204件中 51 - 60件表示
  • マクドナルド

    マクドナルドから見たトランス脂肪酸

    マクドナルドは2002年9月、心臓病疾患の原因になると指摘された「トランス脂肪酸」を減らすため、調理油(ショートニング)を2003年2月までに新しいタイプに替えると発表した。トランス脂肪酸はフライドポテトなど揚げ物に使う油(ショートニング)に多く含まれ、それを健康に配慮した新タイプの調理油に切り替えると発表しながら実施が遅れたことを同社が適切に公表しなかった事に対して訴訟が起こり、和解金など計約850万ドル(約9億円)を支払うと2005年2月に発表した。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たホワイト・キャッスル (ファーストフード)

    アメリカの食堂専門雑誌による2002年調査によると、マクドナルドの順位は「バーガーキング」と「ホワイト・キャッスル」より下で、ハンバーガーの食品品質は第15位だった。市場調査会社によればマクドナルドのシェアはここ5年で3%低下し、現在、15.2%である。健康的なイメージで売るサンドイッチチェーンの「サブウェイ」が全米で第1位のシェアを持っている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たH&M

    また、2008年から2009年に行われたイスラエルのガザ紛争では、インドやマレーシアのムスリムグループによりマクドナルドを含んだ「イスラエル支援企業」に対して不買運動が呼びかけられ、マレーシアのマハティール首相も国内のマクドナルドの社員に辞職を呼びかけた。またフランスのパリでは抗議者がマクドナルド店舗の窓を破壊した。この事件でも見られるように「イスラエル支援企業」として、コカ・コーラやスターバックス、H&Mなどもマクドナルドと同時に批判される場合が多い。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たジェイ・キャスト

    この変更についてネットメディアのJ-CASTニュースは「ネット上で物議を醸している」として報じており、「レジに立たずともメニューを吟味できる」という肯定的な意見の一方で、「セット商品を買わせるため」、「話すのが苦手な人や耳や目が悪いお年寄りや障害者にとって不便になる」との否定的な意見があるとしている。なお、同メディアでは社長のコメントとして「レジが30秒短縮されれば、売り上げが5%伸びる」をあわせて採りあげている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たセブン-イレブン

    ハンバーガーを主力商品として、世界規模で展開するファーストフードチェーンである。年間15億食に及び、世界の店舗総数は3万2737店(2010年末時点)。店舗数の分類別順位において、ファーストフードを含む外食産業で世界第2位、チェーンストアではコンビニエンスストア最大手のセブン-イレブンに次ぐ世界第2位である。アメリカ合衆国本国では、「マクドナルドコーポレーション」が運営している。アメリカでは2000年代後半において、ドライブスルー店舗が売上の65%を占めるほど自動車で購入する者が重要な顧客層となっており、低価格を武器に展開している部分もあるためそれを好む者や低所得者も重要な顧客層となっているが、それ以外にもスターバックスを好むような層で構成された上流の市場を狙い、それに見合った内容を提供する展開も行っている。日本では1990年代から2000年代前半まで価格破壊・低価格路線を主軸に展開していたが行き詰ったため方針転換し、価格重視の商品、キャンペーン商品、味重視の商品、ボリューム重視の商品、高価格帯の商品など、「価格帯の拡大」と「商品バリエーションの拡大」を行ってメイン顧客層である家族連れ・子供や、その周辺ターゲットを囲うことで顧客層の幅を広げるなど幅広い客層を取り込む戦略に転換し、2000年代後半以降好調を維持している。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たイギリス

    マクドナルドのビッグマックの価格は、ビッグマック指数と呼ばれ、通貨間の購買力平均価格の比較手段として使われた。この指標の考案者はイギリスの経済雑誌『エコノミスト』誌(The Economist)である。マクドナルドの標準化は、同時に生活様式や経済活動のグローバリゼーションを意味した。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たハンバーガー

    ハンバーガーを主力商品として、世界規模で展開するファーストフードチェーンである。年間15億食に及び、世界の店舗総数は3万2737店(2010年末時点)。店舗数の分類別順位において、ファーストフードを含む外食産業で世界第2位、チェーンストアではコンビニエンスストア最大手のセブン-イレブンに次ぐ世界第2位である。アメリカ合衆国本国では、「マクドナルドコーポレーション」が運営している。アメリカでは2000年代後半において、ドライブスルー店舗が売上の65%を占めるほど自動車で購入する者が重要な顧客層となっており、低価格を武器に展開している部分もあるためそれを好む者や低所得者も重要な顧客層となっているが、それ以外にもスターバックスを好むような層で構成された上流の市場を狙い、それに見合った内容を提供する展開も行っている。日本では1990年代から2000年代前半まで価格破壊・低価格路線を主軸に展開していたが行き詰ったため方針転換し、価格重視の商品、キャンペーン商品、味重視の商品、ボリューム重視の商品、高価格帯の商品など、「価格帯の拡大」と「商品バリエーションの拡大」を行ってメイン顧客層である家族連れ・子供や、その周辺ターゲットを囲うことで顧客層の幅を広げるなど幅広い客層を取り込む戦略に転換し、2000年代後半以降好調を維持している。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たインド

    地域によっては宗教上の観点から特定あるいは一切の肉類を食せない顧客向けに、鶏肉を使った「チキンマハラジャマック(Chicken Maharaja Mac)」「チキンマックカレーパン(Chicken McCurry Pan)」(インド、後述)、肉を一切使わないベジタリアン用のメニュー(Veg menu、後述)、ホキという深海魚やスケトウダラを使った「フィレオフィッシュ(FishMac)」(各国)、などが用意されている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たフランス

    フランスではマクド(MacDoもしくはMcDo)と略される。また、カナダ ケベック州ではメクド(MecDo)と発音される。フランス語では「マック」は女衒や淫売を意味する単語であるためマックの略称が用いられることはない。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たアメリカ合衆国

    マクドナルド(、NYSE:MCD)はアメリカ合衆国に本社を置くファーストフードチェーン店。またはその登録商標である。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

204件中 51 - 60件表示

「米マクドナルド」のニューストピックワード

  • 店にはよく行くけれど、Wi−Fiを使ったことはない

  • 若い頃の小笠原さん(現2軍監督)のバット。

  • ミズノ ブランド アンバサダーズ ミーティング