150件中 81 - 90件表示
  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たMS-DOS

    ついでIBM PC上のオペレーティングシステムの開発を請け負い、シアトルコンピュータプロダクツの86-DOSの権利を購入し改良、PC DOS(自社ブランドでMS-DOS)を開発。IBM PCとそれら互換機の普及と共にオペレーティングシステムの需要も伸び、現在に至る地固めを確かなものとした。86-DOSの開発者ティム・パターソンは後にマイクロソフトに引き抜かれMS-DOSの開発メインスタッフとなる。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たDebian

    また、1999年以降Windows NT系向けにServices for UNIX (SFU)を提供している。コミュニティによってこれに対応したDebian Interix PortやGentoo/Interixなどが開発されたが、多くのパッケージは対応されていない。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たMicrosoft Windows 95

    OSはMS-DOSの他にXENIXの開発やIBMと共同でOS/2の開発もしていたが、その後デヴィッド・カトラー率いるDECの開発チームを移籍させるなどしてWindows NTを開発した。このノウハウを元にWindowsとMS-DOSを一体化し、GUIを改良したWindows 95を発売し、世界中で独自規格のパソコンをPC/AT互換機に移行させた。またこのときにアスキーとの復縁もアピールした。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たMSX

    黎明期の1970年代後半から1980年代前半には西和彦がビル・ゲイツと意気投合し、マイクロソフトの副社長を務めるなどした。このことはマイクロソフトの日本進出に大きく作用している。アスキーはMSXやAXの共同展開や日本法人設立までの日本代理店(実際は子会社のアスキーマイクロソフト株式会社が担当)を務めるなど、大きな貢献をしていた。しかし1986年にマイクロソフトが100%出資の日本法人(マイクロソフト株式会社)をアスキーから古川享や成毛眞ら一部の社員が独立する形で設立したため、提携を解消した。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たIBM PC

    ついでIBM PC上のオペレーティングシステムの開発を請け負い、シアトルコンピュータプロダクツの86-DOSの権利を購入し改良、PC DOS(自社ブランドでMS-DOS)を開発。IBM PCとそれら互換機の普及と共にオペレーティングシステムの需要も伸び、現在に至る地固めを確かなものとした。86-DOSの開発者ティム・パターソンは後にマイクロソフトに引き抜かれMS-DOSの開発メインスタッフとなる。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たMicrosoft Money

    はがきスタジオ、エンカルタ総合大百科、Digital Image ProやMicrosoft Works、Microsoft Plus!やVirtual PC、Microsoft Money等の家庭用製品の開発にも取り組んでいたが、現在日本ではOSの機能やオプションの一部として提供されるようになったもの以外は新製品が出ていない状況である。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たOffice Open XML

    オフィススイートのフォーマットはオープンソースでODF (OpenDocument) の標準化が進められており、OpenOffice.org、StarOffice (StarSuite)、一太郎、KOfficeなど、これを採用したオフィススイート間での互換性は向上した。実際にOpenDocumentについては国内を含む各国の行政・自治体で採用の動きが強まっている。しかし、マイクロソフトがその流れに反してODFとは全く互換性のない新規格「Open XML」を定義し、Office2007で標準フォーマットとして採用した。マイクロソフトはOpen XMLの優位性を主張しているが、GNU関連の団体は時代の流れと逆行するとしてマイクロソフトの行為をシェアの暴力と批判し、論争を呼んでいる。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見た大手町 (千代田区)

    以前は「マイクロソフト株式会社」という社名で、オフィスが小田急サザンタワー(本社)、朝日生命代田橋ビル、赤坂ガーデンシティ、東京オペラシティーの東京都内4ヶ所に分散していた。これを解消するため、2011年2月1日付けで、テクノロジーセンターを除く4拠点と関連会社であるファストサーチ & トランスファ株式会社が入居している霞ヶ関オフィス(大同生命霞が関ビル)を統合集約し、新本社オフィスとして港区の品川グランドセントラルタワーに移転した。同時に、社名を日本マイクロソフト株式会社に変更した。大手町と調布にテクノロジーセンターがある。さらに東京以外の各地にも支店が置かれている。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たインタプリタ

    当初は世に登場して間もない8ビットのマイクロプロセッサを搭載したコンピュータ「アルテア (Altair)」上で動く、BASICインタプリタの開発・販売で成功を収めた。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフト

    マイクロソフトから見たWindows Phone

    かつてはWindows Mobileと呼ばれ、Pocket PCやスマートフォンに搭載されるWindows CEの発展版である。2010年に、米国をはじめいくつかの国でWindows Phoneが販売された。その後、2011年秋に行われたアップデートで多国語対応が進み、現在は日本語版もリリースされている。マイクロソフト フレッシュアイペディアより)

150件中 81 - 90件表示

「米マイクロソフト」のニューストピックワード