1788件中 61 - 70件表示
  • Microsoft Office Communicator

    Microsoft Office Communicatorから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Office Communicator(マイクロソフト オフィス コミュニケーター)はマイクロソフトがMicrosoft Windows向けに提供している企業向けのインスタントメッセージ/プレゼンス情報表示用のクライアントソフトウェアである。利用にはインスタントメッセージ機能を提供するサーバーMicrosoft Office Communications Serverが必要である。Microsoft Office Communicator フレッシュアイペディアより)

  • モビマジック

    モビマジックから見たマイクロソフトマイクロソフト

     設立当初の資本金は、2億円。住所は、東京都品川区北品川四丁目2番1号御殿山ネックス2号館であった。株式構成は、(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモが50%、マイクロソフトコーポレーションが50%であった。途中で30億円に増資した。平成16年5月6日開催の臨時株主総会にて、資本金30億円を29億円減少した。平成16年6月15日開催の定時株主総会の決議により平成16年6月30日をもって解散した。同年9月2日清算完了。モビマジック フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office Specialist

    Microsoft Office Specialistから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィススペシャリスト、略称 MOS)は、マイクロソフトが認定するマイクロソフト製のMicrosoft Officeに関する国際資格である。日本では、オデッセイコミュニケーションズが運営・実施している。かつてはMicrosoft Office User Specialist(略称MOUS)という名称であったが名称が長すぎるなどの理由で2003年11月に改名された。Microsoft Office Specialist フレッシュアイペディアより)

  • BartPE

    BartPEから見たマイクロソフトマイクロソフト

    作者はオランダ在住のBart Lagerweij氏で最初のリリースは2003年4月28日だった。「BartPE」は通称であり、アプリケーションの正式名称は「Bart's PE Builder」という。PEとは"Preinstallation Environment"、つまり「インストールする前の環境」の意であり、そもそものWindowsのこうした利用形態がマイクロソフトによるWindowsインストールを実行するためのOS環境「Win PE」から始まったことに由来している。BartPE フレッシュアイペディアより)

  • ルーム・トゥ・リード

    ルーム・トゥ・リードから見たマイクロソフトマイクロソフト

    ルーム・トゥ・リード は、マイクロソフトの幹部社員だったジョン・ウッドにより2000年に創設された、開発途上国の子どもの人生を、読み書きの習得と男女平等の教育機会から変えていくことを目指した国際的なNGO。ルーム・トゥ・リード フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフトリサーチ

    マイクロソフトリサーチから見たマイクロソフトマイクロソフト

    マイクロソフトリサーチ(Microsoft Research、MSR)は、計算機科学に関するさまざまな研究を行う機関。リチャード・ラシッド博士がマイクロソフトに入社する条件として、同研究所の設立と、その独立性を約束させ、1991年9月に設立された。マイクロソフトリサーチ フレッシュアイペディアより)

  • シトリックス・システムズ

    シトリックス・システムズから見たマイクロソフトマイクロソフト

    記念すべきシトリックスの最初の製品は、ヤコブッチの念願だったマルチユーザー化されたOS/2であり、「Citrix MULTIUSER」と命名された。この時OS/2のソースコードは、(IBMからではなく)マイクロソフトからライセンス供給された。Citrix MULTIUSERの狙いは、テキストベースのOS/2アプリケーションを、1台のサーバから複数のユーザーに同時に使わせることによってUNIXの市場の一角に食い込むことにあったが、実際のところ市場のニーズは存在せず、Citrix MULTIUSERは技術的には一部で高い評価はえられたものの、商業的には失敗作に終わった。Citrix MULTIUSERの商業的失敗を受け、シトリックスは顧客ニーズの調査に力を入れ、DOSアプリケーションやWindows 3.1アプリケーションであれば、リモートアクセスのニーズがあると判断した。こうして1993年に発表された「WinView」は、OS/2をベースとしながらも、DOSアプリケーションやWindows 3.1アプリケーションをもマルチユーザー環境で使えるようになっており、シトリックス最初の商業的成功となった。さらにこのあと、マイクロソフトからWindows NTのソースコードのライセンス供給を受け、Windows NT 3.51をマルチユーザー化した「WinFrame」を1995年に発表した。シトリックス・システムズ フレッシュアイペディアより)

  • GlassFish

    GlassFishから見たマイクロソフトマイクロソフト

    Metro Webサービスフレームワークとマイクロソフト製品(.NET Framework 3.0)との相互接続性の保証。GlassFish フレッシュアイペディアより)

  • シェアードソース

    シェアードソースから見たマイクロソフトマイクロソフト

    シェアードソース()は、コンピュータプログラムのソースコードを個人あるいは組織が共有するためのマイクロソフトによるフレームワークである。マイクロソフトのシェアードソースイニシアティブの活動範囲は、技術やライセンスなども含む。その対象物の多くは誰でもダウンロード可能な状況に置かれるが、特定のコミュニティの要求に合わせて調整されているものもある。それらのプログラムには満たすべき適格基準が存在する。シェアードソース フレッシュアイペディアより)

  • Get a Mac

    Get a Macから見たマイクロソフトマイクロソフト

    WWDC 2006 ? Macの開発を停止させるための試みで、PCはスティーブ・ジョブズからの「開発者は今年のオフの休暇を取ることになり、マイクロソフトはVistaでいくつかの助けを使用することができるだろう」とのメッセージを持っていると主張する。PCはジョブズと自分の休暇について話題からずれはじめ、しかし、Macが到着したとき、彼はちょうど彼らの横に立ち、次のコマーシャルに準備を進めていると言い、音程の外れたのテーマソングを歌い始める。Get a Mac フレッシュアイペディアより)

1788件中 61 - 70件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード