前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
109件中 1 - 10件表示
  • サブプライム住宅ローン危機

    サブプライム住宅ローン危機から見たメリルリンチメリルリンチ

    2008年を通じ、米国の投資銀行最大手のうち 3行が破産するか(リーマン・ブラザーズ)または他の銀行に捨値で売られた(ベアー・スターンズとメリルリンチ)。これらの破綻は世界的金融システムの不安定さを増した。残る 2つの投資銀行であるモルガン・スタンレーとゴールドマン・サックスは商業銀行に転換する道を選び、自らをより厳格な規制下に置くことにした。サブプライム住宅ローン危機 フレッシュアイペディアより)

  • リーマン・ブラザーズ

    リーマン・ブラザーズから見たメリルリンチメリルリンチ

    新拠点は、同社にとって理想的な環境であり、モルガン・スタンレー側も売却先を積極的に求めていた。また、2002年5月の世界金融センター再開まで待っていられなかったということもある。世界金融センターに残った企業としては、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、メリルリンチなどがある。リーマン・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ブラックロック

    ブラックロックから見たメリルリンチメリルリンチ

    主要株主の支配率は2007年時点で、メリルリンチ(バンク・オブ・アメリカの子会社)が34.1%、PNC(第二合衆国銀行の後身)が24.6%、バークレイズが19.9%である。数値は2011年スイス連邦工科大学が行った調査により明らかとなった。そこではオービス(Orbis)というデータバンクが保有する2007年のデータが利用された。大手多国籍企業43000社を調査の対象とし、うちブラックロックをふくむ1318社が全対象企業の80%を支配していることが判明した。総体として株式の持ち合いが行われているという。スチュワードシップ・コードの実効性に大きな疑問を投げかける結果となった。ブラックロック フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の労働界

    2008年の労働界から見たメリルリンチメリルリンチ

    9月15日 - サブプライムローン問題に伴う経営危機により、アメリカの証券会社4位のリーマン・ブラザーズが経営破綻。同日、米銀行2位のバンク・オブ・アメリカ、サブプライムローン問題により危機に陥っていた米証券会社3位のメリルリンチの買収を発表。これらを契機として、アメリカ発の金融危機は全世界に波及し、世界の景気や雇用に深刻な影響を与える 。2008年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ

    バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチから見たメリルリンチメリルリンチ

    バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ (Bank of America Merrill Lynch) は、バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションのグローバル・バンキング業務およびグローバル・マーケット業務のためのマーケティング上の名称。業務は、M&A、株式や債権資本市場、融資、株式売買、リスクマネジメント、、流動性および支払いの管理など多岐にわたる。2009年1月にバンク・オブ・アメリカがメリルリンチを買収したのを受けて、両者の企業向け業務と投資銀行業務を統合して設立された。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・キー

    ジョン・キーから見たメリルリンチメリルリンチ

    サー・ジョン・フィリップ・キー(Sir John Philip Key、NZM、1961年8月9日 - )は、ニュージーランドの元政治家。第11代ニュージーランド国民党党首。第38代ニュージーランド首相。元メリルリンチ外国為替部長。ジョン・キー フレッシュアイペディアより)

  • 網屋信介

    網屋信介から見たメリルリンチメリルリンチ

    1993年、鹿屋市長選挙に無所属で出馬したが、元鹿屋市助役の浅井隼人に敗れ、落選。1994年、メリルリンチ証券(現メリルリンチ日本証券)に入社し、金融法人本部長、投資銀行本部長を経て、取締役副会長・投資銀行部門会長に就任。2006年5月からニッシン(現NISグループ)特別顧問を務め、代表取締役社長や取締役副会長・執行役員を歴任。米国ファンドTPGからの出資決定後、退職。網屋信介 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグバン (金融市場)

    ビッグバン (金融市場)から見たメリルリンチメリルリンチ

    1985年まで、ロンドン市場には400もの外国銀行が参加していた。海外金融機関の方は次の通り。セキュリティー・パシフィック(Security Pacific Bank)がブローカーのホア・ゴベットとジョバーのC.T.ピュレイを、シティコープがブローカーのヴィッカース・ダコタと Scrimgeour Vickers と、ブローカーのJ.E.デヴィを、スカンディア(Skandia)がブローカーのキルター・グッディソンを、シェアソン・リーマンがブローカーの L. Messel & Co.を、オーストラリア・ニュージーランド銀行子会社グリンドレイ・バンクがブローカーのケーペル・キュアマイヤースを、香港上海銀行がブローカーのジャームス・ケーペルを、UBSがブローカーのPhillips & DrewとジョバーのJ.モウルスダールを、チェース・マンハッタンがともにブローカーのラウリー・ミルバンクとサイモン・アンド・コーラスを、バンカメの核(North Carolina National Bank)がブローカーのパンミュア・ゴードンを、バンク・ブリュッセル・ランバートがブローカーのウィリアム・ド・ブロー・ヒル・チャップリンを、クレディ・スイスがブローカーのブックマスター・アンド・ムーアを、アラブ・インターナショナル(Banque arabe internationale d'investissement)がブローカーのシェパード・アンド・チェースを、CIBCがグレンフェル・アンド・コールスグレイブを、メリルリンチがジョバーのA.B.ギルス・アンド・クレスウェルを、パリバがブローカーのキルター・グッディソンを、ソシエテ・ジェネラルがストラウス・ターンブルを、ロンバー・オディエがブローカーのマーシャルを、それぞれ買収するという計画を発表した。ビッグバン (金融市場) フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見たメリルリンチメリルリンチ

    10月 - メリルリンチのオニールCEOが引責辞任。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

  • リーマン・ショック

    リーマン・ショックから見たメリルリンチメリルリンチ

    リーマン・ブラザーズは破綻の前日までアメリカ合衆国財務省や連邦準備制度理事会(FRB)の仲介の下でHSBCホールディングスなど複数の金融機関と売却の交渉を行っていた。日本のメガバンク数行も参加したが、後の報道であまりに巨額で不透明な損失が見込まれるため見送ったと言われている。最終的に残ったのはバンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ、バークレイズであったが、アメリカ政府が公的資金の注入を拒否していたことから交渉不調に終わった。リーマン・ショック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
109件中 1 - 10件表示

「米メリルリンチ」のニューストピックワード