2232件中 61 - 70件表示
  • Windows CardSpace

    Windows CardSpaceから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Windows CardSpace は、アイデンティティメタシステムに対するマイクロソフトのクライアントソフトウェアである。マイクロソフト内のコード名は InfoCard。CardSpace は、アイデンティティセレクタと呼ばれるアイデンティティ・クライアントソフトウェアの一種である。CardSpaceはユーザーのデジタルアイデンティティへの参照を格納しており、それをユーザーに対して視覚的なインフォメーションカードとして提示する。CardSpaceは、アプリケーションやWebサイトが受け入れる各種アイデンティティを簡単に利用できる一貫したユーザインタフェース (UI) を提供する。Windows CardSpace フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Exchange Online

    Microsoft Exchange Onlineから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Exchange Onlineは、マイクロソフトが開発したグループウェア/電子メールのサーバー製品であるMicrosoft Exchange Serverをマイクロソフト自身がホスティングをして提供しているクラウドコンピューティング型のサービス。Microsoft Office 365のブランドで提供されるサービスの一部。マルチテナント型と専有型の2種類の形態がある。現在はExchange Server 2013をホスティングしたサービスとなっている。50GBのメールボックスを標準で提供している。Microsoft Exchange Online フレッシュアイペディアより)

  • LAN Manager

    LAN Managerから見たマイクロソフトマイクロソフト

    LAN Manager(LANマネージャー)は、マイクロソフトが販売していた、ネットワークオペレーティングシステムである。LAN Manager フレッシュアイペディアより)

  • 3Dムービーメーカー

    3Dムービーメーカーから見たマイクロソフトマイクロソフト

    3Dムービーメーカー(3D Movie Maker)は、1996年にマイクロソフトから発売されたソフトウェア。3Dムービーメーカー フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Internet Security and Acceleration Server

    Microsoft Internet Security and Acceleration Serverから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Internet Security and Acceleration Server (ISA Server) は、マイクロソフトのファイアウォールのソフトウェアである。以前は Microsoft Proxy Server という名称であった。Microsoft Internet Security and Acceleration Server フレッシュアイペディアより)

  • BartPE

    BartPEから見たマイクロソフトマイクロソフト

    作者はオランダ在住のBart Lagerweij氏で最初のリリースは2003年4月28日だった。「BartPE」は通称であり、アプリケーションの正式名称は「Bart's PE Builder」という。PEとは"Preinstallation Environment"、つまり「インストールする前の環境」の意であり、そもそものWindowsのこうした利用形態がマイクロソフトによるWindowsインストールを実行するためのOS環境「Win PE」から始まったことに由来している。BartPE フレッシュアイペディアより)

  • Distributed Component Object Model

    Distributed Component Object Modelから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Distributed Component Object Model(DCOM)は、ネットワーク上に分散配置されたコンピュータ上のソフトウェアコンポーネント間通信(分散オブジェクト技術)のためのマイクロソフト独自の技術。Distributed Component Object Model フレッシュアイペディアより)

  • シトリックス・システムズ

    シトリックス・システムズから見たマイクロソフトマイクロソフト

    シトリックスの最初の製品は、ヤコブッチの念願だったマルチユーザー化されたOS/2であり、「Citrix MULTIUSER」と命名された。この時OS/2のソースコードは、IBMからではなくマイクロソフトからライセンス供給された。Citrix MULTIUSERの狙いは、テキストベースのOS/2アプリケーションを、1台のサーバから複数のユーザーに同時に使わせることによってUNIXの市場の一角に食い込むことにあった。しかし、Citrix MULTIUSERは技術的には一部で高い評価はえられたものの、市場のニーズは存在せず、商業的には失敗作に終わった。シトリックス・システムズ フレッシュアイペディアより)

  • PowerPC 970

    PowerPC 970から見たマイクロソフトマイクロソフト

    は伝統的にビッグエンディアンとリトルエンディアンを切り替えることができるバイエンディアンとして設計されているが、 970 はビッグエンディアンのみをサポートするように設計が変更された。このため、 のリトルエンディアンモードを使用していたマイクロソフトの は設計を変更しなければならず、発売が遅れることとなった。PowerPC 970 フレッシュアイペディアより)

  • Open Financial Exchange

    Open Financial Exchangeから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Open Financial Exchange (OFX) は、金融情報を交換するためのデータストリームフォーマットであり、マイクロソフトのOFC と Intuitの Open Exchange をベースとしている。Open Financial Exchange フレッシュアイペディアより)

2232件中 61 - 70件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード