる著作権保護の柔軟性によると主張。しかし2規格の実質的な差はそれほど大きくなく、背景にはマイクロソフトがWindows VistaやXbox 360など自社製品との親和性が高いHD DVDを推進する狙いがあった。マイクロソフトやインテルが支持したことにより、IT業界内に動揺する企業が現れてきた。例えば2006年になり、マイクロソフト等の勧誘によりヒューレット・パッカードがHD DVDのサポートを表明した。Blu-ray Disc フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト支援技術ベンダプログラム

    マイクロソフト支援技術ベンダプログラムから見たマイクロソフトマイクロソフト

    マイクロソフト支援技術ベンダプログラム(まいくろそふとしえんぎじゅつべんだぷろぐらむ、)は、Microsoft Corporationによる「支援技術」の向上と発展を推進するプログラムである。略称はMATvp(マットブイピー)。マイクロソフト支援技術ベンダープログラム(まいくろそふとしえんぎじゅつべんだーぷろぐらむ)とも呼称される。マイクロソフト支援技術ベンダプログラム フレッシュアイペディアより)

  • OLAP

    OLAPから見たMicrosoftマイクロソフト

    リレーショナルデータベースにはSQLという標準化された問い合わせ言語やODBC・JDBC・OLEDBのように広く普及したAPIが存在するが、OLAPでは統一された規格は存在しない。最初の実務的な標準であるAPIは1997年のMicrosoftのOLEDB for OLAPであり、MDX問い合わせ言語をもたらした。これは複数のOLAPベンダがクライアントとサーバの両方に採用している。2001年MicrosoftとHyperion Solutionsは分析記述用のXML(XML for Analysis)を発表しており、ほとんどのベンダに採用されている。この標準はMDXを問い合わせ言語として使用しているため、MDXはOLAPの世界ではデファクトスタンダードとなった。OLAP フレッシュアイペディアより)

  • Adaptive Server Enterprise

    Adaptive Server Enterpriseから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1988年に、Sybase SQL Server for OS/2 および Sybase SQL Server for Windows を、Sybase、マイクロソフト、アシュトンテイトの、3社が協力して開発した。Adaptive Server Enterprise フレッシュアイペディアより)

  • 手書き文字認識

    手書き文字認識から見たマイクロソフトマイクロソフト

    1990年代初め、NCR、IBM、EO というメーカーが共同でGO社の PenPoint OS を搭載した(広義の)タブレットPCをリリースした。PenPointには手書き文字認識機能やジェスチャー機能があり、サードパーティ製ソフトウェアにもそれらを適用可能だった。IBMは当初ThinkPadのブランド名を使い、独自の手書き文字認識技術を使っていた。この認識システムは後にマイクロソフトの Windows for Pen Computing に移植され、IBMではOS/2にも移植した。これらはいずれも商業的には失敗した。手書き文字認識 フレッシュアイペディアより)

  • Windowsキー

    Windowsキーから見たマイクロソフトマイクロソフト

    マイクロソフトは公式ウェブサイト等で、「Windows ロゴ キー」「Windowsのロゴ キー」などとも記載する。Windowsキー フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft BASIC

    Microsoft BASICから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft BASIC(マイクロソフト ベーシック)とは、マイクロソフトが販売する、プログラミング言語、BASICである。Microsoft BASIC フレッシュアイペディアより)

  • Defective by Design

    Defective by Designから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Defective by DesignはFSFとCivicActions両者の共同運動である。後者はアドボカシー・キャンペーンをオンラインで展開する企業組織である。当運動の主催者は、CivicActionsのグレゴリー・ヘラー(Gregory Heller)、FSFの執行役員(executive director)、CivicActionsとFSF双方の理事であるヘンリー・プールである。当運動は2006年5月に開催された(WinHEC)に合わせ、DRM反対の抗議の声を上げるため立ち上げられた。抗議運動において、FSFのメンバーは黄色の化学防護服に身を包み、本運動のキー・スローガンでもあるフレーズ、「DRM技術を内包するマイクロソフト製品は設計からして欠陥である(defective by design)」との説明が書かれたパンフレットを配布した。Defective by Design フレッシュアイペディアより)

1788件中 31 - 40件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード