334件中 91 - 100件表示
  • マクドナルド

    マクドナルドから見たマックフライポテト

    日本では2003年、昼のピーク時間帯(12:00〜13:00)において商品の受注から、注文の多少に関わらずレジ入力後1分以内に提供する「チャレンジ!60秒サービスキャンペーン」が展開された。時間内に提供できなければ、ポテトかコーラの引換券を添付した。商品の注文点数にかかわらず時間は1分間一律だったため、セットメニューなどを注文すると1分以内に用意できない事例も発生した。一部の店舗ではレジ入力途中で厨房に注文内容を伝え用意できてからレジ入力を終了することで実質1分を超えたとしても1分以内とした。全般的に店員の応対時間短縮の成果が出たり、客と店員のコミュニケーションが生まれるなどの相乗効果で概ね好評価を得た。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たファーストフード

    ハンバーガーを主力商品として、世界規模で展開するファーストフードチェーン店である。年間15億食に及び、世界の店舗総数は3万5429店(2013年末時点)。店舗数の分類別順位において、ファーストフードを含む外食産業で世界第2位、チェーンストアではコンビニエンスストア最大手のセブン-イレブンに次ぐ世界第2位である。アメリカ合衆国本国では、「マクドナルドコーポレーション」が運営している。アメリカでは2000年代後半において、ドライブスルー店舗が売上の65%を占めるほど自動車で購入する者が重要な顧客層となっており、低価格を武器に展開している部分もあるためそれを好む者や低所得者も重要な顧客層となっているが、それ以外にもスターバックスを好むような層で構成された上流の市場を狙い、それに見合った内容を提供する展開も行っている。日本では1990年代から2000年代前半まで価格破壊・低価格路線を主軸に展開していたが行き詰ったため方針転換し、価格重視の商品、キャンペーン商品、味重視の商品、ボリューム重視の商品、高価格帯の商品など、「価格帯の拡大」と「商品バリエーションの拡大」を行ってメイン顧客層である家族連れ・子供や、その周辺ターゲットを囲うことで顧客層の幅を広げるなど幅広い客層を取り込む戦略に転換し、2000年代後半以降好調を維持している。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た中華人民共和国

    もともと広東語の当て字「」(繁体字。発音はマクドンロウ、?拼:Mak6 dong1 lou4)が中華人民共和国でもそのまま用いられ、中国語で「」(簡体字)と書いてマイダンラオ()と読む。シンガポールでも、この表示(簡体字)が使われている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た大韓民国

    大韓民国では、 のハングル表記である「」(メクドナルドゥ)と韓国語で発音されている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たタイ王国

    タイ王国では、タイ語で「??????????」(メークドーナン)と呼ぶ。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たインド

    地域によっては宗教上の観点から特定あるいは一切の肉類を食せない顧客向けに、鶏肉を使った「チキンマハラジャマック(Chicken Maharaja Mac)」「チキンマックカレーパン(Chicken McCurry Pan)」(インド、後述)、肉を一切使わないベジタリアン用のメニュー(Veg menu、後述)、ホキという深海魚やスケトウダラを使った「フィレオフィッシュ(FishMac)」(各国)など、食のタブーに配慮したメニューが用意されている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た日本語

    日本では販売戦略上の理由、および日本語話者には発音しづらい事から藤田田によって「ドナルド・マクドナルド」と名付けられており、ドナルドのウワサや、ドナルドマジックなど、ドナルドが出演するCMが放送されている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たイギリス

    マクドナルドのビッグマックの価格は、ビッグマック指数と呼ばれ、通貨間の購買力平均価格の比較手段として使われた。この指標の考案者はイギリスの経済雑誌『エコノミスト』誌(The Economist)である。マクドナルドの標準化は、同時に生活様式や経済活動のグローバリゼーションを意味した。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たフランチャイズ

    1954年に、ミルクシェイク用ミキサーのセールスマンで、ボヘミアユダヤ系の企業家のレイ・クロック(Ray Kroc)が、ミキサーを売りに兄弟の店にやってきたとき、マクドナルドの仕組みについて興味を持った。特に興味を持ったのは客席の回転率が大変高く、相当数の人数の客を次々とさばけることだった。すっかり感心したクロックは、ミキサーのメンテナンスで食堂にやってきたとき、システムをフランチャイズ形式にして、システムそのものを売る商売を始めてはどうかと勧めた。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た

    マクドナルドのハンバーグや(ポテト)はセントラルキッチンと称する集中調理工場施設より成型済みで搬入され、厨房では焼いたり揚げたりするだけで細かい調理の必要がない。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

334件中 91 - 100件表示

「米マクドナルド」のニューストピックワード