334件中 31 - 40件表示
  • マクドナルド

    マクドナルドから見たディズニーランド

    クロックはマクドナルドを売り込むために熱心に働き、近々できるディズニーランドの中にマクドナルドの食堂を入れるよう、ウォルト・ディズニーにも直接会って積極的に売り込んだ。この試みは失敗したが、クロックは、イリノイ州デスプレーンズに最初のフランチャイズ店を出店し、即大成功となる。さらに1955年3月2日、新しい会社"McDonald's Systems Inc."(マクドナルドシステム会社)を作り、同年4月15日にクロックが直営店1号店をシカゴにオープンさせた。1960年には、社名をマクドナルドコーポレーション("McDonald's Corporation")に変更した。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たイラク戦争

    反米デモ活動では、真っ先にマクドナルドの店舗が襲撃される(これはケンタッキーフライドチキンやザ コカ・コーラ カンパニーも同様である)。特に湾岸戦争やイラク戦争などでアメリカが他国に侵攻する期間、中東の店舗は放火されたり破壊されたりした。またイギリスでは、批判的な活動家がロンドンにある店舗を爆破し、逮捕された。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たピザ

    現在は、ハンバーガーチェーンだけではなくアロマカフェ(Aroma Cafe)、ボストン市場(Boston Market)、Chipotle Mexican Grill、ドナトスピザ(Donatos Pizza)、Pret A Manger などのチェーン店も展開している。2001年の年間売り上げは148億7000万米ドル、純利益16億4000万ドルだった。名称であるMcDonald'sの「Mc(マク)」は、古ケルト語で息子という意味である。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たロンドン

    更にイラク戦争以降、ロンドン、パリ、チューリッヒなどの店舗前で、反米デモが激しく行われており、メキシコシティでは「ハンバーガー1つがアメリカ軍の銃弾1発」という言葉が生まれた。また、大韓民国環境団体の会員らがマクドナルドの大型看板に登って「M」字の下に「」と書かれた垂れ幕をかけて「(狂った戦争)」と叫ぶデモ活動をした。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た工場

    最初のマクドナルドはアメリカ合衆国・カリフォルニア州サンバーナーディノでマクドナルド兄弟が1940年に始めたものである。「スピード・サービス・システム」のキャッチフレーズと、工場式のハンバーガー製造方法、そしてセルフサービスの仕組みにより、第二次世界大戦後の1948年以降、特に有名になった。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たりんご

    オランダでは独自のハンバーガーのクロケットバーガーやサテバーガー(サテはピーナッツソース)があり、ポテトはマヨネーズつきで、スイーツはオランダのりんごケーキ、アペルタルトと、オランダの有名コーヒー会社のアラビカ100%のこだわりコーヒーであり、オランダの食文化と旧植民地のインドネシアの食文化が融合していて水準は日本と比べ物にならない。普通にシーザーサラダも注文できるが値段は近辺のレストランと同じくらいかそれ以上になる可能性がある。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た

    スラング(俗語)では、「のアーチ」を意味する「」(ザ・ゴールドゥン・アーチズ)や、「」(ミッキー・ディーズ)と呼ばれる。「」という呼称は、看板の M のようにも見える、黄色い2つのアーチに起因する。オーストラリアのスラングでは「 とも)」(マッカズ)、イギリスのスラングでは「」(マッキー・ディーズ)と呼ばれる。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たミシュランガイド

    マクドナルドは、メニューに食材の生産地や食物アレルギー対応を細かく明記している。またシェフでイギリス人としては初めて、かつ歴代最年少でミシュランガイド三ツ星を獲得したマルコ・ピエール・ホワイトは「商品には一貫性があり、価格に対してその品質は優れている。アイルランド産など徹底した品質管理を行なっているにも関わらず、この事実はあまり知られていない。」と意見している。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たピクトグラム

    マクドナルドランドを舞台に、ロナルド(日本名:ドナルド・マクドナルド)、グリマス、バーディ、ハンバーグラー、フライガイという子供をターゲットにしたマスコットキャラクターがいる。中心となるキャラクターはドナルドである。これらはハッピーセットという子供向けセットに添付される玩具になったりCMに登場したり、過去にはファミコンやメガドライブのゲームソフトとして発売されたこともあった。これらのキャラクターの利用は全世界共通であり、多くの国では店舗前に人形が置かれている。また、「ゴミはゴミ箱へ」と啓発するロナルドを象ったピクトグラムが包装や容器、カップに描かれている。多国の言語を話すことができる設定となっており、日本語(但し、方言は使わない)、オランダ語、タガログ語、ヒンディー語など31ヵ国語がその対象である。また、「ロナルド・マクドナルド」の呼称は国により若干異なる場合がある。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た選手村

    また選手村の食堂にも進出し、「世界のどこであろうと同じ物を食べられるのが長所」と称している。札幌オリンピックでは、女子スケートのジャネット・リンがホームシックになり「それならアメリカの味を」と、飛行機でハンバーガーを届けている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

334件中 31 - 40件表示

「米マクドナルド」のニューストピックワード