前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示
  • リーマン・ブラザーズ

    リーマン・ブラザーズから見たメリルリンチメリルリンチ

    その後数ヶ月をかけて、拠点をニューヨークに復帰させるも、未だ臨時であり、40以上の別々の建物に分かれて業務を行っていた。特に、投資銀行部門はシェラトン・マンハッタン・ホテルに入居し、1階のラウンジ、レストランから665の全客室までを改造して利用していた。フレックスタイム制の導入やVPNの活用など、新しい試みも見られた。10月にはマンハッタンのミッドタウン(745 Seventh Avenue, New York)にある竣工間も無い32階建てのビルを、ライバルのモルガン・スタンレーから7億ドルで買収。モルガン・スタンレーは2ブロック離れたブロードウェイに移転した。リーマン・ブラザーズが以前の世界金融センターやロウアー・マンハッタンに戻らなかったことには批判もあったが、リーマン・ブラザーズ自身はニューヨークに拠点を残すことに腐心していた。新拠点は同社にとって理想的な環境であり、モルガン・スタンレー側も売却先を積極的に求めていた。また、2002年5月の世界金融センター再開まで待っていられなかったということもある。世界金融センターに残った企業としては、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、メリルリンチなどがある。リーマン・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • サブプライム住宅ローン危機

    サブプライム住宅ローン危機から見たメリルリンチメリルリンチ

    2008年を通じ、米国の投資銀行最大手のうち 3行が破産するか(リーマン・ブラザーズ)または他の銀行に捨値で売られた(ベアー・スターンズとメリルリンチ)。これらの破綻は世界的金融システムの不安定さを増した。残る 2つの投資銀行であるモルガン・スタンレーとゴールドマン・サックスは商業銀行に転換する道を選び、自らをより厳格な規制下に置くことにした。サブプライム住宅ローン危機 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の労働界

    2008年の労働界から見たメリルリンチメリルリンチ

    9月15日 - サブプライムローン問題に伴う経営危機により、アメリカの証券会社4位のリーマン・ブラザーズが経営破綻。同日、米銀行2位のバンク・オブ・アメリカ、サブプライムローン問題により危機に陥っていた米証券会社3位のメリルリンチの買収を発表。これらを契機として、アメリカ発の金融危機は全世界に波及し、世界の景気や雇用に深刻な影響を与える 。2008年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見たメリルリンチメリルリンチ

    10月 - メリルリンチのオニールCEOが引責辞任。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

  • 岩國哲人

    岩國哲人から見たメリル・リンチメリルリンチ

    衆議院議員(4期)、島根県出雲市長(1期)、民主党副代表、メリル・リンチニューヨーク本社上席副社長を歴任。米国・バージニア大学経営大学院客員教授。中国・南開大学周恩来政府管理学院客員教授。中国・国立 山西大学外事処(国際交流部)客員教授。韓国・東西大学校経営学部碩座教授。岩國哲人 フレッシュアイペディアより)

  • リーマン・ショック

    リーマン・ショックから見たメリルリンチメリルリンチ

    アメリカ合衆国財務省や連邦準備制度理事会(FRB)の仲介の下でHSBCホールディングスなど複数の金融機関と売却の交渉を行っていた。日本のメガバンク数行も参加したが、後の報道であまりに巨額で不透明な損失が見込まれるため見送ったと言われている。最終的に残ったのはバンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ、バークレイズであったが、アメリカ政府が公的資金の注入を拒否していたことから交渉不調に終わった。しかし交渉以前に、損失拡大に苦しむメリルリンチはバンク・オブ・アメリカへの買収打診が内々に決定され、バークレイズも巨額の損失を抱え、すでにリーマン・ブラザーズを買収する余力などどこも存在していなかった。リーマン・ショックの経緯についてはアンドリュー・ロス・ソーキン著の「リーマン・ショック・コンフィデンシャル」に詳細に説明されいる。リーマン・ショック フレッシュアイペディアより)

  • ブラックロック

    ブラックロックから見たメリルリンチメリルリンチ

    2006年10月 メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズと経営統合。これによりメリルリンチが5割弱を出資する筆頭株主となる。ブラックロック フレッシュアイペディアより)

  • ストラテジック・バリュー・パートナーズ

    ストラテジック・バリュー・パートナーズから見たメリルリンチメリルリンチ

    ストラテジック・バリュー・パートナーズ(Strategic Value Partners LLC)は2001年に創設されたアメリカの投資ファンドである。通常省略して、SVPと呼ばれている。創設者はビクター・コスラ。メリルリンチの自己勘定投資グループを率いていた経験を持つ。現在コネチカット州グリニッジ、ロンドン、フランクフルト、ルクセンブルク、東京、香港、デリーの7カ所にオフィスを持ち、総勢200名の職員が勤務している。ヘッジファンドとプライベートエクイティファンドを運用し、グローバルに企業や不動産を含む実物資産へと投資を行う。ストラテジック・バリュー・パートナーズ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・リンチ

    メリル・リンチから見たメリルリンチメリルリンチ

    メリル・リンチ フレッシュアイペディアより)

  • 優先出資証券

    優先出資証券から見たメリルリンチメリルリンチ

    1999年・2001年にメリルリンチおよびNECがそれぞれ発行した優先出資証券は東証に上場し、個人投資家も対象にしたものであるが、いずれも2004年に償還されており、2008年現在で海外発行の優先出資証券で日本国内において上場されているものは存在しない。一方米国においては資本調達手段の一つとして定着しつつあり、市場が大きく発達している。優先出資証券 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示

「米メリルリンチ」のニューストピックワード