176件中 51 - 60件表示
  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たアスキー (企業)

    黎明期の1970年代後半から1980年代前半には西和彦がビル・ゲイツと意気投合し、マイクロソフトの副社長を務めるなどした。このことはマイクロソフトの日本進出に大きく作用している。アスキーはMSXやAXの共同展開や日本法人設立までの日本代理店(実際は子会社のアスキーマイクロソフト株式会社が担当)を務めるなど、大きな貢献をしていた。しかし1986年にマイクロソフトが100%出資の日本法人(マイクロソフト株式会社)をアスキーから古川享や成毛眞ら一部の社員が独立する形で設立したため、提携を解消した。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たマクラーレン・エレクトロニック・システムズ

    従来とは違った分野での活躍として、フォーミュラ1への製品供給があげられる。マクラーレン・エレクトロニック・システムズと共同で、エンジンコントロールユニットを供給している。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たファストサーチ & トランスファ

    以前は「マイクロソフト株式会社」という社名で、オフィスが小田急サザンタワー(本社)、朝日生命代田橋ビル、赤坂ガーデンシティ、東京オペラシティの東京都内4か所に分散していた。これを解消するため、2011年2月1日付けで、テクノロジーセンターを除く4拠点と関連会社であるファストサーチ & トランスファ株式会社が入居している霞が関オフィス(大同生命霞が関ビル)を統合集約し、新本社オフィスとして港区港南の品川グランドセントラルタワーに移転した。同時に、社名を日本マイクロソフト株式会社に変更した。さらに東京以外の各地にも支店が置かれている。拠点を港区港南に集約した2011年時点で、日本マイクロソフト社と調布市に存在する後述のマイクロソフトディベロップメント社を統合する予定であったが、2014年から2015年にかけて、マイクロソフトディベロップメント社に属する開発系部署と、日本マイクロソフトに属するサポート系部署がいずれも港区港南に移転し、統合の準備が続けられている。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たアップル (企業)

    Apple - モバイル端末やオンラインサービスのほか、OSやオフィス製品でも競合。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たアップルジャパン

    日本市場では日本オラクル、SAPジャパン、セールスフォースドットコム、アマゾンウェブサービスジャパン、グーグル合同会社、日本アイ・ビー・エム、アップルジャパン、サムスン電子などの外資系企業だけでなく、富士通、日立製作所、NEC、ソニー製作所など日系企業を含めた多くのITベンダーと競合しており、激しいシェア争いを繰り広げている。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たノベル (企業)

    2005年にマイクロソフトがSecurity Innovationへ依頼した調査結果がノベルに反論された後に、2006年からノベルと提携している。なお、ノベルはUNIXの知的財産を持ってはいたが、その当時はまだSCOとの裁判中であった。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見た日経BP

    1984年に出版部門「Microsoft Press」を設立、マイクロソフト関連製品の技術解説書を中心にコンピュータ関連書籍の出版を行っている。日本では日本進出の経緯からアスキーが出版業務を担ってきたが、1998年に設立された日経BPの子会社「日経BPソフトプレス」が同年7月から出版業務を担当、現在は大半の出版物を日経BPソフトプレスが、PCゲーム関連書籍などごく一部をアスキー(現アスキー・メディアワークス)が発行している。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たSAPジャパン

    日本市場では日本オラクル、SAPジャパン、セールスフォースドットコム、アマゾンウェブサービスジャパン、グーグル合同会社、日本アイ・ビー・エム、アップルジャパン、サムスン電子などの外資系企業だけでなく、富士通、日立製作所、NEC、ソニー製作所など日系企業を含めた多くのITベンダーと競合しており、激しいシェア争いを繰り広げている。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見た日本アイ・ビー・エム

    日本市場では日本オラクル、SAPジャパン、セールスフォースドットコム、アマゾンウェブサービスジャパン、グーグル合同会社、日本アイ・ビー・エム、アップルジャパン、サムスン電子などの外資系企業だけでなく、富士通、日立製作所、NEC、ソニー製作所など日系企業を含めた多くのITベンダーと競合しており、激しいシェア争いを繰り広げている。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見た小田急サザンタワー

    以前は「マイクロソフト株式会社」という社名で、オフィスが小田急サザンタワー(本社)、朝日生命代田橋ビル、赤坂ガーデンシティ、東京オペラシティの東京都内4か所に分散していた。これを解消するため、2011年2月1日付けで、テクノロジーセンターを除く4拠点と関連会社であるファストサーチ & トランスファ株式会社が入居している霞が関オフィス(大同生命霞が関ビル)を統合集約し、新本社オフィスとして港区港南の品川グランドセントラルタワーに移転した。同時に、社名を日本マイクロソフト株式会社に変更した。さらに東京以外の各地にも支店が置かれている。拠点を港区港南に集約した2011年時点で、日本マイクロソフト社と調布市に存在する後述のマイクロソフトディベロップメント社を統合する予定であったが、2014年から2015年にかけて、マイクロソフトディベロップメント社に属する開発系部署と、日本マイクロソフトに属するサポート系部署がいずれも港区港南に移転し、統合の準備が続けられている。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

176件中 51 - 60件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード