1788件中 41 - 50件表示
  • リアルネットワークス

    リアルネットワークスから見たマイクロソフトマイクロソフト

    リアルネットワークス(Progressive Networksが最初の社名)は、1995年にマイクロソフトの元重役が創業した。当初は 革新的かつ政治的コンテンツの配給経路を提供することを目的としていた。その後すぐに技術ベンチャーとなり、インターネットでの音楽配信促進を目的とするようになる。1996年10月には、ネットスケープコミュニケーションズと共にRTSP(Real Time Streaming Protocol)標準化イニシアチブを結成している。1997年9月、Progressive Networks は リアルネットワークス(RealNetworks)に改称、同年11月にはNASDAQに株式上場した。リアルネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Internet Security and Acceleration Server

    Microsoft Internet Security and Acceleration Serverから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Internet Security and Acceleration Server (ISA Server) は、マイクロソフトのファイアウォールのソフトウェアである。以前は Microsoft Proxy Server という名称であった。Microsoft Internet Security and Acceleration Server フレッシュアイペディアより)

  • 野口量

    野口量から見たマイクロソフトマイクロソフト

    7月、ロサンゼルスで行われたマイクロソフトが主催する最大のパートナー向けイベント「Worldwide Partner Conference 2011」(WPC 2011) のオープニングイベントにゲスト出演し、1万人以上の観客の前でパフォーマンスを披露。野口量 フレッシュアイペディアより)

  • 準児童ポルノ

    準児童ポルノから見たマイクロソフトマイクロソフト

    準児童ポルノ(じゅんじどうポルノ)とは、2008年3月、日本ユニセフ協会、ECPAT/ストップ子ども買春の会 、マイクロソフト、Yahoo!などが共同で行ったキャンペーン、「なくそう! 子どもポルノキャンペーン」ではじめて提唱した概念である。準児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • アンサンブルスタジオ

    アンサンブルスタジオから見たマイクロソフトマイクロソフト

    アンサンブルスタジオ(Ensemble Studios)はアメリカ合衆国テキサス州ダラスに本社があるマイクロソフト傘下のゲーム開発会社。エイジ オブ エンパイア シリーズなどを手がける。アンサンブルスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • XMLHttpRequest

    XMLHttpRequestから見たマイクロソフトマイクロソフト

    XMLHttpRequestは、マイクロソフトがOutlook Web Access 2000のダイナミックHTMLによるウェブインターフェースに活用するため、1999年公開のInternet Explorer 5においてActiveXオブジェクトとして実装したのが始まりである。その後、2001年にMozillaプロジェクトがこれと互換性のある組み込みオブジェクトをMozilla 0.9.7およびNetscape 7で実装し、アップルも2004年にSafari 1.2でMozillaと同様の組み込みオブジェクトを実装し始めた。XMLHttpRequest フレッシュアイペディアより)

  • NetWare

    NetWareから見たマイクロソフトマイクロソフト

    企業内LANにおけるクライアントOSがMS-DOS全盛期であった頃、NetWareが使用するIPXプロトコルがルーティング可能なプロトコルであったのに対し、Windows3.1の時代まではマイクロソフト/IBMが提供するOSはスタンドアローンでの使用が前提であったため、ネットワークプロトコルがオプションであり、オプションで提供されるNetBIOSプロトコルはルーティングできず、また同一ネットワーク上に255台までしか管理できない物であった。のちにルーティング可能なオプションで提供されるマイクロソフトのLANマネージャと比べても、ネットワークの性能が高く、LAN ManagerサーバはOS/2で稼働したためOS/2のリリースまで待たねばならないものであった。NetWare フレッシュアイペディアより)

  • Quantum Effect Devices

    Quantum Effect Devicesから見たマイクロソフトマイクロソフト

    当初のQEDの製品計画は、ノート型コンピュータ向けにMIPSアーキテクチャのマイクロプロセッサを設計することであった。当時、マイクロソフトが Windows NT でいくつかのRISCアーキテクチャをサポートしていた。RISCベースのパーソナルコンピュータが主流になると考えたいくつかのベンチャー企業がシステムやボードを開発していた。結局、それは市場を形成できなかったが、R4600("Orion")が完成し、ルーターやアーケードゲーム機で使われた。その後、東芝とIDT向けに R4700、IDT と NKK 向けに R4650、SGIと日本電気向けに R5000 を設計した。Quantum Effect Devices フレッシュアイペディアより)

  • 画像転送プロトコル

    画像転送プロトコルから見たマイクロソフトマイクロソフト

    これまでPTPを拡張する多くのプロトコルが開発されている。FotoNationにより開発されNikonが初めて実装したPTP/IPによって無線ネットワークにおいてデータを転送できるようになり、マイクロソフトが開発したメディア転送プロトコル(Media Transfer Protocol)は、FotoNationのPTP/IPを部分的にベースとして無線もしくは有線通信を可能とし、ユーザーは写真以外のメディアを転送したり、拡張メタデータで(タイトル、アーティスト情報などを)タギング (コンピュータ)付けすることも出来るようになった。画像転送プロトコル フレッシュアイペディアより)

  • 橋本 来留美

    橋本来留美から見たマイクロソフトマイクロソフト

    マイクロソフト Internet safety(2005年)橋本来留美 フレッシュアイペディアより)

1788件中 41 - 50件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード