2232件中 31 - 40件表示
  • GNU General Public License

    GNU General Public Licenseから見たマイクロソフトマイクロソフト

    GPLは幾度か改訂されており、1991年にはバージョン2がリリースされている。バージョン3がリリースされるまで、それに従うこと15年間、FLOSSコミュニティの幾人かは、GPLでライセンスされているプログラムを、ライセンスの意図に反し、搾取する事につながる抜け道(loopholes; 抜け穴、ループホール)に対し懸念を抱くようになった。これらの懸念の中には、TiVo化(Tivoization。GPLでライセンスされたプログラムが含まれているにも関わらず、改変版ソフトウェアの稼動を拒絶するハードウェアについての問題)、Webインタフェースの裏側に隠れ公開されることのない改変版GPLソフトウェアの利用、AGPLバージョン1と同等の互換性問題、GNU/Linuxコミュニティと敵対するための武器として特許を行使する企てと見なされる、マイクロソフトとGNU/Linuxディストリビュータとの特許契約などがある。GNU General Public License フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 95

    Microsoft Windows 95から見たマイクロソフトマイクロソフト

    Windows 95(ウィンドウズ きゅうじゅうご)は、Microsoft Windows 3.1の後継として、マイクロソフトが1995年に出したオペレーティングシステム (OS) である。正式名称はMicrosoft Windows 95 Operating Systemである。Microsoft Windows 95 フレッシュアイペディアより)

  • 企業資源計画

    企業資源計画から見たマイクロソフトマイクロソフト

    商用のERPソフトウェアとしては、1972年に創業したドイツSAP社のSAP R/3やSAP S/4HANAを始め、オラクル社のE-Business Suite, PeopleSoftなどの大手企業向けERPソフトウェアが市場を席巻しており、SAP R/3およびSAP ERP、SAP S/4HANAなどを有するSAP社が過半数のシェアを握っている。特に経済誌フォーブズ(Forbes)が毎年選出するフォーブズ・グローバル2000にランクインする大企業においては、87%がSAP製を採用している。又、昨今ではオラクル社がJD Edwards、SAP社がSAP Business OneやSAP Business All-in-Oneなどの中堅・中小企業向けを提供しているほか、マイクロソフト社が2007年にDynamics AXを発売して国内市場に参入するなど中堅・中小企業向けのERPソフトウェアが各社より活発にリリースされている。2015年にはSAPがインメモリープラットフォームを活用した第4世代ERPであるSAP S/4HANAをリリースした。ERPソフトウェア市場は拡大と激しい競争の時期を迎えている。企業資源計画 フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たマイクロソフトマイクロソフト

    1980年代末頃から、パーソナルコンピュータ市場ではマイクロソフトとインテルが支配力を持っているため、Macintoshを除くx86プラットフォームは「ウィンテル」と呼ばれることもある。ほかにLinuxなどのPC-UNIXも使用されている。PowerPCを搭載したパソコン(CHRP/PAPRアーキテクチャ互換機)やARMアーキテクチャのCPUを用いRISC OSを搭載したパソコン(Risc PC互換機)も存在するが、売り上げは極めて小さく、市場ではほとんど存在感を持たない。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • HD DVD

    HD DVDから見たマイクロソフトマイクロソフト

    トムソンが参入を、ユニヴァーサル・ピクチャーズ、ニューライン・シネマがまたコンピュータ業界をリードしてきたマイクロソフトとインテル(通称・ウィンテル連合)も支持を表明しWindows VistaとXbox 360(外付けユニット、因みにライバルであるプレイステーション3はBDを採用)で標準対応すると表明するとBDとの第3世代光ディスク規格をめぐる争いは激化の一途をたどった。その争いはかつてのベータマックスとVHSによるビデオテープ争い以上といわれてきた。HD DVD フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たマイクロソフトマイクロソフト

    アプリケーションプログラミングインタフェース(''、)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++のStandard Template Libraryやなど)がある。商業的に使われる狭義の意味ではOSやミドルウェアやWebサービス等サービスを利用するアプリケーション(Application)を作成する(Programming)ためのインターフェース(Interface)である。こちらの意味ではサービスから提供されないStandard Template Libraryなど言語の標準ライブラリーは含まない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • UNIX

    UNIXから見たマイクロソフトマイクロソフト

    多くの企業が自社製ミニコンピュータやワークステーションに商用UNIXを提供しはじめた。商用UNIXは、BSD発祥のものと、AT&Tからライセンス供与を受けたSystem Vベースのものがある。サン・マイクロシステムズは1982年、BSDの主要開発者だったビル・ジョイが創業した企業で、自社製ワークステーション用にSunOSを開発した。マイクロソフトは1980年、16ビットミニコンピュータ用のUnixであるXENIXを発表。1983年、SCO(後のタランテラ)がIntel 8086にXENIXを移植し、1989年にはそれをSCO UNIXとした。UNIX フレッシュアイペディアより)

  • 新・電子立国

    新・電子立国から見たマイクロソフトマイクロソフト

    1980年代までの日米半導体史を描いた「電子立国日本の自叙伝」の事実上の続編として企画され、前作が主にハードウェアの発達・開発を描いたのに対し、本作ではソフトウェアを主眼に置き、マイクロソフトの設立からMS-DOSの開発に至るまでの流れや、アタリ・任天堂・セガ(後のセガゲームス)らによる家庭用ゲーム機を巡る市場での争い、一太郎・Lotus 1-2-3などのビジネスソフトの開発秘話などが描かれた。新・電子立国 フレッシュアイペディアより)

  • ドリームキャスト

    ドリームキャストから見たマイクロソフトマイクロソフト

    ソフトウェア面ではセガがマイクロソフト本社およびマイクロソフト日本法人と共同開発したWindows CEのカスタマイズ版をOSとして選択することが可能で、DirectXや通信機能に対応している。開発ツールもWindowsベースの物も用意されていた。しかし、メモリ使用効率のオーバーヘッドなどが大きかったため、実際には多くの開発会社は Windows CEを選択せずセガの用意した内製の専用のOSを使用していた。なお、当時のゲームハード用のOSは、の物とは異なり組み込み用分野に使用されるソフトウェア基盤に近い、プログラムのロードやメモリー管理のみに特化した極めてシンプルで原始的な物だった。ドリームキャスト フレッシュアイペディアより)

  • オープンソースソフトウェアの歴史

    オープンソースソフトウェアの歴史から見たMicrosoftマイクロソフト

    コンピュータのGUIは1973年にビットマップスクリーンとしてXerox PARCで初めて実装されていた。その後、1983年にAppleのLisa、1984年にMicrosoftのInterface Managerでプロプライエタリ・ソフトウェアとして採用された。1980年代からUNIXライクOS上でもGUIプラットフォーム、アプリケーションが開発された。オープンソースソフトウェアの歴史 フレッシュアイペディアより)

2232件中 31 - 40件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード