204件中 71 - 80件表示
  • マクドナルド

    マクドナルドから見た日本語

    日本では販売戦略上の理由、および日本語話者には発音しづらい事から「ドナルド・マクドナルド」と呼ばれており、ドナルドのウワサや、ドナルドマジックなど、ドナルドが出演するCMが放送されている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たジャンクフード

    台湾では「」(マイダンラオ)と呼ばれている。台湾の人々は、ファーストフードのような食べ物について、カロリーの高さなどが原因で不健康なイメージを持っていることから、「」(ゴミのような食べ物、ジャンクフードの意)という言い方もある。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たサンドイッチ

    アメリカの食堂専門雑誌による2002年調査によると、マクドナルドの順位は「バーガーキング」と「ホワイト・キャッスル」より下で、ハンバーガーの食品品質は第15位だった。市場調査会社によればマクドナルドのシェアはここ5年で3%低下し、現在、15.2%である。健康的なイメージで売るサンドイッチチェーンの「サブウェイ」が全米で第1位のシェアを持っている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たセントラルキッチン

    マクドナルドのハンバーグや芋はセントラルキッチンと称する集中調理工場施設より成型済みで搬入され、厨房では焼いたり揚げたりするだけで細かい調理の必要がない。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たフランチャイズ

    1954年、ミルクシェイク用ミキサーのセールスマンで企業家のレイ・クロック (Ray Kroc) が、ミキサーを売りに兄弟の店にやってきたとき、マクドナルドの仕組みについて興味を持った。特に興味を持ったのは客席の回転率が大変高く、相当数の人数の客を次々とさばけることだった。すっかり感心したクロックは、ミキサーのメンテナンスで食堂にやってきたとき、システムをフランチャイズ形式にして、システムそのものを売る商売を始めてはどうかと勧めた。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た心臓病

    マクドナルドは2002年9月、心臓病疾患の原因になると指摘された「トランス脂肪酸」を減らすため、調理油(ショートニング)を2003年2月までに新しいタイプに替えると発表した。トランス脂肪酸はフライドポテトなど揚げ物に使う油(ショートニング)に多く含まれ、それを健康に配慮した新タイプの調理油に切り替えると発表しながら実施が遅れたことを同社が適切に公表しなかった事に対して訴訟が起こり、和解金など計約850万ドル(約9億円)を支払うと2005年2月に発表した。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たアメリカニゼーション

    マクドナルドはその事業規模と影響力の大きさから、しばしばアメリカの大量消費文化やアメリカ資本による経済支配(アメリカニゼーション)の象徴と考えられ、各国の民族主義派・保守派や、農業団体、環境保護活動家、反グローバリズム運動家の攻撃目標になるケースが少なくない。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た訴訟

    マクドナルドは2002年9月、心臓病疾患の原因になると指摘された「トランス脂肪酸」を減らすため、調理油(ショートニング)を2003年2月までに新しいタイプに替えると発表した。トランス脂肪酸はフライドポテトなど揚げ物に使う油(ショートニング)に多く含まれ、それを健康に配慮した新タイプの調理油に切り替えると発表しながら実施が遅れたことを同社が適切に公表しなかった事に対して訴訟が起こり、和解金など計約850万ドル(約9億円)を支払うと2005年2月に発表した。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見たシンガポール

    もともと広東語の当て字「」(繁体字、発音はマクドンノウ)が中華人民共和国でもそのまま用いられ、「」(簡体字)と書いてマイダンラオと読む。シンガポールでも、この表示(簡体字)が使われている。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • マクドナルド

    マクドナルドから見た

    朝マックをイメージしたのキャラクター。マクドナルド フレッシュアイペディアより)

204件中 71 - 80件表示

「米マクドナルド」のニューストピックワード