795件中 91 - 100件表示
  • 安達哲朗

    安達哲朗から見たマクドナルドマクドナルド

    マクドナルド ブレックファースト安達哲朗 フレッシュアイペディアより)

  • ジョイパーク泉ヶ丘

    ジョイパーク泉ヶ丘から見たマクドナルドマクドナルド

    トイザらスやファッションセンターしまむら、マクドナルド、サンプラザをはじめ、ゲームセンター、歯科、眼科、薬局などの店舗が並ぶ。ジョイパーク泉ヶ丘 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・リンデンシュミッド

    ケビン・リンデンシュミッドから見たマクドナルドマクドナルド

    職業の実情は未だに不明。しかしながら、西新宿2丁目のマクドナルドの隣に黒のアストンマーチン・DB9を停めて運転席から降りてきたところを目撃されている事を考えると、フリーターとほぼ遠いという事は言うまでもない。他にはメルセデス・ベンツの鍵を右手に握っている時も確認されており、所持している愛車は複数台の可能性がある。ケビン・リンデンシュミッド フレッシュアイペディアより)

  • Retro G-Style

    Retro G-Styleから見たマクドナルドマクドナルド

    2003年、マクドナルド初のグローバルブランド戦略“i'm lovin' it”日本版テレビCMソングのアーティストに選ばれる。Retro G-Style フレッシュアイペディアより)

  • カオサン通り

    カオサン通りから見たマクドナルドマクドナルド

    生絞りのオレンジやタイ風ミルクティーなどの飲料や果物、パッタイ、ガイヤーン、ロティ、ケバブ、食用の虫などを売る屋台が多い。中には海賊版のCDやDVDを売る店や国際運転免許証や国際学生証など身分証明書の偽造を引き受ける怪しげな店やタトゥーやパーマ、タイマッサージをする店なども存在し、混沌とした情景を醸し出している。セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニやマクドナルドやバーガーキング、サブウェイなどのファーストフード店、スターバックスなどの喫茶店なども、通り沿いやその周辺に存在する。現在はカオサンロードを中心としてバックパッカー向けの施設を提供する地域が拡大傾向にある。カオサン通り フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド氏族

    マクドナルド氏族から見たマクドナルドマクドナルド

    現在の本部はスカイ島アマンデールにある。分家ごとに氏族長(チーフ)がおり、それをまとめる最高評議会と最高評議長(ハイ・チーフ)が存在する。2006年にカロドン・ミュアの戦いの260周年記念式典を行うなど、比較的氏族活動は活発である。氏族出身者には18世紀以降北アメリカ大陸に移民した者も多く、なかでもファーストフードチェーンのマクドナルド、アルバム「Sons of Somerled」などをリリースしたオルタナティブ・ロックミュージシャンのスティーブ・マクドナルドなどが知られている。マクドナルド氏族 フレッシュアイペディアより)

  • アップ・ダーマ・ダウン

    アップ・ダーマ・ダウンから見たマクドナルドマクドナルド

    マクドナルド(フィリピン 2008年) - Float Awayアップ・ダーマ・ダウン フレッシュアイペディアより)

  • グダニスク中央駅

    グダニスク中央駅から見たマクドナルドマクドナルド

    中庭には小さなショッピングセンターが、駅構内にはマクドナルドやKFCのようなファーストフード店が入居している。グダニスク中央駅 フレッシュアイペディアより)

  • 千人町

    千人町から見たマクドナルドマクドナルド

    北口商店街(くまざわ書店、マクドナルド、他)(二丁目)千人町 フレッシュアイペディアより)

  • ブランドなんか、いらない

    ブランドなんか、いらないから見たマクドナルドマクドナルド

    この著作では基本的に経済的なグローバリゼーションを背景としながら成長している多国籍企業での労働の実態を描き出している。そして、そのような国際的に有名なブランドを保持して影響力を行使している企業に対する活動家の反企業運動を記述する。クラインの意図とは、世界を超えて広がりつつある経済システムと企業の権力について分析を加えることによって、新しい市民運動の可能性を示すことにあった。クラインの説明によれば、19世紀後半にブランドが成立してから企業は自社のブランドを計画的に形成しながら都市、音楽、スポーツ、学校、社会運動などに展開させ、自社の知名度と影響力を国際的に拡大し続けてきた。こうして台頭したブランドは結果として人々が公共空間と選択肢を明け渡すように仕向けていると指摘されている。クラインが特に強調しているのはこのブランドによってもたらされる失業や労働の問題である。彼女は商品を海外で生産して輸入する方法を採っているナイキを代表的な事例として挙げながら、企業が自由貿易を活用しながら世界各地で労働力を使い捨てていると主張する。このような情勢の中で、反企業運動や反グローバリゼーション運動の活動家によって採用されている戦略は企業のブランドの価値を破壊する戦略である。実際に、ナイキ、シェル、マクドナルドに対するブランド攻撃は企業の方針を変更させるに至った。このような戦略を通じて、世界的に結びつきを強めながら、多国籍企業の権力を規制し、弱める国際的な市民運動が成長しつつあるものと論じられている。ブランドなんか、いらない フレッシュアイペディアより)

795件中 91 - 100件表示

「米マクドナルド」のニューストピックワード